99件中 21 - 30件表示
  • メジロ

    メジロから見たシチトウメジロ

    嘗ては、小笠原諸島の母島や父島に生息するメジロは、固有亜種の「オガサワラメジロ」とされていた。だが近年、シチトウメジロとイオウジマメジロの交雑個体群であることが判ったため、亜種の位からは除外された。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た南西諸島

    奄美大島以南の南西諸島に分布する。外見の特徴が亜種メジロと亜種ヒメメジロの中間。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た偕楽園

    ファイル:Mejiro20090310.JPG|水戸市の偕楽園で観察されたメジロメジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た砂糖

    メジロは甘い蜜を好み、また里山や市街地でも庭木や街路樹などの花を巡って生活している。そのため昔から人々に親しまれた鳥である。現在も、切った果物や砂糖水などを庭先に吊しておくことでメジロを呼ぶことができ、野鳥観察において馴染み深い鳥の一種である。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た室町時代

    全長約12 cmで、スズメよりも小さい。。翼開長は約18 cm。緑がかった背と暗褐色の羽を持ち、雌雄同色。目の周りの白い輪が特徴であり、名前の由来ともなっている(なおメジロ科に属する鳥は英名でも "White-eye" と呼ばれ、また中国語名では「繡眼鳥」と呼ばれ、やはり名前の由来となっている)。室町時代からメジロの名で知られている。昔は「繡眼児」という漢字が用いられていた。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た日本国有鉄道

    また、そのウグイスとメジロの混同を示すものとして「鶯色」がある。ウグイス色と言った際に、ウグイスの灰褐色(オリーブ色に近い)を想像する人もいれば、メジロの緑色に近い色を想像する人もいる(旧国鉄の黄緑6号など)。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た野鳥

    日本で見られる野鳥の中では、ミソサザイ・キクイタダキに次いで最も小さい部類に入る小鳥である。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た台湾

    東アジア(日本、中国、朝鮮半島、台湾、海南島)から東南アジア(ベトナム、タイ、フィリピン)にかけて分布する留鳥または漂鳥。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見たフィリピン

    東アジア(日本、中国、朝鮮半島、台湾、海南島)から東南アジア(ベトナム、タイ、フィリピン)にかけて分布する留鳥または漂鳥。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た亜種

    以下の亜種に分類されている。メジロ フレッシュアイペディアより)

99件中 21 - 30件表示