449件中 31 - 40件表示
  • メキシコ

    メキシコから見たドン・ロドリゴ

    江戸時代の初めの1609年(慶長14年)、フィリピン総督ドン・ロドリゴの一行がマニラからの帰途に、大暴風の為房総の御宿海岸に座礁難破した。地元の漁民達に助けられ、時の大多喜藩主本多忠朝がこれら一行を歓待し、徳川家康が用意した帆船でメキシコへ送還したことから、日本とメキシコとの交流が始まった。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見た後藤洋央紀

    日本にも熱狂的なファンが多く、日本からの観戦ツアーが多数企画されるのみならず、ザ・グレート・サスケやタイガーマスク、百田光雄や後藤洋央紀など日本のレスラーが空中戦をはじめとする様々な技術を学ぶために留学・遠征するケースも多数見られる。また、日本の全日本プロレスやアメリカのWWEなどの団体に多くの選手を送り込んでいる。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見たミル・マスカラス

    ルチャリブレはメキシコを代表するスポーツの1つで、派手なマスクと華麗な空中戦が見もののメキシカン・プロレスであり、メキシコの象徴的である。古くはミル・マスカラスからチャボ・ゲレロ・ジュニアまで多くの世界的に有名な選手を生んでいる。メキシコ連邦区ボクシング・レスリング協会(CBLL)及びルチャリブレ選手組合によりプロレスラーライセンスを発行しており、ナショナル王座も存在する。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見たフランシスコ・フランコ

    スペインからの独立以降も元の宗主国であるスペインとの関係は、文化や経済面を中心に非常に強い。しかし、1975年9月にカレロ・ブランコ前首相の暗殺に関わったとされる活動家5人がフランシスコ・フランコ政権によって処刑された際に、抗議して一時国交を断絶したことがある。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見たルーベン・オリバレス

    メキシコにおいてボクシングもまた人気の高いスポーツのひとつ。世界最大の団体であるWBCの本部が置かれており、3階級制覇を達成したフリオ・セサール・チャベスを筆頭にアメリカで活躍するマルケス兄弟、イスラエル・バスケス、日本でもなじみの深いルーベン・オリバレスやリカルド・ロペスら世界王者も数多く輩出している。チャベスがエスタディオ・アステカにグレグ・ホーゲンを迎えたWBC世界ジュニアウェルター級タイトルマッチは世界最多の有料入場者となる13万人を動員した。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見たドス・カラス・ジュニア

    メキシコシティ市内にある競技場、アレナ・メヒコとアレナ・コリセオは、「ルチャ・リブレの2大聖地」と言われ、メキシコ最大のルチャ団体・トリプレ・アの看板スター、ドス・カラス・ジュニアやエル・イホ・デル・サントが繰り広げる華麗な空中戦を見るために世界中から観客がやってくる。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見たクリストファー・コロンブス

    1492年のクリストファー・コロンブスのアメリカ大陸到達後、16世紀初頭の1519年にスペイン人エルナン・コルテスがメキシコに上陸した。コルテスら征服者達は、アステカの内紛や、神話の伝承を有利に利用して執拗な大虐殺を繰り返し行った末に、テノチティトランを破壊し、1521年に皇帝クアウテモックを惨殺してアステカ帝国を滅ぼした。そののちスペイン人達は、この地にヌエバ・エスパーニャ(新スペイン)副王領を創設。ペルー副王領と並ぶインディアス植民地の中心として、破壊されたテノチティトランの上にメキシコシティが築かれた。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見たベニート・フアレス

    インディオ出身のベニート・フアレス大統領はアメリカの支援を得て、フランス軍に対して対抗し1866年に主権を取り戻すものの、このことは後々までアメリカ合衆国の影響力が高まるきっかけとなった。フアレスは自由主義者としてレフォルマ(改革)を推進するも、1872年に心臓発作で死去した。フアレスの後を継いだ大統領は自由主義政策を進めたが、この時代になると指導力が揺らぐことになった。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見たフランシスコ・マデロ

    1907年恐慌の影響がメキシコに及び始め労働争議が頻発する中で1910年の大統領選が行なわれ、ポルフィリオ・ディアスが対立候補フランシスコ・マデロを逮捕監禁したことがきっかけになって、メキシコ革命が始まった。パンチョ・ビリャ、エミリアーノ・サパタ、ベヌスティアーノ・カランサ、アルバロ・オブレゴンらの率いた革命軍は、路線の違いもありながらも最終的に政府軍を敗北させ、1917年にが発布されたことで革命は終息した。革命は終わったものの指導者間の路線の対立からしばらく政情不安定な状態が続いた。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見たポルフィリオ・ディアス

    この隙を突いて1876年に、フランス干渉戦争の英雄ポルフィリオ・ディアスがクーデター(Revolución de Tuxtepec)を起こし、大統領に就任した。ディアスは30年以上に亘る強権的な独裁体制を敷き、外資が導入されて経済は拡大したものの、非民主的な政体は国内各地に不満を引き起こした。メキシコ フレッシュアイペディアより)

449件中 31 - 40件表示

「メキシコ」のニューストピックワード