72件中 51 - 60件表示
  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見た阪神タイガース

    1984年オフ、山本和行(阪神タイガース)がメジャーへの移籍希望を表明した。当時はFA制度もポスティングシステムもなかったため、移籍に関連する様々な問題をクリアできず、最終的には渡米を断念した。山本は事前にロサンゼルス・ドジャースとの間でさまざまな交渉を行っており、あとは契約と保有権の手続きを済ませれば移籍が実現するところまで漕ぎ着けていたとも言われている。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見た広島東洋カープ

    1993年オフ、大野豊(広島東洋カープ)の獲得を、アナハイム・エンゼルスが球団に正式に申し入れたことがある。本人は、38歳(当時)という野球選手として高齢であることを理由にこれを固辞。メジャー球団から日本人選手への公式オファーは、これが史上初のことであった。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見たクリーブランド・インディアンス

    立教大学ではエースとして活躍しており、2002年のドラフト会議でも自由獲得枠での指名が確実と言われていたが、肩の故障などによりこの年のドラフトではどの球団からも指名を受けなかった。野球ができる環境を求めて単身渡米。インディアンスのトライアウトを受けて合格し、マイナーリーグから這い上がり2004年4月にメジャー昇格を果たした。(詳細は本人の項を参照のこと)日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見たニューヨーク・ヤンキース

    1996年オフ、ニューヨーク・ヤンキースへの移籍を熱望。ロッテはサンディエゴ・パドレスに独占交渉権を譲渡するが、伊良部は日本球界でまだ認められていなかった代理人を雇って対抗する。1997年5月に伊良部の意向が認められ、パドレスとの2対3のトレードという形でヤンキース入りを果たす。この一件により、伊良部は多くのメディアに否定的な報道をされた。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見た千葉ロッテマリーンズ

    1996年オフ、ニューヨーク・ヤンキースへの移籍を熱望。ロッテはサンディエゴ・パドレスに独占交渉権を譲渡するが、伊良部は日本球界でまだ認められていなかった代理人を雇って対抗する。1997年5月に伊良部の意向が認められ、パドレスとの2対3のトレードという形でヤンキース入りを果たす。この一件により、伊良部は多くのメディアに否定的な報道をされた。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見たオリックス・バファローズ

    1999年オフ、MLB球団への移籍をオリックス球団に要望するが、受け入れられず。2000年オフ、日本人選手で初めてポスティングシステム(入札制度)を使い、シアトル・マリナーズが落札。日本人野手として初のメジャーリーガーが誕生するとともに、メジャーリーグ移籍の手段としてのポスティングシステムが注目された。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見た大阪近鉄バファローズ

    1994年オフ、野茂は近鉄球団に対して「複数年契約」と「代理人制度」を希望するが、球団はこれを認めず交渉は決裂。近鉄退団とメジャーリーグ移籍を決意する。マスコミのバッシングを受ける中で、任意引退して渡米。ロサンゼルス・ドジャースと年俸10万ドルでマイナー契約を結んだ。その後メジャー昇格を果たす。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見た竹書房

    佐々木亨 ほか『夢のつづき 海を渡った9人のマイナーリーガー』(竹書房、2008年) ISBN 978-4-8124-3450-5日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見た移籍金

    NPBでプレーし、フリーエージェント(FA)の権利を取得後、それを行使して移籍するという方法。獲得を希望する球団と直接交渉ができる。現行制度では、NPB球団に最低でも9シーズンは在籍しなければならず、若い時点で移籍することが難しい。またNPB球団にとっては、国内の他球団へ移籍する場合と異なり、移籍金が手に入らないというデメリットがある。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見たマイナーリーグ

    マイナーリーグへの野球留学に参加し、そこで好成績を残してMLB出場を狙うという方法。留学目的は野球技術を向上した上でNPB球団での勝利に貢献することである。NPB球団に在籍したままでの留学であるので、帰国要請があればNPB球団でのプレーが強制される。そのため、長期間メジャーリーグで活動はできないとされる。最近、NPBで導入が検討されている「レンタル移籍制度」も、これに近いものと考えられる。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

72件中 51 - 60件表示

「メジャーリーガー」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画