72件中 21 - 30件表示
  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見たサンディエゴ・パドレス

    1996年オフ、ニューヨーク・ヤンキースへの移籍を熱望。ロッテはサンディエゴ・パドレスに独占交渉権を譲渡するが、伊良部は日本球界でまだ認められていなかった代理人を雇って対抗する。1997年5月に伊良部の意向が認められ、パドレスとの2対3のトレードという形でヤンキース入りを果たす。この一件により、伊良部は多くのメディアに否定的な報道をされた。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見たボストン・レッドソックス

    日本のアマチュアに属していた選手が、NPBに一度も在籍せずに、直接MLBでのプレーを目指して渡米するというケースがある。実力さえあれば、NPBを経由する場合よりも早くにMLBでプレーすることが可能である。もっとも、実績のない選手がMLBで即戦力となることは容易なことではなく、MLBのドラフト会議で上位指名を受けた選手でも、マイナー球団からメジャーの舞台に昇格までに通常2?3年はかかると言われている。ただし2008年オフにボストン・レッドソックスとメジャー契約を交わした田澤純一のように、契約後1年目のシーズンでメジャーに昇格した例も存在する。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見た日本プロ野球

    現状では、野球が盛んな国でトップクラスの実績を残した選手がMLBに集まりやすい構造になっている。そのため、NPBの走攻守レベルが、MLBよりも低い傾向にあると考えられることが多い。レベルの高いリーグでプレーしたいという動機は、主に若くして日本球界で高成績を残し、さらなる自己研鑽を目指す選手たちに多くみられる傾向である。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見たサンフランシスコ・ジャイアンツ

    村上雅則(南海→SFG)、柏田貴史(巨人→NYM)がこの方法でメジャーリーガーになっている。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見たシアトル・マリナーズ

    1999年オフ、MLB球団への移籍をオリックス球団に要望するが、受け入れられず。2000年オフ、日本人選手で初めてポスティングシステム(入札制度)を使い、シアトル・マリナーズが落札。日本人野手として初のメジャーリーガーが誕生するとともに、メジャーリーグ移籍の手段としてのポスティングシステムが注目された。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見たロサンゼルス・ドジャース

    1994年オフ、野茂は近鉄球団に対して「複数年契約」と「代理人制度」を希望するが、球団はこれを認めず交渉は決裂。近鉄退団とメジャーリーグ移籍を決意する。マスコミのバッシングを受ける中で、任意引退して渡米。ロサンゼルス・ドジャースと年俸10万ドルでマイナー契約を結んだ。その後メジャー昇格を果たす。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見た福岡ソフトバンクホークス

    村上雅則(南海→SFG)、柏田貴史(巨人→NYM)がこの方法でメジャーリーガーになっている。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見た若菜嘉晴

    1983年、前年に球団とのトラブルで阪神タイガースを退団した若菜嘉晴がニューヨーク・メッツのキャンプに参加。開幕メジャー入りは適わず3Aタイドウォーターでコーチ兼任としてプレーし、シーズン途中に大洋ホエールズに入団。日本球界に復帰した。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見た大野豊 (野球)

    1993年オフ、大野豊(広島東洋カープ)の獲得を、アナハイム・エンゼルスが球団に正式に申し入れたことがある。本人は、38歳(当時)という野球選手として高齢であることを理由にこれを固辞。メジャー球団から日本人選手への公式オファーは、これが史上初のことであった。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見たスコット・ボラス

    2006年オフも前年に引き続いてメジャー移籍を希望し、球団側はこれを容認。約60億円でボストン・レッドソックスが交渉権を獲得したが、球団側とボラス氏が提示した年俸の差額が大きいことから交渉が難航し、期限の当日まで交渉が続けられ、6年契約の約60億円+出来高で12月14日(現地 日本時間12月15日午前7時ごろ)に入団会見を開き、レッドソックスとの契約が正式に行われ、入団が決定した。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

72件中 21 - 30件表示

「メジャーリーガー」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画