449件中 11 - 20件表示
  • メキシコ

    メキシコから見たマツダ

    メキシコ市への進出は減っているが、日系企業が増えているのはアグアスカリエンテスを中心としたメキシコ中央高原都市である。日系の自動車3社(日産第二工場、本田、マツダ)が進出を決めた他、200社以上が自動車部品工場や大規模倉庫などを建設中である。日本からの投資の90%近くがこの地域に集中してきており一大進出ラッシュとなっている。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見たアルフォンソ・レイエス

    メキシコの作家としては、フアン・ルルフォ、アマード・ネルボ、カルロス・フエンテス、ホセ・エミリオ・パチェコ、オクタビオ・パス、アルフォンソ・レイエスなどが挙げられる。オクタビオ・パスは1990年にノーベル文学賞を受賞した。アルフォンソ・レイエスはアルゼンチンのホルヘ・ルイス・ボルヘスに大きな影響を与えた作家としても知られる。革命以降のインディヘニスモ小説としては、ロサリオ・カスティリャーノスの『バルン・カナン』などが挙げられる。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見たカルロス・スリム・ヘル

    危機脱出後はメキシコに再び資金が戻ってきたが、新規投資の資金ではなく、カルロス・スリム・ヘルのようなメキシコ人富裕層がアメリカに流出させたマネーであった。このマネーが民営化された国営企業や銀行の購入資金となった。売却された国営企業の資産価値は売却額よりもはるかに高かったため、メキシコ債務危機が終わって見ると、一部の富裕層がさらに裕福となり、大半の国民がより貧乏になるという結果をもたらした。ここで大もうけした人達が、メキシコの経済改革を徹底的に行い、再び、アメリカや日本などの外国から資金を集めることに成功し、再びメキシコの対外債務は増加していった。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見た国本伊代

    国本伊代「王宮の都市メキシコ市の五〇〇年」『ラテンアメリカ都市と社会』 国本伊代、乗浩子編、新評論、1991年9月。ISBN 4-7948-0105-X。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見たアグスティン・デ・イトゥルビデ

    メキシコのクリオーリョはペルーのクリオーリョと同様に先住民大衆の反乱を恐れたため、独立運動には消極的であり、イダルゴも、反乱を継いだメスティーソのホセ・マリア・モレーロス神父もアグスティン・デ・イトゥルビデ率いる王党派軍に敗れたが、モレーロスの乱が鎮圧された後の1820年頃には南部のシモン・ボリーバルとホセ・デ・サン=マルティンらに率いられた解放軍が各地を解放し、インディアスに残る植民地は島嶼部とブラジルを除けばペルー、中米、メキシコのみとなっていた。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見た油田

    1929年には国内の様々な革命勢力を一つにまとめ国民革命党(PNR)が結成され、71年間の事実上の一党独裁体制が樹立。1934年に成立したラサロ・カルデナス政権は油田国有化事業や土地改革を行い、国内の経済構造は安定した。その後与党の制度的革命党(PRI)が第二次世界大戦を挟み、一党独裁の下に国家の開発を進めた。PRIは国内では一党独裁を進め、アメリカ合衆国や西側の資本により経済を拡大したが、その一方で外交面ではキューバなどのラテンアメリカ内の左翼政権との結びつきも強く、政策が矛盾した体制ながらも冷戦が終結した20世紀の終わりまで与党として政治を支配した。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見たビール

    カリブ海沿岸地域を中心にして油田が多く、第二次世界大戦頃より国営石油会社のペメックスを中心とした石油が大きな外貨獲得源になっている。光物では銀やオパールの産地としても中世から世界的に有名である。電線に使える銅はグルポ・メヒコが採掘している。他にも水産業や観光業、製塩やビールなどが大きな外貨獲得源になっている。また、20世紀前半より工業化が進んでおり、自動車や製鉄、家電製品の生産などが盛んである。主な貿易相手国はアメリカ、カナダ、日本、スペインなど。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見たFIFAワールドカップ

    メキシコシティオリンピックが1968年に開催されている。また1970年と1986年にFIFAワールドカップが開催されている。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見たトウモロコシ

    2008年1月から北米自由貿易協定のもとで全農作物が完全輸入自由化、つまり、最後まで残っていたトウモロコシなど農作物の関税がすべて撤廃された。これに対する農民等の抗議デモが2008年1月30日にメキシコシティ中心部の憲法広場で13万人が参加して行われた。デモの要求は、「NAFTAの農業条項について米、カナダと再交渉すべきだ」を掲げている。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見たベヌスティアーノ・カランサ

    1907年恐慌の影響がメキシコに及び始め労働争議が頻発する中で1910年の大統領選が行なわれ、ポルフィリオ・ディアスが対立候補フランシスコ・マデロを逮捕監禁したことがきっかけになって、メキシコ革命が始まった。パンチョ・ビリャ、エミリアーノ・サパタ、ベヌスティアーノ・カランサ、アルバロ・オブレゴンらの率いた革命軍は、路線の違いもありながらも最終的に政府軍を敗北させ、1917年にが発布されたことで革命は終息した。革命は終わったものの指導者間の路線の対立からしばらく政情不安定な状態が続いた。メキシコ フレッシュアイペディアより)

449件中 11 - 20件表示

「メキシコ」のニューストピックワード