155件中 71 - 80件表示
  • シナノ (スポーツ用品メーカー)

    シナノ (スポーツ用品メーカー)から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    ウォーキング(ノルディックウォーキング)専用ポール、商標はRevita(レビータ)。Re(復活) + Vita(生命・生き生きとした)を合わせている。整形外科の医師や信州大学の協力のもと開発された。両手にポールを持ってウォーキングすることで身体の左右のバランスが取れ、正しい姿勢で歩行できる。運動効果が高まることからメタボリックシンドロームやロコモティブ症候群の予防・改善のほか、転倒防止効果があるため歩行障害等のリハビリテーションにも使われ、各地の自治体で講習会も行われている。シナノ (スポーツ用品メーカー) フレッシュアイペディアより)

  • フィットネスクラブ

    フィットネスクラブから見たメタボリック症候群メタボリックシンドローム

    2000年以降は、ダイエットやアンチエイジングに代表される健康ブームの広がりに加え、いわゆるメタボリック症候群への関心も高まり、施設は再び増加傾向にある。小型の施設が増加しているほか、鉄道、流通など異業種からの参入もあり、さらには海外企業も進出してきており、競争は激しくなっている。フィットネスクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 中性脂肪

    中性脂肪から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    現在世界の高脂血症治療の最先端・最高峰を示すATP-IIIというステートメントでは中性脂肪も補正すべき物質へと戻った。特にメタボリックシンドロームの診断基準に取り入れられ注目されている。中性脂肪 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本ですが?

    坂本ですが?から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    1年2組のクラスメイト。外見はそれなりに良いがナルシストでオシャレに目がなく、ファッション雑誌に読者モデルとして載ることがある。ナルシスト故にそれを自慢しクラスの女子をウンザリさせている。お調子者でプライドを持ってはいるが薄っぺらく、少しの恐怖でそれは容易く崩れ去ってしまう性格。いつも注目を集める人気者の坂本をライバル視しているが、彼の完全無欠のポテンシャルを前にそのプライドはずたずたにされる。しかし坂本に窮地を救われ、またその美しく戦う姿に見とれてしまい、後に「オモシロキャラ」として自分の人気の活路を見出した。特に体育祭では坂本に恥をかかせる為クラスの男子達と様々な妨害を仕掛けるも、それが仇となりクラス対抗リレーでバトンを口に咥えた坂本からのバトンタッチが唾液で滑り落としてしまうという形でとばっちりが八木に及んでしまい、恥をかいた彼女への償いとして自ら脱衣し全裸で走ると言う捨て身の行動で憎まれ役を演じ、彼女への罵詈雑言を全て自分に向かせた。その様を坂本は「メタボリックな勇者」と賞賛した。話が進むにつれ腹の出っ張りが存在感を増してくる。坂本ですが? フレッシュアイペディアより)

  • 高杉年雄

    高杉年雄から見た代謝症候群メタボリックシンドローム

    消化器系、糖尿病・代謝症候群・痛風・黄疸などの代謝病研究の権威。特に肝臓ガンの研究で大きな功績を残す。高杉年雄 フレッシュアイペディアより)

  • 亜鉛欠乏症

    亜鉛欠乏症から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    Capdorらは、14報3,978例のメタ解析を行い、亜鉛補充療法は、血清インスリン濃度に有意な効果を認めなかったが、空腹時血糖値は有意に減少し(-0.19±0.08 mmol/L、p=0.013)、HbA1cは減少傾向(-0.64±0.36%、p=0.072)であったと報告している。また、慢性代謝疾患(1型・2型糖尿病、メタボリック症候群、肥満)の分析では、亜鉛補充療法はより大きな血糖値の減少をもたらし(-0.49±0.11 mmol/L、p=0.001)、慢性代謝性疾患患者における高血糖の管理に亜鉛は寄与するものと思われると報告している。亜鉛欠乏症 フレッシュアイペディアより)

  • 江部康二

    江部康二から見たメタボリック症候群メタボリックシンドローム

    スーパー糖質制限食 一日の食事全てを糖質制限食とする方法。糖質制限食の効果が最も大きくなる。効果は最も早く、糖尿病や肥満、メタボリック症候群を速やかに解消されるとされる。江部康二 フレッシュアイペディアより)

  • 糖尿病の検査

    糖尿病の検査から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    意外だがインスリン抵抗性の指標である。1型糖尿病では極めて少ないか、検出できないこともある。2型糖尿病初期には通常、高すぎる血糖を下げるため高値である。近年では、メタボリックシンドロームと関連しても注目されている(診断基準には含まれていない)。早朝空腹時の血中インスリン濃度が15μU/ml以上であった場合は明らかなインスリン抵抗性が考えられる。インスリン分泌能をみるにはインスリン分泌指数を計算する。その際に血中インスリン濃度は必要であることから分泌能検査ともいえるが単独では抵抗性の指標となる。糖尿病の検査 フレッシュアイペディアより)

  • アルバトロス・デンカ

    アルバトロス・デンカから見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    自他共に認める「日本一のメタボリックマジシャン」。アルバトロス・デンカ フレッシュアイペディアより)

  • 高尿酸血症

    高尿酸血症から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    血清尿酸値の上昇に伴ってメタボリックシンドロームの頻度は増加する。痛風患者はメタボリックシンドロームの各構成要素を高頻度に有し、メタボリックシンドロームに該当する場合が多い。高尿酸血症はメタボリックシンドロームの診断基準に含まれていないが、メタボリックシンドロームの周辺症状であることが示唆されている。高尿酸血症 フレッシュアイペディアより)

155件中 71 - 80件表示

「メタボ健診」のニューストピックワード