449件中 61 - 70件表示
  • メキシコ

    メキシコから見たエミリアーノ・サパタ

    1907年恐慌の影響がメキシコに及び始め労働争議が頻発する中で1910年の大統領選が行なわれ、ポルフィリオ・ディアスが対立候補フランシスコ・マデロを逮捕監禁したことがきっかけになって、メキシコ革命が始まった。パンチョ・ビリャ、エミリアーノ・サパタ、ベヌスティアーノ・カランサ、アルバロ・オブレゴンらの率いた革命軍は、路線の違いもありながらも最終的に政府軍を敗北させ、1917年にが発布されたことで革命は終息した。革命は終わったものの指導者間の路線の対立からしばらく政情不安定な状態が続いた。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見た本多忠朝

    江戸時代の初めの1609年(慶長14年)、フィリピン総督ドン・ロドリゴの一行がマニラからの帰途に、大暴風の為房総の御宿海岸に座礁難破した。地元の漁民達に助けられ、時の大多喜藩主本多忠朝がこれら一行を歓待し、徳川家康が用意した帆船でメキシコへ送還したことから、日本とメキシコとの交流が始まった。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見た金森誠也

    モーリス・コリス/金森誠也訳『コルテス征略誌──「アステカ王国」の滅亡 』講談社〈講談社学術文庫〉、2003年1月。ISBN 4061595814メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見たカルロス・フエンテス

    メキシコの作家としては、フアン・ルルフォ、アマード・ネルボ、カルロス・フエンテス、ホセ・エミリオ・パチェコ、オクタビオ・パス、アルフォンソ・レイエスなどが挙げられる。オクタビオ・パスは1990年にノーベル文学賞を受賞した。アルフォンソ・レイエスはアルゼンチンのホルヘ・ルイス・ボルヘスに大きな影響を与えた作家としても知られる。革命以降のインディヘニスモ小説としては、ロサリオ・カスティリャーノスの『バルン・カナン』などが挙げられる。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見たカリビアンシリーズ

    国内には夏季(メキシカンリーグ)と冬季(ウィンターリーグ)の2つのプロリーグが存在する。メキシカンリーグは1925年にスタートし、現在は2リーグ16チームからなる。形式上は独立したリーグであるが、米国のメジャーリーグベースボールから3A相当の認定を受けており、事実上マイナーリーグに取り込まれている。ウィンターリーグ(Mexican Pacific League)は8チームからなり、優勝チームはメキシコ代表としてカリビアンシリーズに出場する。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見た

    カリブ海沿岸地域を中心にして油田が多く、第二次世界大戦頃より国営石油会社のペメックスを中心とした石油が大きな外貨獲得源になっている。光物では銀やオパールの産地としても中世から世界的に有名である。電線に使えるはグルポ・メヒコが採掘している。他にも水産業や観光業、製塩やビールなどが大きな外貨獲得源になっている。また、20世紀前半より工業化が進んでおり、自動車や製鉄、家電製品の生産などが盛んである。主な貿易相手国はアメリカ、カナダ、日本、スペインなど。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見た雇用

    平均的には非常に温暖な気候で、沿岸部には世界的に有名なビーチリゾートがたくさんある。東部・カリブ海沿岸ではカンクンなど、太平洋沿岸の西南部ではアカプルコやイスタパなど、西端にあり太平洋に面する細長いバハカリフォルニア半島のカボ・サンルーカスやラパスなどがこれに該当し、世界中から観光客を引きつけるとともに、貴重な外貨の収入源となって多くの雇用をもたらしている。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見たサンディエゴ・パドレス

    米国のメジャーリーグで活躍するメキシコ人選手も多い。これまでに106人のメキシコ人選手がメジャーリーグでプレーした。その中で最も有名なメキシコ人選手は、1980年代にロサンゼルス・ドジャースのエースとして活躍したフェルナンド・バレンズエラである。また、サンディエゴ・パドレスの4番打者エイドリアン・ゴンザレスのようにメキシコ系アメリカ人の選手も多いため、国際大会であるワールド・ベースボール・クラシックにはメキシコ人とメキシコ系アメリカ人の混成チームで出場している。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見たGDP

    2013年のメキシコのGDPは1兆2,609億ドルであり、世界15位である。韓国とほぼ同じ経済規模であり、ラテンアメリカではブラジルに次いで2位である。一人当たりのGDPでは10,650ドルとなり、世界平均を若干上回る。メルコスールと南米共同体のオブザーバーであり、経済協力開発機構 (OECD) 、アジア太平洋経済協力 (APEC) 、北米自由貿易協定 (NAFTA) の加盟国でもある。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見た国際通貨基金

    当時のメキシコの対外債務は870億ドルであった。メキシコ危機が特にアメリカのメガバンクに与える影響が大きいため、IMFとアメリカ合衆国財務省、メガバンク・シンジケートにより救済措置がとられた。「」有名な事件となった。ネルソン・バンカー・ハントを破産させたばかりの出来事であった。メキシコ フレッシュアイペディアより)

449件中 61 - 70件表示

「メキシコ」のニューストピックワード