前へ 1 2
14件中 1 - 10件表示
  • マック鈴木

    マック鈴木から見た日本人選手のメジャーリーグ挑戦日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本プロ野球を経験しないでメジャーリーグ入りを目指した初の選手として、メジャー昇格以前から日本の野球ファンの間ではある程度名の知れた存在だった。マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国のスポーツ

    アメリカ合衆国のスポーツから見た日本人選手のメジャーリーグ挑戦日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    近年ではアメリカ野球界の急激な国際化によって、ヒスパニック系の移民をルーツに持つ選手やカリブ海諸国出身の選手が多くなりつつある。また、日本人選手についても1964年に村上雅則がサンフランシスコ・ジャイアンツに所属して日本人初となるメジャーリーガーとなったが、後に続く者はなかなか出なかった。しかし、1995年に野茂英雄が31年ぶりに渡米してある一定の成功を収めると、その後もイチローや松井秀喜、松坂大輔などといったNPB球団所属の人気プロ野球選手を中心に現在でも日本人選手のメジャーリーグ挑戦が続いている。MLB機構もこういった現状を踏まえた上で独自の「グローバル戦略」を策定し、2006年3月にはMLB機構主催で野球の国別代表チームによる国際大会であるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の第1回大会をアメリカ合衆国で開催した。アメリカ合衆国のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 田澤純一

    田澤純一から見た日本人選手のメジャーリーグ挑戦日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    同年9月、メジャーリーグ挑戦の意思を記者会見で表明。同時に、日本プロ野球の12球団宛にドラフト指名を見送るよう求める文書を送付した。日本球団からのドラフト上位指名が確実視される選手が日本球界入りを拒否しメジャーリーグ挑戦を表明したことは「田澤問題」として日本プロ野球のドラフト制度に問題を提起した。日米間にはプロ選手の獲得・移籍に関して明文化された協定はあるが、アマチュア選手は対象外で互いのドラフト候補選手とは交渉しないという暗黙の了解(紳士協定)しかない。日本人のアマチュア選手はメジャーリーグのドラフト対象外で、日本球団とは異なり契約金の上限規定も交渉時期の規制もないため、自由競争で獲得が可能である。田澤と同様に、アマチュアの有望選手が直接にメジャーリーグを目指せば日本のプロ野球は空洞化すると懸念する意見もある。田澤純一 フレッシュアイペディアより)

  • 雄星

    雄星から見た日本人選手のメジャーリーグ挑戦日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    しかし、その投球は日本のプロ野球のみならず、MLB球団からも注目され、元々の志望もありメジャーリーグ挑戦も考えていた。しかし最終的には日本のプロ野球でプレーすることを表明し、2009年のプロ野球ドラフト会議で、埼玉西武ライオンズ、阪神タイガース、東京ヤクルトスワローズ、東北楽天ゴールデンイーグルス、中日ドラゴンズ、北海道日本ハムファイターズの6球団による1位指名の競合の末、埼玉西武ライオンズが交渉権を獲得。契約金1億円+出来高5000万円、年俸1500万円(金額は推定)でサインし、背番号は17に決まった。雄星 フレッシュアイペディアより)

  • 山本和行

    山本和行から見た日本人選手のメジャーリーグ挑戦日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    1984年オフにメジャーリーグへの移籍を球団に訴え、ロサンゼルス・ドジャースに入団がほぼ決まりかけていた。事前に渡米し練習にも参加、年俸も住む家も背番号25も決まっていたが当時はFA制度はなく球団の保有権の問題もクリアできず断念した。本人はそのドジャースのユニフォームも持っていて阪神のユニフォームより大事にしているという。山本和行 フレッシュアイペディアより)

  • 小川邦和

    小川邦和から見た日本人選手のメジャーリーグ挑戦日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    翌、反骨心から単身渡米してメジャーリーグに挑戦。史上初の日本人メジャーリーガーである村上雅則は野球留学中にスカウトされて以降は誰も挑戦する選手は無く、周囲も暴挙と揶揄した。この時代、小川の挑戦は日本では全く報道されなかった。小川邦和 フレッシュアイペディアより)

  • 江夏 豊

    江夏豊から見た日本人選手のメジャーリーグ挑戦日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    この引退式の引退挨拶で、メジャーリーグ挑戦する旨を述べる。この際江夏は「江夏豊36歳、本当にバカな男かも分かりません。ですが、日本に帰ってきたときには、たった一言、ご苦労、それだけ言ってやってください」と話している。江夏豊 フレッシュアイペディアより)

  • 建山義紀

    建山義紀から見た日本人選手のメジャーリーグ挑戦日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    2010年は宮西尚生と共にセットアッパーをこなし、不調の武田久に代わりクローザーを務めることもあった。9月12日自己2回目のシーズン50試合登板を記録した。最終的に武田久とならぶチーム2位(リーグ8位)の58試合に登板、チーム1位(リーグ6位)の26ホールドポイント、自己最高の防御率1.80を記録。オフには海外FA権を行使してのメジャー挑戦を表明した。建山義紀 フレッシュアイペディアより)

  • 野球

    野球から見た日本人選手のメジャーリーグ挑戦日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    戦前から1950年代前半まではプロ野球よりも東京六大学野球などに代表される学生野球の人気の方が高かった。1950年代後半に読売ジャイアンツの長嶋茂雄や王貞治といったプロ野球選手が国民的な人気を得ると、プロ野球が六大学野球に代わり、1990年代前半までの野球人気を担った。1995年に近鉄バファローズ(当時)のエース投手だった野茂英雄がロサンゼルス・ドジャースへ移籍してある一定の成功を収めると、これに端を発して次々と日本国内の人気プロ野球選手達がMLBへと移籍し、本格的な日本人選手のメジャーリーグ挑戦が始まった。それに伴い、主にNHKの衛星放送などで盛んに日本人選手の出場するMLBの試合が放送され始めた。またワールドベースボールクラシックにおいて日本が第一回大会から2連覇し、各試合で高視聴率を記録した。野球 フレッシュアイペディアより)

  • 村上雅則

    村上雅則から見た日本人選手のメジャーリーグ挑戦日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    翌もジャイアンツとの契約を結んだが、そのオフに南海が留学の際の契約を反故にし村上を帰還させるよう主張したことで、村上の保有権を巡りホークス・ジャイアンツ両球団間で紛糾が勃発した。話し合いは平行線をたどり、また、メジャーリーグコミッショナーのフォード・フリックはジャイアンツを全面支持した。これに対し、日本野球機構コミッショナーの内村祐之は1965年シーズン終了をもって南海に復帰させるという妥協案を提示し、シーズン開幕後の4月末にようやく決着。村上は都合2年間メジャーでプレーした(詳しくは日本人選手のメジャーリーグ挑戦を参照)。村上はメジャー残留に迷いを見せたが、両親やチームの説得に加え、マスコミには「村上はわがまま」(『報知新聞』)と批判され、断念した。村上雅則 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
14件中 1 - 10件表示

「メジャーリーガー」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画