6232件中 31 - 40件表示
  • デニス・レイ・ボイド

    デニス・レイ・ボイドから見たメジャーリーグベースボールメジャーリーグベースボール

    デニス・レイ・ボイド(オイル・カン・ボイド)(Dennis Ray "Oil Can" Boyd , 1959年10月6日 - )は、MLBで活躍したアメリカ合衆国・ミシシッピ州メリディアン出身の元プロ野球選手(投手)。右投右打。デニス・レイ・ボイド フレッシュアイペディアより)

  • グレン・デービス (野球)

    グレン・デービス (野球)から見たメジャーリーグベースボールメジャーリーグベースボール

    同年にテリー・プールの怪我に伴いメジャー初昇格を果たすと、翌からは一塁手のレギュラーとなる。この年は100試合の出場で、打者不利のアストロドームを本拠地としながら20本塁打を放った。グレン・デービス (野球) フレッシュアイペディアより)

  • レイ・チャップマン

    レイ・チャップマンから見たメジャーリーグベースボールメジャーリーグベースボール

    犠打と守備に長けたクリーブランド・インディアンスの正遊撃手だった。8月16日の試合でニューヨーク・ヤンキースのカール・メイズ投手の投球を頭部左側のこめかみ部分に受けて昏倒し、12時間後の翌17日早朝に亡くなった。MLB史上唯一の試合中に他選手から受けた傷害が原因で死亡した選手である(試合中の事故によって負った損傷が最終的に死に繋がった選手も他にダク・パワーズのみ)。この悲劇の後に試合中に汚れたボールは審判の判断でいつでも交換出来るようになり、スピットボールなどボールに細工をする行為の対策が徹底された。翌春にはインディアンスが当時のNFL選手が使用していた革製ヘルメットを試験的に導入しており、打撃用ヘルメットの開発に繋がる一つの契機にもなった。レイ・チャップマン フレッシュアイペディアより)

  • バンビーノの呪い

    バンビーノの呪いから見たメジャーリーグベースボールメジャーリーグベースボール

    バンビーノの呪い(バンビーノののろい、)は、アメリカ合衆国のプロ野球リーグであるメジャーリーグベースボール(以下、MLB)の球団、ボストン・レッドソックスにまつわるジンクス。バンビーノの呪い フレッシュアイペディアより)

  • クレイトン・カーショウ

    クレイトン・カーショウから見たメジャーリーグベースボールメジャーリーグベースボール

    クレイトン・エドワード・カーショウ(Clayton Edward Kershaw, 1988年3月19日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ダラス出身のプロ野球選手(投手)。MLBのロサンゼルス・ドジャース所属。クレイトン・カーショウ フレッシュアイペディアより)

  • バット (野球)

    バット (野球)から見たメジャーリーグベースボールメジャーリーグベースボール

    木製バットの材料には、アッシュ材や、ハードメイプル、ヒッコリーなどが使用されている。長らくメジャーリーグでは硬い(反発力の強い)ホワイト・アッシュが使われ、近年ではハードメイプルも多く使われているが、ヒッコリーは重いためあまり使われなくなっている。一方、日本のプロ野球では「材質が柔らかく、振ったときにしなりが出る」としてヤチダモやアオダモといったタモ系の木材がよく使われ、特に良質なバット材として北海道産のアオダモが好まれている。バット (野球) フレッシュアイペディアより)

  • ユリエスキ・グリエル

    ユリエスキ・グリエルから見たメジャーリーグベースボールメジャーリーグベースボール

    ユリエスキ・グリエル・カスティーヨ(Yulieski Gurriel Castillo , 1984年6月9日 - )は、キューバ共和国サンクティ・スピリトゥス州サンクティ・スピリトゥス出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。現在はMLB・ヒューストン・アストロズに所属。愛称はエル・ユリ。ユリエスキ・グリエル フレッシュアイペディアより)

  • 2月22日

    2月22日から見たメジャーリーグメジャーリーグベースボール

    1874年 - ビル・クレム、メジャーリーグ審判(+ 1951年)2月22日 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見たメジャーリーグベースボールメジャーリーグベースボール

    田中 将大(たなか まさひろ、1988年11月1日 - )は、日本の兵庫県伊丹市出身のプロ野球選手(投手)。現在は、MLBのニューヨーク・ヤンキースに所属。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見たメジャーリーグベースボールメジャーリーグベースボール

    は北京オリンピック野球日本代表に選出され、オールスターゲームにも4度目の出場。共に同じ遊撃手の川崎宗則、西岡剛が選出されたこともあり、オールスターゲームでは三塁手を務めたが、悪送球による失策を記録した。北京五輪では、川崎の故障によって主に遊撃手を務めた。4年ぶりに20本塁打を記録。前半戦終了時にリーグトップだった打率は後半戦に入って徐々に落ちていったが、楽天のリック・ショートと首位打者を争い、楽天との最終戦までもつれ込んだ。結果は7毛差で及ばなかったが自己最高の打率.331を記録。最終戦後には敬遠されなかった事について「勝負してくれて嬉しかった」と語った。シーズン成績はチームトップの55四球を選び、それぞれ自己最高を更新する出塁率.410、25盗塁で、初タイトルとなる最高出塁率を獲得した。遊撃守備ではリーグ2位の12失策を記録したものの、守備率は遊撃手部門2位を記録して送球ミスも減り、ゴールデングラブ賞とベストナインを初受賞した。同年、かつて西武で背番号「3」を着けていた清原が引退を表明し、オリックス・バファローズとの最終戦の日にユニフォームの交換を行なった。オフの契約更改で年俸2億円に到達。「野球をやっている以上、いろんな国の選手がいる中でやってみたいという夢はあります。メジャーに行けるような選手になりたい」と将来的なメジャーリーグ挑戦志向を明かした。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

6232件中 31 - 40件表示

「メジャーリーグ」のニューストピックワード