前へ 1 2 3 4 5 6 7
64件中 1 - 10件表示
  • ウグイス

    ウグイスから見たメジロメジロ

    詳しくはメジロも参照。ウグイス フレッシュアイペディアより)

  • 愛玩鳥

    愛玩鳥から見たメジロメジロ

    2011年現在は鳥獣保護法で規定されたメジロのみが都道府県知事の許可を受けた場合、1世帯1羽までの捕獲、飼育が認められているが、実際には自然保護の観点から条例でメジロの捕獲、飼育を禁じている自治体も多く、環境省も2012年4月から愛玩目的での国産野鳥の捕獲、飼育を全面的に禁止する予定である。愛玩鳥 フレッシュアイペディアより)

  • 密猟

    密猟から見たメジロメジロ

    現在の日本で広く行われている密猟としては、メジロなど野鳥のそれが挙げられる。詳しくはメジロの項を参照。密猟 フレッシュアイペディアより)

  • 鶯色

    鶯色から見たメジロメジロ

    前者はウグイスの羽に忠実に取材した色であり、英語のオリーヴグリーン(olive-green未成熟のオリーブの果実の色)に近いが、後者はウグイスと同じく春先によく見かけられる野鳥のメジロの羽の色と混同されている。鶯色 フレッシュアイペディアより)

  • 多摩川

    多摩川から見たメジロメジロ

    反面、都市部の環境にも適応したカルガモやメジロ、シジュウカラ、ハクセキレイなどが近年増加傾向にあり、カワセミも安定して観察される。また冬鳥ではユリカモメやオナガガモなども増加傾向にある。多摩川 フレッシュアイペディアより)

  • オガサワラメジロ

    オガサワラメジロから見たメジロメジロ

    オガサワラメジロ フレッシュアイペディアより)

  • 緑ヶ丘霊園

    緑ヶ丘霊園から見たメジロメジロ

    園内は次第に墓地へと姿を変えつつあるが、急傾斜地や隣接する東高根森林公園付近には、かつての多摩丘陵の森を残しており、森林には多くの野鳥が生息する。カラスの姿が特に目立つが、コゲラやメジロ、オナガ、シジュウカラなども頻繁に姿を見せる。緑ヶ丘霊園 フレッシュアイペディアより)

  • 野間半島

    野間半島から見たメジロメジロ

    広義の野間半島はスギやヒノキなどの人工林となっている場所が多い。かつてはクロマツの人工林もみられたが、マツクイムシの被害によって衰退した。山頂付近にはイスノキ、ヤブニッケイ、ヤブツバキなど、標高450メートル付近にスダジイやアカガシなど、海岸付近にサツマノギク、ホソバワダンなどが分布する。東部の赤生木には1926年(大正15年)、日本国の天然記念物に指定されたヘゴ自生地がある。九州の南西端にあたることから多くの渡り鳥がみられ、留鳥としてはメジロ、ヒヨドリが多くみられる。野間半島 フレッシュアイペディアより)

  • 要注意外来生物

    要注意外来生物から見たメジロメジロ

    類型2 - シジュウカラガン大型亜種(オオカナダガンと見られている)、コリンウズラ、クロエリセイタカシギ、シリアカヒヨドリ、外国産メジロ要注意外来生物 フレッシュアイペディアより)

  • 愛玩鳥

    愛玩鳥から見たヒメメジロメジロ

    しかしこの外国産野鳥に関する規定を悪用し、日本に産するのと同種、または外見の類似した別亜種を形だけ輸入して国内で遺棄し、別途違法に捕獲した国産野鳥にそれらの証明を流用して販売する犯罪があとを絶たない。また輸入先国名や種名を偽るなどして、証明書自体を偽造する悪質な例もある。さらには上述したように、特に需要の多いメジロやウグイスに関しては、輸入されるこれらの鳥は近縁だが厳密には別種のチョウセンメジロ、ヒメメジロであったり別亜種のチョウセンウグイスなどであったりするので、日本国内で遺棄されたこれらの個体が国内産種と交雑し、遺伝子汚染が起きる懸念もされている。愛玩鳥 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
64件中 1 - 10件表示