メタンハイドレート ニュース&Wiki etc.

メタンハイドレート()とは、低温かつ高圧の条件下でメタン分子が水分子に囲まれた、網状の結晶構造をもつ包接水和物の固体である。およその比重は0.9 g/cmであり、堆積物に固着して海底に大量に埋蔵されている。メタンは、石油や石炭に比べ燃焼時の二酸化炭素排出量がおよそ半分であるため、地球温暖化対策としても有効な新エネルギー源… (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「メタンハイドレート」のつながり調べ

  • 千葉石

    千葉石から見たメタンハイドレート

    結晶構造はハイドレートII型である。ちょうど、メタンハイドレートII型の水分子を二酸化ケイ素に置き換えた構造に相当する。ちなみに、ハイドレートI型はである。千葉石とメラノフロジャイトは、鉱物ではこれだけしかないガスハイドレート鉱物である。(千葉石 フレッシュアイペディアより)

  • 資源

    資源から見たメタンハイドレート

    地球の表面積の70.8%は海であり、その海底には石油・天然ガス・メタンハイドレート・マンガン団塊などの資源が眠っている。これらを海底資源という。これまではその水圧などもあって利用が困難であったが、技術の発達により海底に眠る資源を開発する動きがでている。しかし、公海に眠る資源についてそれが誰のものか、という問題や、どの国の排他的経済水域(EEZ)であるか、どの国が島を領有するかなどの領土問題を抱える地域も多く、しばしば国際的な対立ともなる(尖閣諸島や南沙諸島(スプラトリー諸島)を巡る対立など)。(資源 フレッシュアイペディアより)

「メタンハイドレート」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「メタンハイドレート」のニューストピックワード