64件中 41 - 50件表示
  • 川内村

    川内村から見たメジロメジロ

    森林ではカケス・ホトトギス・エナガ・ヤマドリ・メジロ・ツツドリ・イカル・ウソ・ウグイス・カワラヒワ・キビタキ・シジュウカラ・タカ・ノスリ・コゲラ・フクロウ・アオバズク・ヒヨドリ、河川や池沼にはアカショウビン・カワセミ・カルガモ・マガモ・オシドリなどの棲息が知られている。川内村 フレッシュアイペディアより)

  • 奥山雨山自然公園

    奥山雨山自然公園から見たメジロメジロ

    現在、自然公園の域内にある土地は以前は、アカマツを主とした松林が多く松茸も採れていたようであるが、昭和期に入り「マツ枯れ」によりアカマツも減少した。その後は、ドングリのなるコナラやウバメガシなどが成長し、ウラジロ、コシダが林床をおおっている。その他、クロマツ、ヒノキ、ヤマザクラも茂っており、その植生は針葉樹:広葉樹=60:40であり、人工林:天然林=10:90である。また鳥類では、地元、熊取町の鳥でもあるメジロをはじめヒヨドリ、ウグイスなども観察することもできる。さらには、絶滅が危惧されているオオワシやフクロウの確認もされるなどしており、貴重な自然が残るエリアでもあることがわかる。奥山雨山自然公園 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の普通切手

    日本の普通切手から見たメジロメジロ

    50円 - メジロ 【第二種(はがき)】日本の普通切手 フレッシュアイペディアより)

  • 大東諸島

    大東諸島から見たダイトウメジロメジロ

    動物 - ダイトウヒラタクワガタ、ダイトウヒメハルゼミ、ダイトウオオコウモリ、ダイトウノスリ、ダイトウカイツブリ、ダイトウコノハズク、ダイトウヒヨドリ、ダイトウメジロ、ダイトウウグイス(絶滅亜種)、ダイトウヤマガラ(絶滅亜種)、ダイトウミソサザイ(絶滅亜種)大東諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 神島 (三重県)

    神島 (三重県)から見たメジロメジロ

    スズメ、ヒヨドリ、メジロ、ハヤブサなどの留鳥がほぼ通年見られる。秋季にはサシバ、ハチクマなどの渡り鳥の移動が観察され、冬季にはヒメウの越冬地となる。神島 (三重県) フレッシュアイペディアより)

  • クモ

    クモから見たメジロメジロ

    直接にクモを攻撃するものではないが、メジロなどの小鳥はクモの網を巣の材料とする。そのためにクモの網に鳥は突っ込み、その体にまとわりついた糸を集め、巣材の苔などをかためるのに用いる。クモの網に引っかかった虫を横取りする昆虫(シリアゲムシなど)も知られる。クモ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見たイオウジマメジロメジロ

    嘗ては、小笠原諸島の母島や父島に生息するメジロは、固有亜種の「オガサワラメジロ」とされていた。だが近年、シチトウメジロとイオウジマメジロの交雑個体群であることが判ったため、亜種の位からは除外された。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見たシチトウメジロメジロ

    嘗ては、小笠原諸島の母島や父島に生息するメジロは、固有亜種の「オガサワラメジロ」とされていた。だが近年、シチトウメジロとイオウジマメジロの交雑個体群であることが判ったため、亜種の位からは除外された。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ科

    メジロ科から見たメジロメジロ

    メジロ(目白、)と総称される。ただし狭義には、基底的な側系統のカンムリチメドリ属 () と区別することもある。また最も狭義には、メジロ科の1種をメジロと呼ぶ。メジロ科 フレッシュアイペディアより)

  • エナガ

    エナガから見たメジロメジロ

    繁殖期は群れの中につがいで小さななわばりを持つ。非繁殖期も小さな群れをつくるが、シジュウカラ、メジロ、コゲラなどの違う種の小鳥と群れをつくることもある。また、非繁殖期にはねぐらをつくって小さなからだを寄せ合って集団で眠る習性がある。街中の街路樹がねぐらとなることもあり、ねぐらとなった街路樹は夕方にはたくさんのエナガの鳴き声でザワザワと騒がしくなり木の下にはフンがたくさん落とされることになる。エナガ フレッシュアイペディアより)

64件中 41 - 50件表示