155件中 11 - 20件表示
  • 健康運動指導士

    健康運動指導士から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    厚労省が認定する健康増進施設に配置されるほか、生活習慣病予防を中心とした特定健診・特定保健指導(メタボ検診)における運動指導や介護予防、運動と食育を組み合わせたスポーツ栄養などの分野で注目されている。健康運動指導士 フレッシュアイペディアより)

  • 脈診器

    脈診器から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    また、これらの成果を元に、最近では、メタボリックシンドロームの構成要素になる高血圧の予防診断を行う、動脈血圧反射機能診断装置なども開発されつつある。脈診器 フレッシュアイペディアより)

  • ラン・ファットボーイ・ラン 走れメタボ

    ラン・ファットボーイ・ラン 走れメタボから見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    メタボ気味で根性も無いダメ男のデニスが、別れた妻のリビーとよりを戻すためにマラソンに挑戦する。ラン・ファットボーイ・ラン 走れメタボ フレッシュアイペディアより)

  • 性差医療

    性差医療から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    2000年に日本人の成人男女を対象に行った調査では、メタボリックシンドロームの有病率は男性で12.1%、女性で1.7%と開きがあった。また年代別に見ると、男性は30歳代で有病率が上昇し始め、40歳代以降の年代ではほぼ横這いであったのに対し、女性は50歳代から有病率が上昇し始めることが報告された。性差医療 フレッシュアイペディアより)

  • 小倉 義人

    小倉義人から見たメタボリック症候群メタボリックシンドローム

    藤田弓子のメディア宣伝の効果は大きく、もともと若年層中心だったオグラ式が、折からのメタボリックブームの煽りも受けて、一気に中高年層にも広がり、医師をはじめとする多くの医療関係者からも支持されるようになった。小倉義人 フレッシュアイペディアより)

  • 極北クレイマー

    極北クレイマーから見たメタボメタボリックシンドローム

    極北大学医学部第一外科から赴任した8年目の医師。准教授が推進するメタボ関連研究に余計な一言を言ったことで極北市民病院に期間2年で派遣された。役職は外科部長だが、経費削減のため非常勤として扱われている。その後、室町からの一言で「病院環境改善検討委員会」「リスクマネジメント委員会」「医療事故調査委員会」の委員長も兼任するようになる。極北クレイマー フレッシュアイペディアより)

  • ノルディックウォーキング

    ノルディックウォーキングから見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    ノルディックウォーキングの最大利点は、なんといっても年齢性別を問わず気軽に楽しめ、エクササイズの効率が非常に良いことである。一般的な歩行運動と異なり、上半身の筋肉もより積極的に使われて、首や肩の血行も促進され鍛えることができる。全身の約90%の筋肉を使用する有酸素運動を、疲れをあまり感じることなくより長い時間行える。1分間に110歩程度の速度で歩けば、普通のウォーキングに比べてエネルギー消費量が平均20%ほど高くなる。心拍数が1分間に120?150ぐらいの強度の運動が可能である。ウォーキングでは1時間に約280カロリー程度しか消費しないが、1分間に120歩程度のペースで上半身の力を有効に使って歩幅を大きく取って歩けば、約400カロリー程度まで引き上げることが可能となる。そのためレキなどのポールメーカーの説明書には、エネルギー消費量が40%から50%アップするという数値が載っている。メタボリックシンドローム対策として有効である。ノルディックウォーキング フレッシュアイペディアより)

  • 健康づくりのための運動指針2006

    健康づくりのための運動指針2006から見たメタボリック・シンドロームメタボリックシンドローム

    運動量の単位。単位は「Ex」("Exercise"の略語)。メッツで表される強さの運動にその運動を行った時間(単位・時間:hour)を乗じたもの。したがって単位としては"METs・h"と同等となる。たとえば3METsで示された単位の運動を、2時間続けると6Exとなる。厚生労働省では、健康維持と増進のため、23Ex/週(そのうち活発な運動を4Ex)を行うことを推奨している。ただしメタボリック・シンドローム該当者とその予備群に対しては10Ex/週を積極的な運動で行うことを推奨している。健康づくりのための運動指針2006 フレッシュアイペディアより)

  • 心臓足首血管指数

    心臓足首血管指数から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    CAVIは血圧に依存しない方法として、定量化されているので、有用性が高いとされ、心臓移植前後でも安定した評価が可能という報告もあり、注目されている。 メタボリックシンドロームの提案で、予防医学が注目される昨今では、新しい予防医学的指標として注目される。また、最近、脈波伝播速度から血管の血圧反射機能を診断する方法論も提案され、高血圧の診断と利用に有効性が期待されている。メタボリックシンドロームの早期診断や、高血圧の薬剤加療のフォローアップに使える新しい診断法として注目される。心臓足首血管指数 フレッシュアイペディアより)

  • 脂肪組織

    脂肪組織から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    脂肪細胞には、トリグリセリド維持における重要な生理的役割とインスリン耐性と遊離脂肪酸水準を決定する役割がある。 腹部の脂肪(内臓脂肪)では、代謝を抑制するという代謝、すなわちインスリン耐性を皮下脂肪に比して強く誘導する傾向が、近年の内分泌機能の検討により明らかとなりつつある。これは、内臓肥満が耐糖能障害のマーカーであり、心血管疾患の独立した危険因子(糖尿病と高血圧をはじめとして、引き起こされる疾患をメタボリックシンドロームと呼ぶ)であることを示唆する。脂肪組織 フレッシュアイペディアより)

155件中 11 - 20件表示

「メタボ健診」のニューストピックワード