64件中 31 - 40件表示
  • マングローブ

    マングローブから見たメジロメジロ

    また、西表島での調査結果によるとメジロを中心とした鳥類の混群が確認されており、特にメジロはオヒルギの花の蜜を餌としていることも報告されている。マングローブ フレッシュアイペディアより)

  • ガビチョウ

    ガビチョウから見た鳴き合わせメジロ

    中国では非常にポピュラーな飼い鳥で、囀りを楽しむため広く一般的に飼われており、鳴き合わせ会も頻繁に行われる。ガビチョウ フレッシュアイペディアより)

  • チョウセンメジロ

    チョウセンメジロから見たメジロメジロ

    全長約12cmで、スズメよりも小さい。顔、頭部から肩羽、上尾筒にかけての体の上面は黄緑色で目の周りの白いアイリングがあるなど、外見はメジロと似ている。メジロに比べるとアイリングが太く、体長はやや小さめである。また、両脇に栗色の斑があることや、嘴の色が黒いこと、胸の色が白色であることで区別できる。雌雄同色である。チョウセンメジロ フレッシュアイペディアより)

  • カワラヒワ

    カワラヒワから見たメジロメジロ

    地鳴きは「キリリ、コロロ」等と聞こえ、メジロの「チリチリ」という鳴き声にも似ているが、本種のほうが声量があり太い鳴き声なので識別できる。さえずりは「チョンチョンジューイン」等と聞こえる。カワラヒワ フレッシュアイペディアより)

  • ソウシチョウ

    ソウシチョウから見たメジロメジロ

    本種はガビチョウとともに中国では非常にポピュラーな飼い鳥であり、姿が美しく鳴き声もよいため古くから飼われてきた。エサも和鳥では一般的なすり餌はむろんのこと、カナリアやブンチョウでおなじみのまき餌や、メジロによく与える果物の切れ端などもいとわず食べ、しかも丈夫なのでほとんど手間がかからず、他種の小鳥と同居させても争うことがないため非常に飼いやすい。ただし、食い意地の張っている一面があり、他種の小鳥と同居させた場合、その小鳥が巣引きを始めると、卵を襲って食べてしまうことがある。ソウシチョウ フレッシュアイペディアより)

  • ベニスズメ

    ベニスズメから見たメジロメジロ

    メジロより一回り小さい。おそらく日本で流通しているフィンチ(洋鳥)のなかで最小と思われる。ベニスズメ フレッシュアイペディアより)

  • 古岩屋

    古岩屋から見たメジロメジロ

    直瀬川の両岸に高さ60mから100mの円錐状の峰が20余り連なっている。結晶片岩を基盤とした第三期の礫岩峰である。水の浸食作用によって岩が剥き出しとなり、無数の穴が空いている。この穴から”古岩屋”と呼称されるようになった。直瀬川の川岸にはサクラやカエデが生え、岩肌にはセッコク・イワヒバなどが自生しており、新緑や紅葉が楽しめる。また、岩肌の穴は外敵を防ぐのに適しているため、ウグイス・シジュウカラ・ヤマガラ・メジロ・キジなど野鳥の巣が多く見られる。岩窟にはコウモリの姿も見られる。古岩屋 フレッシュアイペディアより)

  • めじろ台駅

    めじろ台駅から見たメジロメジロ

    高尾線開業に合わせて造成された住宅地である「めじろ台」の中心駅として開設したことから、「めじろ台」と名づけられる。なお、建設工事時の駅名仮称は、「八王子台」であった。めじろ台の名称の由来は、野鳥のメジロから、とされている。めじろ台駅 フレッシュアイペディアより)

  • ツツドリ

    ツツドリから見たメジロメジロ

    他のカッコウ科の鳥類と同様に自分で卵や雛の世話をせず、森林内で繁殖するウグイス科の鳥類に托卵する。日本では特にセンダイムシクイ への托卵が多い。そのほかに、メボソムシクイ・ヤブサメ・メジロ・キビタキ・オオルリ・サンコウチョウ・ウグイス・ホオアカ・ノジコ・アオジ・モズ・ビンズイに托卵した例が報告されている。ツツドリ フレッシュアイペディアより)

  • 七沢森林公園

    七沢森林公園から見たメジロメジロ

    シジュウカラ、ヤマガラ、メジロ、ウグイスをはじめ様々な野鳥、および猿、鹿など大型の哺乳動物も生息する。また、2002年と2004年には隣接する森の里地区で熊の目撃情報があった1。七沢森林公園 フレッシュアイペディアより)

64件中 31 - 40件表示