155件中 91 - 100件表示
  • 船瀬俊介

    船瀬俊介から見たメタボメタボリックシンドローム

    メタボ検診は「病人狩り」であるとし、メタボ検診の基準を作った大阪大学医学部のM教授は、判明するだけで製薬メーカーから8億数千万円受け取っており、癒着の証明だとする。その結果、正常血圧値を180から130にまで下げた。これにより、現在の日本人の70歳以上の半数が高血圧症と診断され2人に1人は降圧剤を処方されている。降圧剤の副作用が認知症、EDの引き金になる。降圧剤治療を受けた人と受けなかった人を比較すると、受けた人が受けなかった人の5倍死んでいると主張。船瀬俊介 フレッシュアイペディアより)

  • 抗老化医学

    抗老化医学から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    老化と体内で起こる糖化が密接な関係にあり、老化現象の顕著な特徴と糖化反応は直結している。コラーゲンの糖化は、肌の張りと弾力性を失わせ、老化した皮膚へと変質させる主な要因である。老人に多い皮膚の変色(老人班)もまた、糖化およびメイラード反応に伴う色素の形成の結果である。糖化された老廃物の蓄積が白内障や動脈硬化の進行(高血圧症)となって表れる。老人が骨折しやすくなるのは、骨密度の低下だけでなく、強度そのものの低下も関係している。骨に含まれるコラーゲンの糖化は、骨の質(骨強度)を劣化させる。アルツハイマー病は脳内のアミノ酸が糖化された結果蓄積されていく老廃物が原因という説も存在する。また体の糖化と糖尿病の合併症やメタボリックシンドロームには深い関係があることが、日本抗加齢医学会、日本メイラード学会、日本統合医療美容学会、日本抗加齢美容医療学会などで報告されている。たとえば、糖尿病患者にみられる褐色斑の色素の形成もまた、メイラード反応の結果であることが示唆されている。パソコンなどのディスプレイのLEDが放つブルーライトのストレスなどによって引き起こされる中心性網膜炎や加齢黄斑変性症(ともに滲出型/青色光網膜傷害参照)は、眼底の栄養不足に伴って形成される新生血管からの血漿の滲出が原因であるが、動脈硬化と同様に、血管壁が糖化して脆くなった結果であることが示唆されている。。抗老化医学 フレッシュアイペディアより)

  • 一無、二少、三多

    一無、二少、三多から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    生活習慣病の予防には健康習慣の実践が重要である。基本的な健康習慣には他にもブレスロー(Breslow Lester)の7つの健康習慣、森本兼曩(もりもとかねひさ)の8つの健康習慣などがあるが、2009年5月に日本内科学会が発行する英文の医学雑誌『Internal Medicine』に掲載されたTakashi Wadaらによる論文は「日本におけるメタボリックシンドロームのリスク軽減には3つのモデルのうち池田義雄の『一無、二少、三多』が最も有用だった」と結論づけている。一無、二少、三多 フレッシュアイペディアより)

  • 健康診断

    健康診断から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    健康診断の究極の目的は、対象者にできるだけ健康で長生きしてもらうことであり、つまりマクロで見れば対象の平均寿命の延長である。病気を早期発見でき早めに対処できるのは無条件に良いことと簡単に考えられがちであるが、実際には以下に挙げる様々な要因のため、健康診断はマクロ的に無効で資源の無駄であるばかりか、健康に逆効果となる可能性すらある。実施主体が多くの金銭的負担を抱えるものである以上、その有効性がコストに見合うだけのものであることは統計的、疫学的に証明されなければならないが、多くの場合はそれらの証明には非常に長い歳月を要するため、不十分なエビデンスや予想によって検診を行わざるを得ないこともある。このような点で論争を生じている代表例としてメタボリックシンドロームも参照。健康診断 フレッシュアイペディアより)

  • キイナ〜不可能犯罪捜査官〜

    キイナ〜不可能犯罪捜査官〜から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    キイナの元カレ。メタボリック体質。性格は温和で、いい人タイプ。実はシングルファザーで、4年前に妻と死別後、3人の子供と暮らしている。子供たちがいることを打ち明けられず、とある事情によってデートに行けなかった事がきっかけで半年前にキイナと別れた。何かとキイナにからむことが多い。キイナ〜不可能犯罪捜査官〜 フレッシュアイペディアより)

  • 国立国際医療研究センター

    国立国際医療研究センターから見たメタボリック・シンドロームメタボリックシンドローム

    1993年10月1日に日本で4番目のナショナルセンターとして開設。日本におけるエイズ治療の研究開発の最先端を担っており、エイズやHIVについての最新情報の発信などを精力的に行っていることで有名である。また、今後は肝炎などの肝疾患に関する研究や、メタボリック・シンドロームなどの内分泌・代謝性疾患の研究に重点を置いた活動が期待されている。国立国際医療研究センター フレッシュアイペディアより)

  • 生活習慣病

    生活習慣病から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    このような疾患と肥満を複合する状態を、医学的にメタボリックシンドロームと総称する。また、がん、脳血管疾患、心臓病の3大死因も生活習慣との関わりが強い。肥満はこれらの疾患になるリスクを上げる。この生活習慣とは、食事の内容、喫煙習慣、運動習慣、飲酒の習慣のことである。生活習慣病 フレッシュアイペディアより)

  • 非アルコール性脂肪性肝炎

    非アルコール性脂肪性肝炎から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    NASHは1998年頃より認識されるようになった病気で、発生原因にアルコールが含まれないアルコール性肝障害に類似した進展を示す症例を指す。発生に至る機序はまだはっきりとはわかっていないが、脂肪肝に加え、肝臓に何らかのストレスがかかることによって発生するのではないかと考えられている。ストレスは具体的には活性酸素による酸化ストレス、過酸化脂質、鉄、インスリン抵抗性、サイトカインの放出などがある。日本では2005年よりメタボリックシンドロームの増加により、NASHへの注目も高まっている。非アルコール性脂肪性肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • ほんとにあった!霊媒先生

    ほんとにあった!霊媒先生から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    この漫画のマスコット的存在。漆黒の毛色と力強い短足を持つメタボ気味な野良猫。黒猫の不吉で悪いイメージを払拭すべく日々努力しているが、結果は常に望んだものと反対を向く。人間に愛されたく、その方法をねこ王に尋ねたいが他の猫の手前、日和って人間嫌いの意見に迎合してしまうことが間々ある。性別は不明。第1巻掲載時2歳。ほんとにあった!霊媒先生 フレッシュアイペディアより)

  • エースコック

    エースコックから見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    1993年(平成5年)にはベトナムに現地法人を設立し、インスタントラーメン「ハオハオ」を発売する。これが瞬く間に大ヒットし、ベトナム一のインスタントラーメン会社としての地位を築いた。その他、近年のメタボリックシンドロームなどに代表される成人病・生活習慣病問題や低カロリー志向の高まりから、2002年(平成14年)に「はるさめヌードル」シリーズを発売(その後、2005年に姉妹商品として「スープはるさめ」シリーズも発売。ちなみに2010年現在、同社の一番の売れ筋商品とされている)。これもドラッグストアなどで安定したベストセラー商品となっている。2007年(平成19年)にはエースコックの3割の利益をベトナムで得ている。2010年(平成22年)のベトナム内でのシェア率は約65%となっており、ベトナム国内で最大手となっている。エースコック フレッシュアイペディアより)

155件中 91 - 100件表示

「メタボ健診」のニューストピックワード