272件中 11 - 20件表示
  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たイチロー

    前記のような延長時間無制限や過密日程もあってか、日本ではまず見られない野手が登板するケースが、延長戦で投手を使い果たしたり、大差がついた試合での「敗戦処理」の状況となったりした場合に発生することがあり、2015年にはイチローを含め、延べ27人の野手がマウンドに登っている。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たトレバー・ホフマン

    強打者が増えてくる中、投手は打者のパワーに対抗するため、様々な球種を開発する必要があった。ジャイロボールのような新しい球種は、力のバランスを守備側に戻すことができた。1950〜60年代のスライダーや1970〜90年代のスプリットフィンガーファストボールなどの球種で野球の試合が変わった。1990年代にはチェンジアップが復活し、トレバー・ホフマン、グレッグ・マダックス、ジェイミー・モイヤー、トム・グラビン、ヨハン・サンタナ、ペドロ・マルティネス、ティム・リンスカムなどの投手によって巧みに投げられた。近年、リンスカム、ジョナサン・サンチェス、ウバルド・ヒメネスなどの投手はスプリットの握りでチェンジアップを投げる、「スプリット・チェンジ」を投げるようになった。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たジェイミー・モイヤー

    強打者が増えてくる中、投手は打者のパワーに対抗するため、様々な球種を開発する必要があった。ジャイロボールのような新しい球種は、力のバランスを守備側に戻すことができた。1950〜60年代のスライダーや1970〜90年代のスプリットフィンガーファストボールなどの球種で野球の試合が変わった。1990年代にはチェンジアップが復活し、トレバー・ホフマン、グレッグ・マダックス、ジェイミー・モイヤー、トム・グラビン、ヨハン・サンタナ、ペドロ・マルティネス、ティム・リンスカムなどの投手によって巧みに投げられた。近年、リンスカム、ジョナサン・サンチェス、ウバルド・ヒメネスなどの投手はスプリットの握りでチェンジアップを投げる、「スプリット・チェンジ」を投げるようになった。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たアレックス・ロドリゲス

    のマーク・マグワイアとサミー・ソーサによるシーズン最多本塁打記録争いなどで盛り上がり、観客数もスト前の水準に回復した。1990年代後半から2000年代前半に本塁打量産ブームが起き、にはバリー・ボンズが73本塁打を放ち、現在のシーズン本塁打記録を樹立した。しかし12月13日に発表されたミッチェル報告書と呼ばれる報告書では89人の実名が挙げられ、その中にはバリー・ボンズ、アレックス・ロドリゲス、マニー・ラミレス、マーク・マグワイア、ラファエル・パルメイロ、ジェイソン・ジアンビ、ホセ・カンセコら多くのMLBを代表する強打者がアナボリックステロイドを使用していたことが後に判明した。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見た野茂英雄

    、ドジャースに野茂英雄が入団。マイナー契約であったが5月にメジャーデビューすると13勝と活躍し新人王を獲得した。この日本人の活躍は国外の市場を開拓する契機となり、のちに多くの海外出身選手がメジャーデビューした。、MLB以外のプロスポーツリーグでは積極的に行われてきたインターリーグを導入。これまでサブウェイ・シリーズのニューヨーク・ヤンキース対ニューヨーク・メッツに代表される同都市にあるチーム同士の対戦はワールドシリーズでしかかなわなかったため、好カードがレギュラーシーズンで見られるとあってファンには好評価であった。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たフランクリン・ルーズベルト

    戦時中の灯火管制により、野外照明を暗くしなければならなかったため、ナイターでの試合が困難になった。、国内では開催中止論も広まりつつあったが、1月14日に、初代コミッショナーであるケネソー・マウンテン・ランディスは、フランクリン・ルーズベルト大統領宛てに手紙を送り、新たなメジャーリーグシーズンの開始と戦時中の野球の継続を嘆願した。大統領の返信には「野球を続けるのが最善であると正直に思っている。失業者は少なく、誰もがこれまで以上に長時間厳しい労働を強いられることになるだろう。ということは、今まで以上に全国民がリクリエーションの機会を持つべきだ。」と書かれていた。この手紙は「グリーンライトレター(青信号の手紙)」と呼ばれアメリカ野球殿堂博物館に保管されている。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たジェフ・ウィリアムス

    2007年12月13日にMLBの薬物使用実態調査「ミッチェル報告書」が公表され、現役、引退問わず89名の選手の名前が記載されている。バリー・ボンズ、ロジャー・クレメンス、アンディ・ペティット、ミゲル・テハダ、エリック・ガニエなど大物現役選手や、アレックス・カブレラ、ジェフ・ウィリアムスら日本のプロ野球に在籍経験のある選手も含まれている。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たティム・リンスカム

    強打者が増えてくる中、投手は打者のパワーに対抗するため、様々な球種を開発する必要があった。ジャイロボールのような新しい球種は、力のバランスを守備側に戻すことができた。1950〜60年代のスライダーや1970〜90年代のスプリットフィンガーファストボールなどの球種で野球の試合が変わった。1990年代にはチェンジアップが復活し、トレバー・ホフマン、グレッグ・マダックス、ジェイミー・モイヤー、トム・グラビン、ヨハン・サンタナ、ペドロ・マルティネス、ティム・リンスカムなどの投手によって巧みに投げられた。近年、リンスカム、ジョナサン・サンチェス、ウバルド・ヒメネスなどの投手はスプリットの握りでチェンジアップを投げる、「スプリット・チェンジ」を投げるようになった。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たインターリーグ

    インターリーグの開催時期が見直され、試合のスケジュールの関係でチーム数のバランスが悪かった地区の整理が行われた。ヒューストン・アストロズがアメリカンリーグに移動。これで全地区5チームずつの均等配置となった。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たシカゴ・カブス

    1850年代後半、ニューヨークスタイルの「ベースボール」は南北戦争を期にアメリカ北東部を中心に各地に普及し、野球の最初のアマチュアリーグとなる全米野球選手協会 (NABBP) が生まれた。NABBPは12年間続き、最も拡大した1867年には400以上のチームがメンバーとなっていた。1860年代前半には選手の中に報酬をもらって野球をする、いわゆるプロ選手が登場しはじめていたとされる。プロ選手に関する正式な規定は1868年に制定され、翌1869年に結成されたシンシナティ・レッドストッキングスは、プロ選手だけで構成された初めてのプロチームとなり、地方各都市を巡業してその名を馳せた。レッドストッキングスの成功をうけ、あとを追うようにプロチームが各都市に次々に誕生したが、次第にプロ選手とアマチュア選手の間で内部分裂がおき、全米野球選手協会はアマチュア組織とプロ組織に分割することとなった。こうして、1871年には最初のプロ野球リーグ、全米プロ野球選手協会(ナショナル・アソシエーション、NA)が創設されたが、リーグ運営は5年で破綻してしまった。この時、現在に残るチーム、シカゴ・ホワイトストッキングス(のちのシカゴ・カブス)とボストン・レッドストッキングス(のちのアトランタ・ブレーブス)が誕生している。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

272件中 11 - 20件表示

「メジャーリーグ」のニューストピックワード