121件中 91 - 100件表示
  • 高血圧

    高血圧から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    高血圧(こうけつあつ、Hypertension)とは、血圧が正常範囲を超えて高く維持されている状態である。高血圧自体の自覚症状は何もないことが多いが、虚血性心疾患、脳卒中、腎不全などの発症リスクとなる点で臨床的な意義は大きい。生活習慣病のひとつであり、肥満、高脂血症、糖尿病との合併は「死の四重奏」「syndrome X」「インスリン抵抗性症候群」などと称されていた。これらは現在メタボリックシンドロームと呼ばれる。高血圧 フレッシュアイペディアより)

  • 病気

    病気から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    戦争による負傷で大量の死者が出ることが続いた20世紀前半には西洋医学が目覚しい進展を見せ、抗生物質やワクチンが開発され生命を脅かす感染症などを激減させることに成功はした。だがその後、疾患の状況はすっかり様変わりし、生活習慣や生活環境に起因した心疾患、脳血管疾患、アレルギー疾患、メタボリックシンドローム、膠原病などの慢性疾患が急増し重大な課題となっている。これらの慢性疾患は西洋医学的な治療法(その多くが対症療法)だけでは限界があり、根本治癒にはどうしても、生活習慣を是正しつつ自己治癒力を高めることが不可欠となるので、心と体を一体としてとらえ全体のバランスとリズムをとりもどし病を癒す、と考え、心身一如の思想に立つ東洋医学の考え方が必須となる。病気 フレッシュアイペディアより)

  • 脂質異常症

    脂質異常症から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    自覚症状はない場合が多いが、血管壁に徐々にコレステロールが蓄積され動脈硬化症が進行することで血液の流れが悪くなる。特に頭蓋内の血管がつまり、脳の一部が死滅する脳梗塞や、心臓の冠動脈の血管が詰まる心筋梗塞になりやすい。高血圧、糖尿病、肥満とともに「死の四重奏」と俗称され、現在はメタボリック症候群といわれる。脂質異常症 フレッシュアイペディアより)

  • 動脈硬化症

    動脈硬化症から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    最近では、動脈硬化症の原因と考えられている脂質異常症や、危険因子がなんらかの基盤で集積した状態であるメタボリックシンドロームについての研究が盛んである。動脈硬化症 フレッシュアイペディアより)

  • ほんとにあった!霊媒先生

    ほんとにあった!霊媒先生から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    この漫画のマスコット的存在。漆黒の毛色と力強い短足を持つメタボ気味な野良猫。黒猫の不吉で悪いイメージを払拭すべく日々努力しているが、結果は常に望んだものと反対を向く。人間に愛されたく、その方法をねこ王に尋ねたいが他の猫の手前、日和って人間嫌いの意見に迎合してしまうことが間々ある。性別は不明。第1巻掲載時2歳。ほんとにあった!霊媒先生 フレッシュアイペディアより)

  • 悪の教典

    悪の教典から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    英語科の教師。無類の甘党で、肥満体型。そのため生徒からは「ヘビー・メタボリック」を略して「ヘビメタ」と呼ばれるが、本人はヘヴィメタルの略称だと思って喜んでいる。無類の音楽好きで蓮実に一貫して好意的。趣味のブログで学校絡みの日記を公開している。悪の教典 フレッシュアイペディアより)

  • リポタンパク質

    リポタンパク質から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    LPLによりVLDLやカイロミクロンが水解され中性脂肪を失う過程のリポタンパク。レムナント(英語でremnant。remainと同系の単語)とも称される。通常は速やかに代謝されるが、インスリン抵抗性を背景としたメタボリックシンドロームの患者ではLPL活性が低下しており、ApoE変異症のIII型高脂血症の患者ではLDL受容体、VLDL受容体、LRP受容体への結合が進まず、レムナントが血中にうっ滞する。リポタンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • エドガー・ケイシー

    エドガー・ケイシーから見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    彼の方法でALS(確認の取れているのは2名)、リウマチ、MS、エイズ、パーキンソン病、がんなど難病を治癒したと宣言する人が出てきている(無論効果がないという方も多数いる)。ケイシーが言ったハーブ、ミネラルを利用しがんなどの手当てをしている健康法に、ホクシー療法がある。このリーディングを参照して体系化された処方をケイシー健康法と呼び、それを応用して治療に当たるクリニックも米国にある(AREクリニック)。なお、これらの宣伝には、日本の医師法、薬事法に抵触するものも含まれており、全てに再現性はなく、リーディング結果に基づいて効くこともある程度に理解しておく必要がある(例えば「がんの治癒」や「育毛効果」は治験等の再現性が確保されていないため、明らかに医師法違反となる。当該処方では疾患の治療を目的とした事業はできないため「ケイシー療法」という表現は国内法違反であり、「ケイシー健康法」のような予防を連想させる用語が本来は正しい)。エドガー・ケイシー フレッシュアイペディアより)

  • ウサギ

    ウサギから見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    実験用の動物として長い歴史を持つ。ウサギの耳は毛細血管を生きたまま観察しやすいため薬品や化粧品の安全性のテストに使用される。また、ウサギの脂質代謝や冠動脈の動脈硬化病変の発生部位や病変、心機能がヒトに類似している(マウスやラットのそれはヒトと異なる)ため、メタボリックシンドローム、高脂血症、動脈硬化などの成人病の解明のためのモデル動物として注目され、現在も改良が続けられている。さらに、糖代謝異常(糖尿病)の研究のため他の成人病との関連から糖代謝異常(糖尿病)などのモデル動物としての改良も進められている。そのほか、動物工場として医療で有用な抗体作成に利用される。ウサギ フレッシュアイペディアより)

  • 門脇孝

    門脇孝から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    糖尿病の研究に携わり、その研究業績は国際的に高い評価を受けている。特に、(1)遺伝子異常による糖尿病の同定、(2)発生工学的手法を用いた2型糖尿病・メタボリックシンドロームの分子機構の解明、(3)PPARγ(ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体γ)の生理的意義の解明と糖尿病治療薬チアゾリジン誘導体の作用機序の解明、(4)アディポネクチンのインスリン感受性亢進作用の発見とアディポネクチン受容体の同定などの重要な成果をあげ、2型糖尿病の成因・病態の解明とその臨床応用に貢献した。門脇孝 フレッシュアイペディアより)

121件中 91 - 100件表示