80件中 11 - 20件表示
  • メジロ科

    メジロ科から見たメジロメジロ

    メジロ(目白、)と総称される。ただし狭義には、基底的な側系統のカンムリチメドリ属 () と区別することもある。また最も狭義には、メジロ科の1種をメジロと呼ぶ。メジロ科 フレッシュアイペディアより)

  • マツグミ

    マツグミから見たメジロメジロ

    半寄生植物で、樹木の幹に根を下ろす。宿主になるのは針葉樹で、クロマツ、アカマツ、モミ、ツガ、トガサワラなどが挙げられる。赤い筒状の花はメジロなどの鳥類による花粉媒介が行われるものと考えられ、種子散布も鳥による。マツグミ フレッシュアイペディアより)

  • 東高根森林公園

    東高根森林公園から見たメジロメジロ

    シラカシ林やクヌギ・コナラ林を中心にカラ類やメジロ、コゲラが集まり混群を形成している。湿生植物園にはカルガモが住み、また庭園の池に住むマガモは来園者に親しまれている。東高根森林公園 フレッシュアイペディアより)

  • かすみ網

    かすみ網から見たメジロメジロ

    現在でも観賞用(メジロなど)や食用(ツグミ・スズメなど)といった野鳥の需要は高く、かすみ網を用いた密猟は後を絶たない。特に種類を問わず捕まえてしまうため今日では狩猟行為自体が禁じられているツグミまでもを捕らえてしまう事も在り得る訳だが逆にそれらを目的にした密猟も報告されているなど関係者の意識問題にまで言及される事もあり、登山者やハイカーからの通報を求めるためにも環境省や全国の野鳥団体では様々な啓蒙活動を行い続けている。かすみ網 フレッシュアイペディアより)

  • カワラヒワ

    カワラヒワから見たメジロメジロ

    地鳴きは「キリリ、コロロ」等と聞こえ、メジロの「チリチリ」という鳴き声にも似ているが、本種のほうが声量があり太い鳴き声なので識別できる。さえずりは「チョンチョンジューイン」等と聞こえる。カワラヒワ フレッシュアイペディアより)

  • とっとちゃん

    とっとちゃんから見たメジロメジロ

    とっとちゃんは、佐賀県鳥栖市のマスコット。モチーフは鳥栖市の鳥、メジロとっとちゃん フレッシュアイペディアより)

  • エナガ

    エナガから見たメジロメジロ

    繁殖期は群れの中につがいで小さな縄張りを持つ。非繁殖期も小さな群れをつくるが、シジュウカラ、ヤマガラ、ヒガラ、メジロ、コゲラなどの違う種の小鳥と混群することも多い。エナガはその混群の先導を行う。また、非繁殖期にはねぐらとなる木の枝に並列し、小さなからだを寄せ合って集団で眠る習性がある。街中の街路樹がねぐらとなることもあり、ねぐらとなった街路樹は夕方にはたくさんのエナガの鳴き声でザワザワと騒がしくなり木の下にはフンがたくさん落とされることになる。地鳴きで仲間を確認しながら、群れで雑木林の中を動き回る。エナガ フレッシュアイペディアより)

  • 猛禽ちゃん

    猛禽ちゃんから見たメジロメジロ

    るいの友人。るいが大好きで、視力は低いがるいならば離れた場所からでも見つけることが出来る。授業中はずっと『ベルばら』を読んでいる『ベルばらオタク』。正体はメジロ猛禽ちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 鳥刺し

    鳥刺しから見たメジロメジロ

    鳥刺しは、生業とする者以外にとっては魚釣りと同様に趣味と実益を兼ねたレジャーであった。刺した鳥は食用または観賞用にされ、メジロやウグイスなど声や姿が美しい小鳥は多くの愛好家が存在する。ただし、現在の日本では鳥獣保護法などによってみだりに野鳥を獲ることは禁じられている。鳥刺し フレッシュアイペディアより)

  • 三徳山

    三徳山から見たメジロメジロ

    大型鳥獣は多くない。鳥類では、三徳川・垢離取川ではカワガラス、キセキレイが見られる。林にはカケス、コゲラ、アカゲラ、アオゲラなどが見られる。メジロ、ヤマガラ、シジュウカラ、コガラ、エナガ、ヒガラ、キクイタダキなどは、群れを作って現れることもある。三徳山 フレッシュアイペディアより)

80件中 11 - 20件表示

「メジロ」のニューストピックワード