前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
80件中 1 - 10件表示
  • ウグイス

    ウグイスから見たメジロメジロ

    詳しくはメジロも参照。ウグイス フレッシュアイペディアより)

  • 愛玩鳥

    愛玩鳥から見たメジロメジロ

    2011年現在は鳥獣保護法で規定されたメジロのみが都道府県知事の許可を受けた場合、1世帯1羽までの捕獲、飼育が認められているが、実際には自然保護の観点から条例でメジロの捕獲、飼育を禁じている自治体も多く、環境省も2012年4月から愛玩目的での国産野鳥の捕獲を全面的に禁止しているが、これまで飼育していたメジロについては今後も飼育が認められている。愛玩鳥 フレッシュアイペディアより)

  • 密猟

    密猟から見たメジロメジロ

    現在の日本で広く行われている密猟としては、メジロなど野鳥のそれが挙げられる。詳しくはメジロの項を参照。密猟 フレッシュアイペディアより)

  • 鶯色

    鶯色から見たメジロメジロ

    後者はウグイスと同じく春先によく見かけられる野鳥のメジロの羽の色との混同が元。春らしい名前と色の組み合わせのため、商品名などで使用されている「鶯をイメージした色」。鶯色 フレッシュアイペディアより)

  • 多摩川

    多摩川から見たメジロメジロ

    反面、都市部の環境にも適応したカルガモやメジロ、シジュウカラ、ハクセキレイなどが近年増加傾向にあり、カワセミも安定して観察される。また冬鳥ではユリカモメやオナガガモなども増加傾向にある。多摩川 フレッシュアイペディアより)

  • オガサワラメジロ

    オガサワラメジロから見たメジロメジロ

    オガサワラメジロ フレッシュアイペディアより)

  • 奥山雨山自然公園

    奥山雨山自然公園から見たメジロメジロ

    現在、自然公園の域内にある土地は以前は、アカマツを主とした松林が多く松茸も採れていたようであるが、昭和期に入り「マツ枯れ」によりアカマツも減少した。その後は、ドングリのなるコナラやウバメガシなどが成長し、ウラジロ、コシダが林床をおおっている。その他、クロマツ、ヒノキ、ヤマザクラも茂っており、その植生は針葉樹:広葉樹=60:40であり、人工林:天然林=10:90である。また鳥類では、地元、熊取町の鳥でもあるメジロをはじめヒヨドリ、ウグイスなども観察することもできる。さらには、絶滅が危惧されているオオワシやフクロウの確認もされるなどしており、貴重な自然が残るエリアでもあることがわかる。奥山雨山自然公園 フレッシュアイペディアより)

  • ガビチョウ

    ガビチョウから見た鳴き合わせメジロ

    中国では非常にポピュラーな飼い鳥で、囀りを楽しむため広く一般的に飼われており、鳴き合わせ会も頻繁に行われる。ガビチョウ フレッシュアイペディアより)

  • チョウセンメジロ

    チョウセンメジロから見たメジロメジロ

    全長約12cmで、スズメよりも小さい。顔、頭部から肩羽、上尾筒にかけての体の上面は黄緑色で目の周りの白いアイリングがあるなど、外見はメジロと似ている。メジロに比べるとアイリングが太く、体長はやや小さめである。また、両脇に栗色の斑があることや、嘴の色が黒いこと、胸の色が白色であることで区別できる。雌雄同色である。チョウセンメジロ フレッシュアイペディアより)

  • ソウシチョウ

    ソウシチョウから見たメジロメジロ

    本種はガビチョウとともに中国では非常にポピュラーな飼い鳥であり、姿が美しく鳴き声もよいため古くから飼われてきた。エサも和鳥では一般的なすり餌はむろんのこと、カナリアやブンチョウでおなじみのまき餌や、メジロによく与える果物の切れ端などもいとわず食べ、しかも丈夫なのでほとんど手間がかからず、他種の小鳥と同居させても争うことがないため非常に飼いやすい。ただし、食い意地の張っている一面があり、他種の小鳥と同居させた場合、その小鳥が巣引きを始めると、卵を襲って食べてしまうことがある。ソウシチョウ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
80件中 1 - 10件表示

「メジロ」のニューストピックワード