72件中 31 - 40件表示
  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見た水野雄仁水野 雄仁

    1996年に日本プロ野球での現役を引退した水野雄仁が、メジャーリーグでのプレーを目指して1997年秋にドミニカのウィンターリーグに参加。1998年にはサンディエゴ・パドレスのスプリングキャンプに参加したがメジャー入りはならず、選手生活を終えた。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見た谷繁元信

    2001年オフ、谷繁元信(横浜ベイスターズ)が捕手として初めてメジャーへの移籍を希望。シアトル・マリナーズの日本人オーナーが「イチローに続くスター選手」として獲得の意志を示したが、同球団のゼネラル・マネージャーがそれを聞くなり、サンディエゴ・パドレスからのマイナー捕手と契約。結局マリナーズ入りは夢と消えた。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見た小川邦和

    1978年、小川邦和は読売ジャイアンツを退団して、渡米。1979年 - 1980年の間マイナーリーグでプレーしメジャー昇格を試みるが、メジャーに出場できないまま帰国した。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見た佐々木誠 (野球)

    2000年オフ、阪神を自由契約となった佐々木誠がメジャーのトライアウトを受け、数球団から合格通知を得たもののビザの問題で移籍は実現しなかった。その後佐々木は、独立リーグのソノマ・カウンティクラッシャーズで1年間プレーした。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見た秋山幸二

    1980年代初期、マイナーリーグのサンノゼ・ビーズに数年間野球留学していた秋山幸二(西武ライオンズ)が、走攻守のトータルパッケージを売りに大活躍。ここでメジャー数球団が西武に身分照会をした途端、日本に連れ戻したと云う経緯があった。当時「メジャーに一番近い日本人選手」とも云われた。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見た野村貴仁

    在籍しているNPB球団に自ら頼んで自由契約の公示をしてもらうか(斎藤隆、大家友和、井口資仁)、NPB球団に契約を更新されずに(いわゆる戦力外通告・解雇)自由契約の公示をしてもらい(野村貴仁、桑田真澄)、メジャー挑戦をする。その後、MLB球団と交渉するなり、トライアウトを受けるなりして契約を結ぶという方法がある。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見た坂本充

    NPBのドラフト会議に関わらず、MLB入りを目指して渡米するケースもある。高校中退後単身渡米したマック鈴木は、メジャーのトライアウトを受けてマイナー契約を結び、のちにMLB昇格を果たした。他にも、大学・短大など北米の教育機関へ留学をして野球をした場合は、日本人であってもMLBのドラフト会議で指名されるケースがある。2002年にはアメリカの短大卒の経歴をもつ坂本充がコロラド・ロッキーズに指名された(メジャー昇格はならず)。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見た村上雅則

    村上雅則(南海→SFG)、柏田貴史(巨人→NYM)がこの方法でメジャーリーガーになっている。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見た柏田貴史

    村上雅則(南海→SFG)、柏田貴史(巨人→NYM)がこの方法でメジャーリーガーになっている。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見た大塚晶則

    イチロー、石井一久、大塚晶則らがこの制度でメジャー入りしている。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

72件中 31 - 40件表示

「メジャーリーガー」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画