155件中 81 - 90件表示
  • 便微生物移植

    便微生物移植から見たメタボリック症候群メタボリックシンドローム

    腸内細菌は、糖尿病、アレルギー、肥満、メタボリック症候群、糖尿病などに影響していることが報告されている。薬物治療が効果がない場合、こうした患者に健康な他人の便を移植することで、腸内細菌のバランスが正常化し、症状が改善する可能性があると考えたことから便微生物移植による治療検討が始まった。便微生物移植 フレッシュアイペディアより)

  • 脂肪吸引

    脂肪吸引から見たメタボリック症候群メタボリックシンドローム

    脂肪吸引はそれによる体重減少や脂肪細胞数の減少に拘わらず、メタボリック症候群の改善をなんらもたらさないことが知られており、肥満による医学的問題の解決にはならない(その意義は純粋に美容目的に限られる)。また、皮下脂肪細胞を除去することによって、余剰摂取カロリーが脂肪として蓄積される先が、脂肪細胞が除去されていない部位の皮下脂肪・内臓脂肪・異所性脂肪に転移することに伴う問題が生じうる。脂肪吸引 フレッシュアイペディアより)

  • 肝硬変

    肝硬変から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    ウイルス性肝炎(B型肝炎、C型肝炎など)、アルコール性肝疾患、原発性胆汁性胆管炎、原発性硬化性胆管炎、ヘモクロマトーシス、自己免疫性肝炎、肝レンズ核変性症(Wilson病)などの慢性肝疾患が原因となり、あるいはこれらの疾患が進行した終末像である。日本には40万人の肝硬変患者がおり、60%がC型肝硬変、15%がB型肝硬変、12%がアルコール性肝硬変である(新臨床内科学 第8版)。かつては日本でも日本住血吸虫の有病地において、虫卵と栄養不良を原因とする肝硬変もみられた。最近ではメタボリックシンドロームに関連した非アルコール性脂肪性肝炎 (NASH) が原因として注目されている。肝硬変 フレッシュアイペディアより)

  • 石原慎一

    石原慎一から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    メタボリック症候群予防キャンペーンソング」(農林水産省)石原慎一 フレッシュアイペディアより)

  • 高齢者の医療の確保に関する法律

    高齢者の医療の確保に関する法律から見たメタボリック症候群メタボリックシンドローム

    さらに、新たに40歳以上の者を対象としたメタボリック症候群に対応するため、健康保険を運営する健康保険組合や全国健康保険協会(協会けんぽ)、国民健康保険を運営する市町村(市町村国保)や国民健康保険組合等の各保険者が特定健診・特定保健指導を実施する制度に移行した。高齢者の医療の確保に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 尿路結石

    尿路結石から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    様々な要因は明確にはなっていないが、発症は動脈硬化と類似し、メタボリックシンドロームの病態のひとつだと考えられるようになってきており予防法に共通点も多い。体外衝撃波結石破砕術の登場により尿路結石の治療は変化し、患者の負担は少なくなった。しかし、再発予防は重要で、水分を多くとる、肥満防止、食生活改善が基本である。脂肪、動物性たんぱく質、茶、紅茶、アルコールを特にビールを減らし、ホウレンソウなどシュウ酸の豊富な野菜に気を付け、カルシウムは多すぎも少なすぎもせずといったことである。尿路結石 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邊昌

    渡邊昌から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    平城生まれ、戦後名古屋に引き揚げ、大学卒業後は病理学を専攻、アメリカ国立がん研究所 (UICC) へ留学、帰国後国立がんセンター研究所にて血液病理を専攻、同研究所の疫学部長を継ぎ、全国にまたがる厚生省多目的コホート(JHPCコホート)を建設、がん、循環器疾患予防の研究に携わる。また、情報処理委員長としてがんセンターのコンピュータ化を実行。50歳にしてメタボリックシンドロームから糖尿病になり、薬なしで食事と運動でコントロールし、食事の重要性を体感して東京農業大学農学部教授として栄養学の研究を始める。特にイソフラボンなどフィトケミカルの研究に造詣が深くFFFデータベースを作成して公開。糖尿病一時予防の司令塔を期待され、国立健康・栄養研究所理事長になり、内部の機構改革で活性化を達成。食事と運動による健康長寿を目指す研究を国立健康・栄養研究所時代から精力的に行う。肥満対策に役立つように、成人から高齢者まで男女とも1日の適正エネルギー摂取の目安として体重×0.4単位(1単位=80kcal)の式でコントロールするテーラーメイドヌトリションを提唱している。渡邊昌 フレッシュアイペディアより)

  • 日本型食生活

    日本型食生活から見たメタボリックシンドロームメタボリックシンドローム

    その後、昭和40年代(1965年-1974年)初頭になって、ようやく米の自給が達成され名実ともに日本人の主食になった。この頃の日本人の食生活は、フランスの農学者、ジョセフ・クラッツマンをして、タンパク質・脂質・炭水化物のカロリー比率が理想的と言わしめたものであり、このバランスのとれた食生活のおかげで日本人の健康は目を見張る改善を実現し、平均寿命が世界トップクラスになった。また、医療費の増大に困っていたアメリカが、マクガバンレポートで、肉・乳製品・卵といった動物性食品を減らし、精白していない穀物や野菜、果物を多く摂るように勧告したその利用的な食事バランスは、当時の日本人の食生活が達成していた。しかし、日本でも欧米風や中華風のおかずの多い食生活が普及するにしたがい、米の消費量が減少する一方で脂質の消費が増加して、メタボリックシンドロームなど生活習慣病の増加の兆候がみられるようになっていた。日本型食生活 フレッシュアイペディアより)

  • ポテトチップス

    ポテトチップスから見たメタボリック症候群メタボリックシンドローム

    油で揚げたポテトチップスはスナック菓子の中でも高カロリーであり、肥満やメタボリック症候群、それに伴う疾患の要因になりうる。また調味料の塩分も多い。揚げる油の種類によってはトランス脂肪酸などの有害物質を過剰摂取する危険性がある。ポテトチップス フレッシュアイペディアより)

  • 富山市ファミリーパーク

    富山市ファミリーパークから見たメタボメタボリックシンドローム

    動物園のマスコットキャラクターは「里ノ助」(さとのすけ)という「オスのメタボのタヌキの着ぐるみ」であり、2006年5月5日に産まれ、里山に住んでおり、富山の自然で遊ぶことが好きと説明されている。富山市ファミリーパーク フレッシュアイペディアより)

155件中 81 - 90件表示

「メタボ健診」のニューストピックワード