121件中 61 - 70件表示
  • ばらかもん

    ばらかもんから見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    清舟が住む借家の管理人で、集落の代表を務める壮年の男性。ヒロシの父親。眼鏡をかけている。自称メタボ。家では野菜を育てている。噂を広めるのが好き。実は半田清舟の父親とは知り合いである。ばらかもん フレッシュアイペディアより)

  • 岩尾望

    岩尾望から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    頭頂部の毛髪が年々薄くなり、体は肥ってきている。2008年6月放送の『ジャイケルマクソン』における人間ドックの計測では、ウエストが90cmを超えており、軽度ながらメタボリックシンドロームと診断された。薄毛については吉本主催の育毛プロジェクトに参加し丹念なケアを行い回復しつつあるが、それでも「まあまあハゲている」ことをネタにされている。岩尾望 フレッシュアイペディアより)

  • 酒のほそ道

    酒のほそ道から見たメタボメタボリックシンドローム

    中年にさしかかっている薀蓄好きな呑兵衛の営業マン。29歳。酒と名の付くものならば、純米大吟醸から紙パックの安酒までどんなものでも嗜む。辛党であり甘いものとさつま芋が苦手。趣味は俳句と風流人を自負しており、肴は旬のものを好むが、酒のつまみになるものならば、ジャンクフードやコンビニ食品でも押しなべて受け入れる。メタボだが、節酒する気はない。酒のほそ道 フレッシュアイペディアより)

  • 短縮鉄道の夜

    短縮鉄道の夜から見たメタボリック症候群メタボリックシンドローム

    ちなみにこの回で、「メタボ」という問題が出題された際、さんまが正答を言ったにも関わらず、スタッフが誤って誤答にするハプニングが発生。すぐに正解に訂正されたが、このためゲームが一時中断された。これは、スタッフが『メタボリックシンドローム』を模範解答としていたのに対し、さんまは「メタボリック症候群」と回答したからと思われる。後に「メタボ」→『メタボリック(症候群)』で正答扱いとしている。短縮鉄道の夜 フレッシュアイペディアより)

  • 短縮鉄道の夜

    短縮鉄道の夜から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    ちなみにこの回で、「メタボ」という問題が出題された際、さんまが正答を言ったにも関わらず、スタッフが誤って誤答にするハプニングが発生。すぐに正解に訂正されたが、このためゲームが一時中断された。これは、スタッフが『メタボリックシンドローム』を模範解答としていたのに対し、さんまは「メタボリック症候群」と回答したからと思われる。後に「メタボ」→『メタボリック(症候群)』で正答扱いとしている。短縮鉄道の夜 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本

    2008年の日本から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    メタボリックシンドローム予防を目的とする「特定健診・特定保健指導」を義務化・開始。2008年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁ひとり旅

    駅弁ひとり旅から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    主人公。 東京都内の京王電鉄笹塚駅近く(駅南口の笹塚観音商店街内)で駅弁をモチーフにした持ち帰り弁当を調製・販売する弁当店「大ちゃん」を経営する男性。笹塚で育ち、料理学校に通ったのち、弁当屋を開いた。作中初期では35歳。太った体型とひげ面から「ヒグマ」に例えられたこともある。少年の頃から鉄道を趣味としてきたため、鉄道全般に詳しく、旅先では鉄道の薀蓄を常に披露している。路線開通時のエピソードが苛酷であったりする路線や、経営が苦しい地方の小さな私鉄、国鉄民営化など廃線の危機に伴って発足したような第三セクター鉄道などには特に思い入れが強い。また鉄道に限らず、様々な分野の薀蓄も知っている。 弁当を食べるときは常に講釈を行い、一品ごとに愛情に満ちた感想を語る。食材の好き嫌いはほどんとない。よって、弁当に対する批判はほとんど無い。 一日何度も駅弁を食べるような大食漢のため、メタボリックシンドロームの傾向があり、走る、歩くなどは苦手。作中のエピソードにより、高所恐怖症で、高い橋梁やケーブルカー、展望台などから下をのぞいたりすることが苦手であり、幽霊やオカルトの類も苦手であるとされている。駅弁ひとり旅 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木 大地

    鈴木大地から見たメタボリック症候群メタボリックシンドローム

    最近は話題のメタボリック症候群と運動習慣に関する研究論文を発表しているほか、ベリーダンスと女性の健康など運動と健康に関する調査研究を行っている。鈴木大地 フレッシュアイペディアより)

  • 名鉄百貨店

    名鉄百貨店から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    2011年(平成23年)6月1日から7日まで、愛知県の特定検診 啓発キャンペーンとして、キャンペーン中メタボリックシンドロームの体形、ウエスト180cmから285cmに変更。名鉄百貨店 フレッシュアイペディアより)

  • エースコック

    エースコックから見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    1993年(平成5年)にはベトナムに現地法人を設立し、インスタントラーメン「ハオハオ」を発売する。これが瞬く間に大ヒットし、ベトナム一のインスタントラーメン会社としての地位を築いた。その他、近年のメタボリックシンドロームなどに代表される成人病・生活習慣病問題や低カロリー志向の高まりから、2002年(平成14年)に「はるさめヌードル」シリーズを発売(その後、2005年に姉妹商品として「スープはるさめ」シリーズも発売。ちなみに2010年現在、同社の一番の売れ筋商品とされている)。これもドラッグストアなどで安定したベストセラー商品となっている。2007年(平成19年)にはエースコックの3割の利益をベトナムで得ている。2010年(平成22年)のベトナム内でのシェア率は約65%となっており、ベトナム国内で最大手となっている。エースコック フレッシュアイペディアより)

121件中 61 - 70件表示

「メタボ健診」のニューストピックワード