148件中 31 - 40件表示
  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たケネソー・マウンテン・ランディス

    コミッショナー制度が導入されるまで、MLBの意思決定はアメリカンリーグとナショナルリーグの両リーグ会長の合議によって行われてきたが、1920年にブラックソックス事件が発覚し、野球人気が低迷した。人気を回復するため中長期的な展望、戦略、迅速な意思決定をする必要に迫られた各オーナーたちが話し合い、中立的な意思決定機関として1920年にコミッショナー制度が導入された。そして、最高裁判事だったケネソー・マウンテン・ランディスが初代コミッショナーに就任。事件に関わったホワイトソックスの選手8人は、1921年8月2日に裁判で無罪の判決が下りた。しかし、ランディスはホワイトソックスの選手8人を含む15人全員を永久追放処分とすることを決定した。ランディスは声明で「判決に関係なく試合を放棄、計画するような選手は、誰であろうとプロ野球でプレーすることは許されない」と決然とした態度で臨んだ。その後ランディスは計24年間在任し、その功績をたたえMVPの正式名称は「ケネソー・マウンテン・ランディス賞」と呼ばれている。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たアンディ・ペティット

    2007年12月13日に米国MLBの薬物使用実態調査「ミッチェル・リポート」が公表され、現役、引退問わず89名の選手の名前が記載されている。バリー・ボンズ、ロジャー・クレメンス、アンディ・ペティット、ミゲル・テハダ、エリック・ガニエなど大物現役選手や、アレックス・カブレラ、ジェフ・ウィリアムスら日本のプロ野球に在籍経験のある選手も含まれている。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たコミッショナー

    コミッショナー制度が導入されるまで、MLBの意思決定はアメリカンリーグとナショナルリーグの両リーグ会長の合議によって行われてきたが、1920年にブラックソックス事件が発覚し、野球人気が低迷した。人気を回復するため中長期的な展望、戦略、迅速な意思決定をする必要に迫られた各オーナーたちが話し合い、中立的な意思決定機関として1920年にコミッショナー制度が導入された。そして、最高裁判事だったケネソー・マウンテン・ランディスが初代コミッショナーに就任。事件に関わったホワイトソックスの選手8人は、1921年8月2日に裁判で無罪の判決が下りた。しかし、ランディスはホワイトソックスの選手8人を含む15人全員を永久追放処分とすることを決定した。ランディスは声明で「判決に関係なく試合を放棄、計画するような選手は、誰であろうとプロ野球でプレーすることは許されない」と決然とした態度で臨んだ。その後ランディスは計24年間在任し、その功績をたたえMVPの正式名称は「ケネソー・マウンテン・ランディス賞」と呼ばれている。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たミゲル・テハダ

    2007年12月13日に米国MLBの薬物使用実態調査「ミッチェル・リポート」が公表され、現役、引退問わず89名の選手の名前が記載されている。バリー・ボンズ、ロジャー・クレメンス、アンディ・ペティット、ミゲル・テハダ、エリック・ガニエなど大物現役選手や、アレックス・カブレラ、ジェフ・ウィリアムスら日本のプロ野球に在籍経験のある選手も含まれている。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たジャッキー・ロビンソン

    19世紀にはメジャーリーグに黒人選手がいたが、20世紀に入ってからは規則はなかったものの黒人はプレイできず、肌の黒くないヒスパニック系やインディアンはプレイできた。1946年にブルックリン・ドジャースがジャッキー・ロビンソンとメジャー契約を結び、1947年にロビンソンはメジャーデビュー、この年に制定された新人王を受賞。ロビンソンの活躍によりメジャーリーグは黒人選手を受け入れることとなる。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たベーブ・ルース

    ベーブ・ルースが本塁打を量産する1920年代以前をデッドボール時代と言う。当時のボールは反発性が低いため飛距離が出ず、スピットボールが認められ、球場が広く投手優位だった。打者はバントや盗塁などで得点を重ねた。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たフリーエージェント (プロスポーツ)

    フリーエージェントに関する問題で経営者サイドと選手会が折り合わず、6月12日からストライキを決行した。ストライキは50日間に及び、スト解除は7月31日であった。そのため、この年はレギュラーシーズンが前後期制となった。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見た予告先発

    両リーグとも予告先発制度を採用している。先発投手は試合ごとではなく対戦カードごとにまとめて予告される。なお、アメリカンリーグでは指名打者制(DH)が採用される。試合は引き分けなしの時間無制限で行う。例外として、延長などで試合がもつれた場合日付が変わる午前1時以降は新しいイニングに入らずサスペンデッドとなる。降雨などで「タイゲーム」となった場合も同様で、この場合は次の日以降に中断した時点から再開し決着が付くまで試合が行われる。その場合の試合は、移動日や1日にその日予定されていた試合と順延になった試合の2試合行うダブルヘッダーなどで消化される。大乱闘などで試合続行不可能になったり、そもそも相手チームが到着せず、試合ができない場合などは、フォーフィットゲーム(没収試合)となることがある。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たコロラド・ロッキーズ

    1993年 フロリダ・マーリンズ(現マイアミ・マーリンズ)とコロラド・ロッキーズがナショナルリーグに加盟。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見た第一次世界大戦

    1914年にメジャーデビューしたベーブ・ルースは1919年にメジャー新記録となる29本塁打を記録。このころメジャーリーグではスピットボールが禁止され、高反発ボールの使用と球場の外野フェンスの接近により本塁打が出やすくなった。1917年にアメリカが第一次世界大戦に参戦すると、開催こそ継続されたものの選手の出征が相次ぎ、1918年にはレギュラーシーズンが短縮された。1919年、メジャー史上最悪の不祥事であるブラックソックス事件が起き、メジャーリーグは社会的信用を失うことに。1920年ルースが54本塁打を放ち、自身の記録をさらに更新し、1試合当たりの得点も上昇。この打撃戦をファンは支持し観客動員は増加。1927年に記録した60本塁打は34年間メジャー記録だった。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

148件中 31 - 40件表示

「メジャーリーグ」のニューストピックワード