72件中 41 - 50件表示
  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見た川崎憲次郎

    2000年オフ、FA宣言した川崎憲次郎(ヤクルトスワローズ)がボストン・レッドソックス等と交渉するも決裂。理由は「家族」と離れられなかったと云うのが本人の弁だった。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見た山本和行

    1984年オフ、山本和行(阪神タイガース)がメジャーへの移籍希望を表明した。当時はFA制度もポスティングシステムもなかったため、移籍に関連する様々な問題をクリアできず、最終的には渡米を断念した。山本は事前にロサンゼルス・ドジャースとの間でさまざまな交渉を行っており、あとは契約と保有権の手続きを済ませれば移籍が実現するところまで漕ぎ着けていたとも言われている。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見た東京ヤクルトスワローズ

    2000年オフ、FA宣言した川崎憲次郎(ヤクルトスワローズ)がボストン・レッドソックス等と交渉するも決裂。理由は「家族」と離れられなかったと云うのが本人の弁だった。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見たニューヨーク・メッツ

    村上雅則(南海→SFG)、柏田貴史(巨人→NYM)がこの方法でメジャーリーガーになっている。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見たコロラド・ロッキーズ

    NPBのドラフト会議に関わらず、MLB入りを目指して渡米するケースもある。高校中退後単身渡米したマック鈴木は、メジャーのトライアウトを受けてマイナー契約を結び、のちにMLB昇格を果たした。他にも、大学・短大など北米の教育機関へ留学をして野球をした場合は、日本人であってもMLBのドラフト会議で指名されるケースがある。2002年にはアメリカの短大卒の経歴をもつ坂本充がコロラド・ロッキーズに指名された(メジャー昇格はならず)。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見た読売ジャイアンツ

    村上雅則(南海→SFG)、柏田貴史(巨人→NYM)がこの方法でメジャーリーガーになっている。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見た埼玉西武ライオンズ

    1980年代初期、マイナーリーグのサンノゼ・ビーズに数年間野球留学していた秋山幸二(西武ライオンズ)が、走攻守のトータルパッケージを売りに大活躍。ここでメジャー数球団が西武に身分照会をした途端、日本に連れ戻したと云う経緯があった。当時「メジャーに一番近い日本人選手」とも云われた。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見たプロ野球ドラフト会議

    NPBのドラフト会議で指名を受ける時期を基準として、だいたい以下のように分類することができる。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見た任意引退

    野茂英雄は、近鉄を任意引退する形で退団してMLBに移籍している。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見たドラフト会議

    立教大学ではエースとして活躍しており、2002年のドラフト会議でも自由獲得枠での指名が確実と言われていたが、肩の故障などによりこの年のドラフトではどの球団からも指名を受けなかった。野球ができる環境を求めて単身渡米。インディアンスのトライアウトを受けて合格し、マイナーリーグから這い上がり2004年4月にメジャー昇格を果たした。(詳細は本人の項を参照のこと)日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

72件中 41 - 50件表示

「メジャーリーガー」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画