6232件中 41 - 50件表示
  • 1990年代

    1990年代から見たメジャーリーグベースボールメジャーリーグベースボール

    8月12日 - メジャーリーグベースボールが232日間に及ぶプロスポーツ史上最長のストライキに突入、1994年のワールドシリーズも中止される(→1994年から1995年のMLBストライキ)1990年代 フレッシュアイペディアより)

  • 日米野球

    日米野球から見たメジャーリーグベースボールメジャーリーグベースボール

    日米野球(にちべいやきゅう、英語:Major League Baseball Japan All-Star Series)は、日本プロ野球(NPB)とメジャーリーグベースボール(MLB)の選抜チームが日本で対戦したシリーズ戦。明治時代から行われていた歴史的な国際野球試合だったが、野球の国際化に伴って、をもって一旦休止されたが、に野球日本代表(侍ジャパン)の強化試合として復活した。日米野球 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡ソフトバンクホークス

    福岡ソフトバンクホークスから見たメジャーリーグベースボールメジャーリーグベースボール

    戦力面では井口が大リーグのシカゴ・ホワイトソックスへ移籍したが、近鉄からFA宣言した大村直之を獲得。また、大リーグでの通算214本塁打のトニー・バティスタを2年総額1500万ドル(約15億8000万円)で、シアトル・マリナーズでプレーしていたホルベルト・カブレラを年俸2億8000万円で獲得。福岡ソフトバンクホークス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たメジャーリーグベースボールメジャーリーグベースボール

    はシーズン途中に右太ももを痛めて20試合以上欠場したが、11年連続35本塁打以上を記録。9月3日のタンパベイ・レイズ戦では、ロドリゲスがレフトポール際に放った打球にメジャーリーグ史上初めてビデオ判定が適用された(判定は本塁打)。年末には2009年に行われるWBCにはドミニカ代表として出場すると表明した。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • ゲーム差

    ゲーム差から見たメジャーリーグベースボールメジャーリーグベースボール

    ゲーム差の概念が生まれたアメリカ大リーグには引分が存在しないため、貯金数(勝数差)は勝率と連動している。しかし日本のプロ野球では引分が存在しており、試合数から引分を除外して勝率を計算している。この場合、1試合の勝敗の価値はチームごとに、そのチームの引分試合数によって変動してしまう。極端な例を挙げると、全試合の半分を引き分けたチームの1勝は、引き分け無しのチームの2勝と等価である。もちろんこれはマイナスの側にも作用し、全試合の半分を引き分けたチームの1敗は、引き分け無しのチームの2敗に相当することになる。ここまで極端な状態になることは まずないが、引き分け試合の数が1つでも異なれば その2者を貯金数で比較することが出来ないというのは重大な問題である。ゲーム差 フレッシュアイペディアより)

  • 野球日本代表

    野球日本代表から見たメジャーリーグベースボールメジャーリーグベースボール

    ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は、アメリカ・メジャーリーグベースボール(MLB)機構およびメジャーリーグ選手会が主催し、日本側は、「野球日本代表マーケティング委員会(JBMC)」のトップチームを派遣する。野球日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜スタジアム

    横浜スタジアムから見たメジャーリーグベースボールメジャーリーグベースボール

    横浜スタジアムには、外野レフトスタンドのポール際にベーブ・ルースのレリーフが、ライトスタンドのポール際にルー・ゲーリッグのレリーフがそれぞれ設置されている。これは、後述の通りルースやゲーリッグというメジャーリーグベースボールの歴史に名を残すスターがこの地でプレーしたことを記念するものである。横浜スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見たメジャーリーグベースボールメジャーリーグベースボール

    横浜に大リーグ選抜軍が来日した1934年、読売新聞社が大日本東京野球倶楽部を日本のプロ野球球団として結成。それから遅れること2年、1936年1月15日に新愛知新聞社を親会社として名古屋軍(なごやぐん)が誕生した。河野安通志を総監督 (ゼネラルマネージャー) に迎え、池田豊が監督に就任。明治大学の中根之、アメリカ人で捕手のバッキー・ハリス、内野の名手・芳賀直一、日系アメリカ人の高橋吉雄、主将の桝嘉一、スローボーラー・森井茂らが初期メンバー。上述のメジャーリーグ選抜軍来日時に、読売新聞社社長・正力松太郎が新愛知新聞社の田中斎に名古屋でのプロ野球球団結成の働きかけを行ったのが球団誕生の契機。新愛知新聞社傘下の國民新聞社でも大東京軍を結成。当初、読売の正力松太郎が推し進めていた日本職業野球連盟(現在の日本野球機構の源流)とは別個に、独自リーグの大日本野球連盟を組織して各地に同様の球団を4球団結成し、配下には3Aに相当する下部組織を作るなどの、当時としては先進的な構想を抱いていたが頓挫。結局、上記の既存の2球団が正力が設立した日本職業野球連盟に加盟することとなった。当初の商号は名古屋軍が株式会社大日本野球連盟名古屋協会、大東京軍が株式会社大日本野球連盟東京協会であり、大日本野球連盟構想の名残が見られる。2月5日、日本職業野球連盟が結成された。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見たメジャーリーグベースボールメジャーリーグベースボール

    、6月22日の対SKワイバーンズ(大邱市民運動場野球場)戦において、8回裏に金圓衡から通算300号本塁打を放つ。26歳10か月での到達は日本プロ野球の王貞治(27歳3カ月)やMLBのアレックス・ロドリゲス(27歳8カ月)を抜く世界最年少記録とされる、なおこの試合では同点で迎えた9回裏二死満塁の場面に打席が回り、自身初となるサヨナラ満塁本塁打を放っている。序盤から本塁打を量産し、56本塁打を放った。56本目の本塁打は「2億ウォンの価値がある」とされたほか、「(ファンが55号を虫取り網で取ったことから)本拠地の大邱市民運動場野球場では虫取り網が飛ぶように売れる」「李が敬遠されるとグラウンドにゴミが投げ入れられる」など熱狂が拡がった。しかし、55号を放ってから最終戦になるまで本塁打が出ず、李も「(56本は)難しいかもしれない」と弱音を吐いていたが、最終戦に56号本塁打を放った。このボールは満員のスタンドに入らず、当時設置されていたラッキーゾーンに落ち、そこで記念イベントの準備をしていた関係者に拾われて球団に寄贈された。アテネオリンピック野球予選を兼ねたアジア選手権大会では来日して日本戦で4打数1安打を記録している。なお、このとき韓国代表は台湾に敗れて予選敗退に終わっている。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • ダルビッシュ 有

    ダルビッシュ有から見たメジャーリーグベースボールメジャーリーグベースボール

    ダルビッシュ 有(ダルビッシュ ゆう、、本名:ダルビッシュ・セファット・ファリード・有(ダルビッシュ セファット ファリード ゆう、)、1986年8月16日 - )は、大阪府羽曳野市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLB・シカゴ・カブス所属。愛称はユウさん。全世界独占的マネジメント窓口はエイベックス。代理人はワッサーマン・メディア・グループ。ダルビッシュ有 フレッシュアイペディアより)

6232件中 41 - 50件表示

「メジャーリーグ」のニューストピックワード