80件中 21 - 30件表示
  • ベニスズメ

    ベニスズメから見たメジロメジロ

    メジロより一回り小さい。おそらく日本で流通しているフィンチ(洋鳥)のなかで最小と思われる。ベニスズメ フレッシュアイペディアより)

  • ご当地レスラー

    ご当地レスラーから見たメジロメジロ

    メジロー(大分県鳥のメジロご当地レスラー フレッシュアイペディアより)

  • 大滝山 (讃岐山脈)

    大滝山 (讃岐山脈)から見たメジロメジロ

    山頂付近一帯は林野庁の「大滝山自然休養林」や香川県の「大滝大川県立自然公園」に指定された国有林で、ブナ、ケヤキ、ヤマザクラの生える天然林と、1903年ごろに植えられたヒノキの人工林がある。高山植物やメジロ、ホトトギス、オオルリといった鳥類も多い。オオムラサキ、ミドリヒョウモンなど昆虫も豊富である。大滝山 (讃岐山脈) フレッシュアイペディアより)

  • 鳥黐

    鳥黐から見たメジロメジロ

    鳥黐は強力な粘着力があることから、職業として鳥を取る鳥刺しなどによって使用される。食用に鳥を捕獲する場合は黐竿と呼ばれる長い竿の先に鳥黐をぬりつけたものを使い、直接小鳥をくっつける。一方、メジロなど観賞用の鳥は直接くっつけると羽が抜けて外見が悪くなるため、枝などに鳥黐を塗っておいて囮や鳥笛をつかっておびき寄せ、足がくっついて飛べなくなったところを捕らえる。鳥黐 フレッシュアイペディアより)

  • ノウゼンカズラ

    ノウゼンカズラから見たメジロメジロ

    落花すると、蜜がたれ周りを湿らすほど。その蜜にメジロや蜂が集まってくる。その蜜は毒性があるといわれるが、根拠のない俗説・風評である。ノウゼンカズラ フレッシュアイペディアより)

  • 七沢森林公園

    七沢森林公園から見たメジロメジロ

    シジュウカラ、ヤマガラ、メジロ、ウグイスをはじめ様々な野鳥、および猿、鹿など大型の哺乳動物も生息する。また、2002年と2004年には隣接する森の里地区で熊の目撃情報があった1。七沢森林公園 フレッシュアイペディアより)

  • ハマジンチョウ

    ハマジンチョウから見たメジロメジロ

    花期は1-3月で、花は葉のわきに1-3個まとまって開く。直径2-3cmほどで薄紫色、花弁は漏斗状で先端が5裂する。雄蕊4本と雌蕊1本がある。花弁の内側に紫色の小さな斑点が散在する。花にはメジロがやって来る。果実は先が尖った球形で、数個の種子がある。果皮はコルク質で水に浮き易く、海流を介して分布を広げる。ハマジンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • 野間半島

    野間半島から見たメジロメジロ

    広義の野間半島はスギやヒノキなどの人工林となっている場所が多い。かつてはクロマツの人工林もみられたが、マツクイムシの被害によって衰退した。山頂付近にはイスノキ、ヤブニッケイ、ヤブツバキなど、標高450メートル付近にスダジイやアカガシなど、海岸付近にサツマノギク、ホソバワダンなどが分布する。東部の赤生木には1926年(大正15年)、日本国の天然記念物に指定されたヘゴ自生地がある。九州の南西端にあたることから多くの渡り鳥がみられ、留鳥としてはメジロ、ヒヨドリが多くみられる。野間半島 フレッシュアイペディアより)

  • 鳴き合わせ

    鳴き合わせから見たメジロメジロ

    鳴き合わせ フレッシュアイペディアより)

  • ツツドリ

    ツツドリから見たメジロメジロ

    他のカッコウ科の鳥類と同様に自分で卵や雛の世話をせず、森林内で繁殖するウグイス科の鳥類に托卵する。日本では特にセンダイムシクイ への托卵が多い。そのほかに、メボソムシクイ・ヤブサメ・メジロ・キビタキ・オオルリ・サンコウチョウ・ウグイス・ホオアカ・ノジコ・アオジ・モズ・ビンズイに托卵した例が報告されている。ツツドリ フレッシュアイペディアより)

80件中 21 - 30件表示

「メジロ」のニューストピックワード