80件中 31 - 40件表示
  • メジロ

    メジロから見たシチトウメジロメジロ

    嘗ては、小笠原諸島の母島や父島に生息するメジロは、固有亜種の「オガサワラメジロ」とされていた。だが近年、シチトウメジロとイオウジマメジロの交雑個体群であることが判ったため、亜種の位からは除外された。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見たイオウジマメジロメジロ

    嘗ては、小笠原諸島の母島や父島に生息するメジロは、固有亜種の「オガサワラメジロ」とされていた。だが近年、シチトウメジロとイオウジマメジロの交雑個体群であることが判ったため、亜種の位からは除外された。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • 古岩屋

    古岩屋から見たメジロメジロ

    直瀬川の両岸に高さ60mから100mの円錐状の峰が20余り連なっている。結晶片岩を基盤とした第三期の礫岩峰である。水の浸食作用によって岩が剥き出しとなり、無数の穴が空いている。この穴から”古岩屋”と呼称されるようになった。直瀬川の川岸にはサクラやカエデが生え、岩肌にはセッコク・イワヒバなどが自生しており、新緑や紅葉が楽しめる。また、岩肌の穴は外敵を防ぐのに適しているため、ウグイス・シジュウカラ・ヤマガラ・メジロ・キジなど野鳥の巣が多く見られる。岩窟にはコウモリの姿も見られる。古岩屋 フレッシュアイペディアより)

  • 繍眼児

    繍眼児から見たメジロメジロ

    繍眼児 フレッシュアイペディアより)

  • ウダイカンバ

    ウダイカンバから見たメジロメジロ

    ウダイカンバは、材質的に心材(年輪の中心付近)が淡い赤みを帯びた褐色であり、見栄え次第では高額で取引されるなど珍重されてきた。その色合いから家具業界では敢えてサクラと呼ぶこともある。一方、ウダイカンバの中でも褐色の心材の割合が低く白色気味の辺材(樹皮に近い部分)が多い木材は、そのコントラストから鳥類のメジロの名をかけてメジロカンバもしくはメジロカバと呼び分けられ、木目で評価される突板などに使われていたが、一般的なウダイカンバと比較すると安い価格で流通するケースも見られた。しかし21世紀に入り、天然林の伐採量の減少から流通量も減少したこと、風合いも評価されるようになったことから高級材として扱われている。ウダイカンバ フレッシュアイペディアより)

  • 神谷哲史

    神谷哲史から見たメジロメジロ

    メジロ (ver1.1) 2015年「折紙探偵団マガジン153号」に収録神谷哲史 フレッシュアイペディアより)

  • 多度山

    多度山から見たメジロメジロ

    山中にはニホンザルやニホンジカなどが生息している。遊歩道では、シジュウカラ、メジロ、ヤマガラなどの野鳥が見られることがある。多度山 フレッシュアイペディアより)

  • 幸島

    幸島から見たメジロメジロ

    幸島は自然が良好な状態で残されているため、野生動物が数多く棲息する。特に後述する野生猿生息地(天然記念物:幸嶋サル生息地)としてよく知られるが、その他動物ではタヌキ、野ウサギ、コウモリが棲息。鳥類ではウグイス、メジロなどのほか、クロサギ、イソヒヨドリなどの海鳥類も渡来する。幸島 フレッシュアイペディアより)

  • めじろん

    めじろんから見たメジロメジロ

    大分県の県鳥であるメジロがモチーフとなっている。もともとは、2008年に開催されためじろん フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県自然保護センター

    岡山県自然保護センターから見たメジロメジロ

    鳥類 - 夏鳥にキビタキやオオルリなど。留鳥にメジロ、ウグイスなど。冬鳥にジョウビタキ、シロハラ、ルリビタキなどや、“田尻大池”にカルガモ、マガモなど。センター内で繁殖が確認されたものは、カイツブリ、コゲラ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ウグイス、エナガ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロなど。岡山県自然保護センター フレッシュアイペディアより)

80件中 31 - 40件表示

「メジロ」のニューストピックワード