272件中 91 - 100件表示
  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たドーピング

    近年、メジャーリーグベースボールではバリー・ボンズやマーク・マグワイアの本塁打量産、ホセ・カンセコの暴露本 『禁断の肉体改造』出版による薬物使用の告白、かつて活躍した選手の急死などでドーピング疑惑が注目されている。以前から薬物使用に甘いと言われてきたが、近年は毎年抜き打ち検査が実施されている。2005年からは薬物検査に関する規定を導入し、その内容は違反1回目で10日間、2回目で30日間、3回目で60日間、4回目で1年間の出場停止、5回目でコミッショナーが裁定を下すというものであった。しかし導入当初は罰金を支払えば試合に出ることができるという逃げ道も設けていたことを、合衆国下院の政府改革委員会から追及された。さらに、これでも未だに他のスポーツに比べて制裁が甘いという批判があり、2006年から違反1回目で50試合、2回目で100試合の出場停止処分、3回目で永久追放という更に厳しい新規定を導入した。だが、この永久追放に関しても救済措置が設けられている。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たダラス・カウボーイズ

    また、チームの資産価値も年々上昇しており、アメリカの経済誌フォーブスが2014年4月に発表したMLB各チームの平均資産価値は8億1,000万ドルとなっている。1位はニューヨーク・ヤンキースの25億ドルであり、2014年8月時点ではNFLのダラス・カウボーイズとニューイングランド・ペイトリオッツに次いでアメリカのプロスポーツチームとして3番目の規模である。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たアリゾナ・ダイヤモンドバックス

    、ワシントン・セネターズはアーリントンに移り、テキサス・レンジャーズになった。、アメリカンリーグが再び拡大、シアトル・マリナーズとカナダ第2のチーム、トロント・ブルージェイズが加わった。その後、しばらく新しいチームは追加されず、1990年代までチームの移転もなかった。、ナショナルリーグはマイアミのフロリダ・マーリンズ、デンバーのコロラド・ロッキーズを加えた。翌、東中西3地区制に移行した。、ナショナルリーグはフェニックスのアリゾナ・ダイヤモンドバックス、アメリカンリーグにフロリダ・タンパのタンパベイ・デビルレイズが加わった。この時リーグのバランスをとるため、ブルワーズがナショナルリーグに移動。リーグ間の移動が初めて行われた。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たシンシナティ・レッズ

    追い打ちをかけるように、アメリカが第一次世界大戦に参戦すると、開催こそ継続されたものの選手の出征が相次ぎ、にはレギュラーシーズンが短縮された。、シカゴ・ホワイトソックスとシンシナティ・レッズで行われたワールドシリーズにおいて、メジャー史上最悪の不祥事であるブラックソックス事件が起き、メジャーリーグは社会的信用を失うことになってしまった。ホワイトソックスの選手だった、ジョー・ジャクソン、エディ・シーコット、レフティ・ウィリアムズ、チック・ガンディル、フレッド・マクマリン、スウィード・リスバーグ、ハッピー・フェルシュ、バック・ウィーバーは賄賂を受け取ってわざと試合に負けた容疑で刑事告訴された。この8名の選手はメジャーリーグから永久追放処分となった。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たプレーオフ

    試合形式は、レギュラーシーズンとポストシーズンで構成され、最終的に各リーグの優勝チームがワールドシリーズと呼ばれる優勝決定戦を行いワールドチャンピオンを決定する。レギュラーシーズンは4月初旬から9月下旬にかけて各チームが162試合を行い地区優勝を争う。10月初旬からポストシーズンがトーナメント形式で行われる。トーナメントでは各段階ごとにディビジョンシリーズ、リーグチャンピオンシップシリーズ、ワールドシリーズと冠される。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たカンザスシティ・ロイヤルズ

    、MLBはミルウォーキー・ブレーブスがアトランタに移り「ディープ・サウス」に進出。、カンザスシティ・アスレチックスはさらに西のオークランドに移転した。、両リーグはそれぞれ2チームの拡張フランチャイズを迎え入れた。アメリカンリーグは、シアトル・パイロッツ(シアトルで悲惨な1シーズンをおくった後にミルウォーキーに移転)とカンザスシティ・ロイヤルズを加えた。ナショナルリーグは、サンディエゴ・パドレスと、初のアメリカ国外のカナダフランチャイズとなった、モントリオール・エクスポズを加えた。これによって、両リーグ12チームと巨大化したため、この年から東西2地区制に移行した。2地区に分かれたことで優勝チームが2チームとなったためワールドシリーズの前哨戦としてリーグチャンピオンシップシリーズが始まった。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たニューイングランド・ペイトリオッツ

    また、チームの資産価値も年々上昇しており、アメリカの経済誌フォーブスが2014年4月に発表したMLB各チームの平均資産価値は8億1,000万ドルとなっている。1位はニューヨーク・ヤンキースの25億ドルであり、2014年8月時点ではNFLのダラス・カウボーイズとニューイングランド・ペイトリオッツに次いでアメリカのプロスポーツチームとして3番目の規模である。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たナイター

    頃始まった大恐慌の影響を受けて、野球の人気は再び下降を始めた。までに、利益を上げたMLBチームは2チームだけだった。野球のチケット価格には10%の娯楽税が課せられ、観客動員は減少した。オーナーは契約選手を25人から23人に減らし、最優秀選手でさえも賃金を引き下げた。チームは生き残りをかけて、ナイターゲームの実施、ラジオでのライブ中継、女性の無料入場などの改革を行ったが、大恐慌の前には歯が立たなかった。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たトレード

    レギュラーシーズン中、40人ロースター内の選手のトレードは7月31日まで可能となっている。そのため、特にトレード期限日前には主力選手が絡む駆け込みトレードが多く成立する。8月1日以降もトレード自体は可能だが、その場合は放出したい40人ロースター内の選手をウェイバー公示し、通過した場合のみトレードが可能となる。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たジャイロボール

    強打者が増えてくる中、投手は打者のパワーに対抗するため、様々な球種を開発する必要があった。ジャイロボールのような新しい球種は、力のバランスを守備側に戻すことができた。1950〜60年代のスライダーや1970〜90年代のスプリットフィンガーファストボールなどの球種で野球の試合が変わった。1990年代にはチェンジアップが復活し、トレバー・ホフマン、グレッグ・マダックス、ジェイミー・モイヤー、トム・グラビン、ヨハン・サンタナ、ペドロ・マルティネス、ティム・リンスカムなどの投手によって巧みに投げられた。近年、リンスカム、ジョナサン・サンチェス、ウバルド・ヒメネスなどの投手はスプリットの握りでチェンジアップを投げる、「スプリット・チェンジ」を投げるようになった。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

272件中 91 - 100件表示

「メジャーリーグ」のニューストピックワード