412件中 61 - 70件表示
  • メキシコ

    メキシコから見たカルロス・フエンテス

    メキシコの作家としては、フアン・ルルフォ、アマード・ネルボ、カルロス・フエンテス、ホセ・エミリオ・パチェコ、オクタビオ・パス、アルフォンソ・レイエスなどが挙げられる。オクタビオ・パスは1990年にノーベル文学賞を受賞した。アルフォンソ・レイエスはアルゼンチンのホルヘ・ルイス・ボルヘスに大きな影響を与えた作家としても知られる。革命以降のインディヘニスモ小説としては、ロサリオ・カスティリャーノスの『バルン・カナン』などが挙げられる。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見たカリビアンシリーズ

    国内には夏季(メキシカンリーグ)と冬季(ウィンターリーグ)の2つのプロリーグが存在する。メキシカンリーグは1925年にスタートし、現在は2リーグ16チームからなる。形式上は独立したリーグであるが、米国のメジャーリーグベースボールから3A相当の認定を受けており、事実上マイナーリーグに取り込まれている。ウィンターリーグ(Mexican Pacific League)は8チームからなり、優勝チームはメキシコ代表としてカリビアンシリーズに出場する。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見た雇用

    平均的には非常に温暖な気候で、沿岸部には世界的に有名なビーチリゾートがたくさんある。東部・カリブ海沿岸ではカンクンなど、太平洋沿岸の西南部ではアカプルコやイスタパなど、西端にあり太平洋に面する細長いバハカリフォルニア半島のカボ・サンルーカスやラパスなどがこれに該当し、世界中から観光客を引きつけるとともに、貴重な外貨の収入源となって多くの雇用をもたらしている。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見たサンディエゴ・パドレス

    米国のメジャーリーグで活躍するメキシコ人選手も多い。これまでに106人のメキシコ人選手がメジャーリーグでプレーした。その中で最も有名なメキシコ人選手は、1980年代にロサンゼルス・ドジャースのエースとして活躍したフェルナンド・バレンズエラである。また、サンディエゴ・パドレスの4番打者エイドリアン・ゴンザレスのようにメキシコ系アメリカ人の選手も多いため、国際大会であるワールド・ベースボール・クラシックにはメキシコ人とメキシコ系アメリカ人の混成チームで出場している。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見たGDP

    メルコスールと南米共同体のオブザーバーであり、経済協力開発機構、アジア太平洋経済協力、北米自由貿易協定の加盟国でもある。2010年のメキシコのGDPは1兆40億ドルであり、世界第14位である。中南米諸国においてはブラジルに次ぐ経済規模を持つ。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見たカリフォルニア州

    また、コアウイラ・イ・テハス州にアメリカ合衆国人の入植を認めると、1835年にはアングロサクソン系入植者が反乱を起こし、1836年にメキシコ領テハスはテキサス共和国として独立した。その後、アメリカ合衆国が1845年にテキサスを併合すると、1846年にはテキサスを巡りアメリカ合衆国と米墨戦争を争ったものの、メキシコシティを占領されて1848年に敗北すると、テキサスのみならずカリフォルニアなどリオ・ブラーボ川以北の領土(いわゆるメキシコ割譲地)を喪失した。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見たナポレオン・ボナパルト

    1808年、ナポレオン・ボナパルトが兄のジョゼフをスペイン王ホセ1世として即位させた。それに反発するスペイン民衆の蜂起を契機としてスペイン独立戦争が始まると、インディアス植民地は偽王への忠誠を拒否。1809年から1810年にかけて、キト、ラパス、サンティアゴ、カラカス、ボゴタ、ブエノスアイレスとインディアス各地でクリオーリョ達の蜂起が始まる中、メキシコでも 1810年9月15日にミゲル・イダルゴ神父らにより、スペイン打倒を叫ぶメキシコ独立革命が始まり、長い戦いの火蓋が切られた。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見たワールド・ベースボール・クラシック

    米国のメジャーリーグで活躍するメキシコ人選手も多い。これまでに106人のメキシコ人選手がメジャーリーグでプレーした。その中で最も有名なメキシコ人選手は、1980年代にロサンゼルス・ドジャースのエースとして活躍したフェルナンド・バレンズエラである。また、サンディエゴ・パドレスの4番打者エイドリアン・ゴンザレスのようにメキシコ系アメリカ人の選手も多いため、国際大会であるワールド・ベースボール・クラシックにはメキシコ人とメキシコ系アメリカ人の混成チームで出場している。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見たブランド

    メキシコは蒸留酒であるテキーラの一大産地として有名であるが、それはハリスコ州グアダラハラ市近郊のテキーラという地域に1700年代から作られている地酒であり、国民にもっとも愛されるお酒となっており、近年は海外にも愛好家を増やしている。また、ビールの特産地としても知られており、コロナビールやXX(ドス・エキス)などの著名なブランドが世界中に輸出されている。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ

    メキシコから見た公用語

    公用語は定められていないが、事実上の公用語はスペイン語(メキシコ・スペイン語)であり、先住民族の65言語(ナワトル語、サポテカ語、マヤ語など)も政府が認めている。メキシコは世界最大のスペイン語人口を擁する国家である。メキシコ フレッシュアイペディアより)

412件中 61 - 70件表示

「メキシコ」のニューストピックワード