101件中 81 - 90件表示
  • メジロ

    メジロから見た中国大陸

    東アジア(日本、中国、朝鮮半島、台湾、海南島)から東南アジア(ベトナム、タイ、フィリピン)にかけて分布する留鳥または漂鳥。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た山地

    日本では冬季の寒冷地を除く全国で、低地から山地にまで広く分布する。市街地の緑地のある公園などでも見られる。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た朝鮮半島

    東アジア(日本、中国、朝鮮半島、台湾、海南島)から東南アジア(ベトナム、タイ、フィリピン)にかけて分布する留鳥または漂鳥。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た屋久島

    種子島、屋久島に分布する。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た密猟

    その対策として、日本野鳥の会など野鳥保護団体が設立した全国野鳥密猟対策連絡会(密対連)では、販売店や密猟の実態調査、亜種ヒメメジロ(Zosterops japonicus simplex)との見分け方を示したリーフレットの制作・頒布といった啓蒙活動を行っている。また環境省(制作は山階鳥類研究所)でも同様のパンフレットを用意するなど対策に当たっている。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見たセンチメートル

    全長約12 cmで、スズメよりも小さい。翼開長は約18 cm。緑がかった背と暗褐色の羽を持ち、雌雄同色。目の周りの白い輪が特徴であり、名前の由来ともなっている(なおメジロ科に属する鳥は英名でも "White-eye" と呼ばれ、また中国語名では「繡眼鳥」と呼ばれ、やはり名前の由来となっている)。室町時代からメジロの名で知られている。昔は「繡眼児」という漢字が用いられていた。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た街路樹

    メジロは甘い蜜を好み、また里山や市街地でも庭木や街路樹などの花を巡って生活している。そのため昔から人々に親しまれた鳥である。現在も、切った果物や砂糖水などを庭先に吊しておくことでメジロを呼ぶことができ、野鳥観察において馴染み深い鳥の一種である。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た黄緑6号

    また、そのウグイスとメジロの混同を示すものとして「鶯色」がある。ウグイス色と言った際に、ウグイスの灰褐色(オリーブ色に近い)を想像する人もいれば、メジロの緑色に近い色を想像する人もいる(旧国鉄の黄緑6号など)。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見たハワイ諸島

    なお、それ以外の地域(ハワイ諸島等)で見られるものは、主にペットとして、あるいは害虫駆除のためにつれてこられたものである。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た切手

    和歌山県、大分県の県鳥に指定されている。また 2007年までは50円切手のデザインのモデルになっていたメジロ フレッシュアイペディアより)

101件中 81 - 90件表示

「メジロ」のニューストピックワード