101件中 51 - 60件表示
  • メジロ

    メジロから見た果物

    メジロは甘い蜜を好み、また里山や市街地でも庭木や街路樹などの花を巡って生活している。そのため昔から人々に親しまれた鳥である。現在も、切った果物や砂糖水などを庭先に吊しておくことでメジロを呼ぶことができ、野鳥観察において馴染み深い鳥の一種である。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た公園

    日本では冬季の寒冷地を除く全国で、低地から山地にまで広く分布する。市街地の緑地のある公園などでも見られる。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た小笠原諸島

    嘗ては、小笠原諸島の母島や父島に生息するメジロは、固有亜種の「オガサワラメジロ」とされていた。だが近年、シチトウメジロとイオウジマメジロの交雑個体群であることが判ったため、亜種の位からは除外された。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た愛玩鳥

    メジロは良い声で囀るため、古くから和鳥として飼われてきたが、特に江戸時代からメジロを鳴き合わせる(競争)道楽の対象となり現在に至っている。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見たカラ類

    非繁殖期は山地から平地に移動し、群れで行動することが多く、カラ類と混群を形成することも多い。繁殖期は番いで分散し、2羽で鳴き交わしながら花から花へと飛び回る様子がよく観察される。睡眠時は群れ全体でかたまりとなって枝にとまる習性があるため、夕暮れ時になるとかたまりの中心にわれ先に割り込もうとするメジロの姿を観察することができる。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見たホオジロ

    また、同様の密猟事件はウグイスやホオジロなどでも起きている(現在の日本ではウグイスやホオジロなどの捕獲は全面禁止)。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た母島

    嘗ては、小笠原諸島の母島や父島に生息するメジロは、固有亜種の「オガサワラメジロ」とされていた。だが近年、シチトウメジロとイオウジマメジロの交雑個体群であることが判ったため、亜種の位からは除外された。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た受粉

    ファイル:KujiBairin_Mejiro_06p2835hs.jpg|梅などの花の蜜を特に好み、花の受粉を助ける役割も持つメジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た東南アジア

    東アジア(日本、中国、朝鮮半島、台湾、海南島)から東南アジア(ベトナム、タイ、フィリピン)にかけて分布する留鳥または漂鳥。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た壱岐島

    北海道、本州、四国、九州、佐渡、隠岐、対馬、壱岐、五島列島に分布する。韓国南部にも分布する。メジロ フレッシュアイペディアより)

101件中 51 - 60件表示

「メジロ」のニューストピックワード