272件中 71 - 80件表示
  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たジョー・ジャクソン (野球)

    追い打ちをかけるように、アメリカが第一次世界大戦に参戦すると、開催こそ継続されたものの選手の出征が相次ぎ、にはレギュラーシーズンが短縮された。、シカゴ・ホワイトソックスとシンシナティ・レッズで行われたワールドシリーズにおいて、メジャー史上最悪の不祥事であるブラックソックス事件が起き、メジャーリーグは社会的信用を失うことになってしまった。ホワイトソックスの選手だった、ジョー・ジャクソン、エディ・シーコット、レフティ・ウィリアムズ、チック・ガンディル、フレッド・マクマリン、スウィード・リスバーグ、ハッピー・フェルシュ、バック・ウィーバーは賄賂を受け取ってわざと試合に負けた容疑で刑事告訴された。この8名の選手はメジャーリーグから永久追放処分となった。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たピート・グレイ

    追い打ちをかけるかのように、第二次世界大戦が開戦。MLBでもチームに所属している選手500人以上が出兵を余儀なくされ、深刻なプロ野球選手不足を引き起こした。彼らの多くは、出兵している軍人を楽しませるサービス野球チームでプレーした。この時期のMLBチームは、兵役対象外の青少年、年長の選手で構成されてることになった。中には精神的、道徳的に不適格だった人もいる。その一方、肉体的にハンディキャップをおった選手にも機会をあたえることになった。片腕がなかった外野手のピート・グレイのような選手も、メジャーリーグに進出することができた。しかし、黒人がMLBのロースターに含まれることはなかった。黒人選手は、戦争で人手不足であっても、MLBの出場は認められず、依然としてニグロリーグでしかプレーできなかった。はじめて黒人がMLBに登場するのは、1947年のジャッキーロビンソンである。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たディジー・ディーン

    1960年代後半、一旦は打者有利の時代になった野球は再び投手有利の時代になっていた。この時期の1試合あたりの得点は過去最低だった1900年後半の水準まで落ち込んだ。ボストン・レッドソックスのカール・ヤストレムスキーは、にメジャーリーグの歴史の中で最も低い.301の打率でアメリカンリーグの首位打者となった。デトロイト・タイガースのデニー・マクレインは31勝を記録し、のディジー・ディーン以来、1シーズン30勝した唯一の投手となった。セントルイス・カージナルスの投手ボブ・ギブソンは、わずか防御率1.12を達成することで同様の偉業を達成した。リーグ全体でも投手全体の平均防御率が1919年以来の2点代となり、アメリカンリーグの平均打率にいたっては.230とMLB至上最低を記録した。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たウォルター・ジョンソン

    からまでの期間は、一般に「デッドボール時代」と呼ばれる。この時代の試合は得点が低い傾向があり、ウォルター・ジョンソン、サイ・ヤング、クリスティ・マシューソン、モーデカイ・ブラウン、グローバー・アレクサンダーなどの投手たちが試合を支配した。その要因はいくつかあるが、ひとつには、この時代に使われていた「デッドボール(飛ばないボール)」と呼ばれた、とても緩みやすく投げるほどに糸がほつれ飛距離が出なくなるボールに原因があった。それに加え、オーナーは3ドル(現在の価値で40ドル程)の新しいボールを購入することを嫌っていたため、ファウルボールもまれだったその当時、ファンはホームランボールでさえ投げ返さなければいけなかった。ボールは柔らかくなるまで、時には革がめくれ上がるまで試合で使い回された。そのため噛みタバコのヤニや、草、泥などで常に汚れていた。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たカール・ヤストレムスキー

    1960年代後半、一旦は打者有利の時代になった野球は再び投手有利の時代になっていた。この時期の1試合あたりの得点は過去最低だった1900年後半の水準まで落ち込んだ。ボストン・レッドソックスのカール・ヤストレムスキーは、にメジャーリーグの歴史の中で最も低い.301の打率でアメリカンリーグの首位打者となった。デトロイト・タイガースのデニー・マクレインは31勝を記録し、のディジー・ディーン以来、1シーズン30勝した唯一の投手となった。セントルイス・カージナルスの投手ボブ・ギブソンは、わずか防御率1.12を達成することで同様の偉業を達成した。リーグ全体でも投手全体の平均防御率が1919年以来の2点代となり、アメリカンリーグの平均打率にいたっては.230とMLB至上最低を記録した。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たミゲル・テハダ

    2007年12月13日にMLBの薬物使用実態調査「ミッチェル報告書」が公表され、現役、引退問わず89名の選手の名前が記載されている。バリー・ボンズ、ロジャー・クレメンス、アンディ・ペティット、ミゲル・テハダ、エリック・ガニエなど大物現役選手や、アレックス・カブレラ、ジェフ・ウィリアムスら日本のプロ野球に在籍経験のある選手も含まれている。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たジョナサン・サンチェス

    強打者が増えてくる中、投手は打者のパワーに対抗するため、様々な球種を開発する必要があった。ジャイロボールのような新しい球種は、力のバランスを守備側に戻すことができた。1950〜60年代のスライダーや1970〜90年代のスプリットフィンガーファストボールなどの球種で野球の試合が変わった。1990年代にはチェンジアップが復活し、トレバー・ホフマン、グレッグ・マダックス、ジェイミー・モイヤー、トム・グラビン、ヨハン・サンタナ、ペドロ・マルティネス、ティム・リンスカムなどの投手によって巧みに投げられた。近年、リンスカム、ジョナサン・サンチェス、ウバルド・ヒメネスなどの投手はスプリットの握りでチェンジアップを投げる、「スプリット・チェンジ」を投げるようになった。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たスタン・ミュージアル

    こうしてルーズベルト大統領の承認を得て、戦時中も試合は継続された。スタン・ミュージアル、テッド・ウィリアムズ、ジョー・ディマジオなどのスターたちのキャリアは中断されたが、チームは引き続きMLBでプレーすることになった。しかし、各球団とも選手の出征が相次いだことによる深刻な選手不足は変わらず、1945年のMLBオールスターゲームは中止となった。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たペドロ・マルティネス

    強打者が増えてくる中、投手は打者のパワーに対抗するため、様々な球種を開発する必要があった。ジャイロボールのような新しい球種は、力のバランスを守備側に戻すことができた。1950〜60年代のスライダーや1970〜90年代のスプリットフィンガーファストボールなどの球種で野球の試合が変わった。1990年代にはチェンジアップが復活し、トレバー・ホフマン、グレッグ・マダックス、ジェイミー・モイヤー、トム・グラビン、ヨハン・サンタナ、ペドロ・マルティネス、ティム・リンスカムなどの投手によって巧みに投げられた。近年、リンスカム、ジョナサン・サンチェス、ウバルド・ヒメネスなどの投手はスプリットの握りでチェンジアップを投げる、「スプリット・チェンジ」を投げるようになった。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たラリー・ドビー

    3か月も経たないうちに、ラリー・ドビーがクリーブランド・インディアンスと契約し、アメリカンリーグも黒人選手を受け入れると、翌年、他の多くの黒人選手がメジャーリーグに入った。サッチェル・ペイジはインディアンスと契約し、ドジャースはスター捕手だったロイ・キャンパネラとドン・ニューカムを追加した。ドン・ニューカムは後にサイ・ヤング賞を受賞した。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

272件中 71 - 80件表示

「メジャーリーグ」のニューストピックワード