121件中 101 - 110件表示
  • 有田 哲平

    有田哲平から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    人間ドックで脂肪肝が判明し、ウエストの測定結果は97cmという危険な数値(メタボリックシンドロームの基準値は85cm)だった為、2007年の11月から炭水化物を完全に抜き、年内に体重を75kg、ウエストサイズを85cmにまで減らす事を同年放送の『オールナイトニッポン』で宣言した。そして同番組にて年末に体重測定を行った結果、83kgから76kg(脱衣時75kg)にまで減量していたが、約束の体重を1kgオーバーしていた為、上田の取り決めにより番組内で罰ゲームをする羽目になった。翌2008年6月24日の放送で久々に体重測定を行った結果、82kgへと再びリバウンドしてしまった。有田哲平 フレッシュアイペディアより)

  • アサヒビール

    アサヒビールから見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    2009年2月24日発売。「2つのオフ」をキーワードに、メタボリックシンドロームなどに代表される生活習慣病問題を危惧するユーザーを対象にした低カロリー・機能性重視の「麦の新ジャンル」であり、「リキュール(発泡性)?」に分類される。原料の一部に食物繊維と大豆ペプチド、グルタミン由来のアミノ酸などが含まれており、プリン体85%オフと糖質70%オフをそれぞれ実現。そのコンセプト上、同社の発泡酒である「スタイルフリー」の麦の新ジャンル版との見方もある。アルコール度数は3.5%以上4.5%未満となっている。アサヒビール フレッシュアイペディアより)

  • 肝硬変

    肝硬変から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    ウイルス性肝炎(B型肝炎、C型肝炎など)、アルコール性肝障害、原発性胆汁性肝硬変、原発性硬化性胆管炎、ヘモクロマトーシス、自己免疫性肝炎、Wilson病などの慢性肝疾患が原因となり、あるいはこれらの疾患が進行した終末像である。 日本には40万人の肝硬変患者がおり、60%がC型肝硬変、15%がB型肝硬変、12%がアルコール性肝硬変である(新臨床内科学 第8版)。かつては日本でも日本住血吸虫の有病地において、虫卵と栄養不良を原因とする肝硬変もみられた。最近ではメタボリックシンドロームに関連した非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)が原因として注目されている。肝硬変 フレッシュアイペディアより)

  • 缶コーヒー

    缶コーヒーから見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    2000年代中盤頃から、メタボリックシンドロームが話題となるなど健康志向が高まっていることや、エスプレッソなど苦みの強いコーヒーを提供するカフェが普及したことが影響し、糖分の少ないコーヒーが好まれるようになった傾向によって微糖・無糖コーヒーの需要・市場が伸びている。無糖コーヒーはボトル缶使用による利便性の向上や味の向上によって改良された商品が増えてきている。缶コーヒー フレッシュアイペディアより)

  • 見附市

    見附市から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    、以前から高齢化が進んでいるため、2002年より(株)つくばウェルネスリサーチと共同で、有酸素運動と筋力トレーニングを組み合わせたプログラムを開発し、寝たきり予防やメタボリックシンドローム対策の一環として健康運動教室を開くなど、見附市を日本一元気なまちにすることを掲げた「いきいき健康づくり事業」を推進し、市民とくに中高齢者の生活習慣の改善を積極的に行っている。このことは、平成19年版高齢社会白書においても取り上げられている。見附市 フレッシュアイペディアより)

  • 尿酸

    尿酸から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    過剰な尿酸は、血管に炎症をもたらすことが近年の研究で判明しており、高尿酸血症は放置すべきではないとの論調が主流を占めつつある。また高インスリン血症やメタボリックシンドロームは血中尿酸値を上昇させ、悪影響を来すことも研究がすすみつつある。尿酸 フレッシュアイペディアより)

  • 静かなるドン

    静かなるドンから見たメタボリック症候群メタボリックシンドローム

    ジョゼッッペ・メタボーニ(メタボリック症候群静かなるドン フレッシュアイペディアより)

  • スポーツクラブ

    スポーツクラブから見たメタボリック症候群メタボリックシンドローム

    2000年以降は、ダイエットやアンチエイジングに代表される健康ブームの広がりに加え、いわゆるメタボリック症候群への関心も高まり、施設は再び増加傾向にある。小型の施設が増加しているほか、鉄道、流通など異業種からの参入もあり、さらには海外企業も進出してきており、競争は激しくなっている。スポーツクラブ フレッシュアイペディアより)

  • メイラード反応

    メイラード反応から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    老化現象と深い関わりを持つコラーゲンの糖化は、肌の張りと弾力性を失わせ、骨の質(骨強度)を劣化させる。また、糖化された老廃物の蓄積が白内障や動脈硬化の進行(高血圧症)となって表れるなど、老化の顕著な特徴と直結している。アルツハイマー病は脳内のアミノ酸が糖化される現象という説も存在する。また体の糖化と糖尿病の合併症やメタボリックシンドロームには深い関係がある。メイラード反応 フレッシュアイペディアより)

  • 灰原哀

    灰原哀から見たメタボメタボリックシンドローム

    組織から脱出した際に助けてもらった阿笠博士に対し、強い恩義を抱いている。メタボ気味の阿笠博士の健康を気遣い、日頃からヘルシーで低カロリーの食べ物を食べさせている。灰原哀 フレッシュアイペディアより)

121件中 101 - 110件表示

「メタボ健診」のニューストピックワード