101件中 71 - 80件表示
  • メジロ

    メジロから見た父島

    嘗ては、小笠原諸島の母島や父島に生息するメジロは、固有亜種の「オガサワラメジロ」とされていた。だが近年、シチトウメジロとイオウジマメジロの交雑個体群であることが判ったため、亜種の位からは除外された。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見たスズメ目

    メジロ(目白・繍眼児、学名 Zosterops japonicus)はスズメ目メジロ科メジロ属の鳥の一種である。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見たベトナム

    東アジア(日本、中国、朝鮮半島、台湾、海南島)から東南アジア(ベトナム、タイ、フィリピン)にかけて分布する留鳥または漂鳥。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た生態系

    こうした事態が野鳥の乱獲による生態系破壊を受け、鳥獣保護法による規制が強化され、現在は都道府県知事の許可を得た場合を除き、メジロの捕獲および飼育が禁止されており、都道府県によっては条例で捕獲および飼育を全面禁止している所もあるが、同法では日本国外で捕らえた野鳥の輸入とその飼育を禁止していないため、中国などから亜種ヒメメジロなどを輸入し、日本国内で密猟したメジロに輸入証明書を付けて販売する悪質な業者と、それを買い求める者が現れて、問題になっている。不要となったヒメメジロは日本国内で放されたり、殺されたりしているといわれ、種の交雑や倫理的な問題も懸念されている。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た大韓民国

    北海道、本州、四国、九州、佐渡、隠岐、対馬、壱岐、五島列島に分布する。韓国南部にも分布する。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た中国語

    全長約12 cmで、スズメよりも小さい。翼開長は約18 cm。緑がかった背と暗褐色の羽を持ち、雌雄同色。目の周りの白い輪が特徴であり、名前の由来ともなっている(なおメジロ科に属する鳥は英名でも "White-eye" と呼ばれ、また中国語名では「繡眼鳥」と呼ばれ、やはり名前の由来となっている)。室町時代からメジロの名で知られている。昔は「繡眼児」という漢字が用いられていた。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た小鳥

    日本で見られる野鳥の中では、ミソサザイ・キクイタダキに次いで最も小さい部類に入る小鳥である。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た漂鳥

    東アジア(日本、中国、朝鮮半島、台湾、海南島)から東南アジア(ベトナム、タイ、フィリピン)にかけて分布する留鳥または漂鳥メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た英語

    全長約12 cmで、スズメよりも小さい。翼開長は約18 cm。緑がかった背と暗褐色の羽を持ち、雌雄同色。目の周りの白い輪が特徴であり、名前の由来ともなっている(なおメジロ科に属する鳥は英名でも "White-eye" と呼ばれ、また中国語名では「繡眼鳥」と呼ばれ、やはり名前の由来となっている)。室町時代からメジロの名で知られている。昔は「繡眼児」という漢字が用いられていた。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た鳥類用語

    非繁殖期は山地から平地に移動し、群れで行動することが多く、カラ類と混群を形成することも多い。繁殖期は番いで分散し、2羽で鳴き交わしながら花から花へと飛び回る様子がよく観察される。睡眠時は群れ全体でかたまりとなって枝にとまる習性があるため、夕暮れ時になるとかたまりの中心にわれ先に割り込もうとするメジロの姿を観察することができる。メジロ フレッシュアイペディアより)

101件中 71 - 80件表示

「メジロ」のニューストピックワード