前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
94件中 1 - 10件表示
  • 化石燃料

    化石燃料から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    現在使われている主なものに、石炭、石油、天然ガスなどがある。また近年はメタンハイドレートや、シェールガスなどの利用も検討され始めている。化石燃料 フレッシュアイペディアより)

  • メタン

    メタンから見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    メタンは、油田やガス田から採掘されエネルギー源として有用な天然ガスの主成分である。20世紀末以降の代替エネルギーとしてバイオガスやメタンハイドレートが新エネルギーとして注目されている。メタン フレッシュアイペディアより)

  • ガリレイドンナ

    ガリレイドンナから見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    5人は夏至生の自宅へ一度戻るが、ガリレオの遺産を狙うシシーニョが率いる空賊ブラック・ガニメデ団に襲撃され、窮地に立たされる。しかし、星月は密かに建造していた金魚型の飛行艇「ガリレオ号」を起動させ、ブラック・ガニメデ団を迎撃する。その後、ガリレオマニアのアンナ・ヘンドリックスに助けられた星月を除き、4人はロベルト・マテラッツィらアドニムーン・カンパニーの息がかかった警察に監禁される。一同はガリレオの遺産の在り処を聞き出そうとするが、4人は誰も覚えがない。シルヴィアがアドニムーン社長のフランチェスコ・マテラッツィのところへ連行されていく一方、星月はパワードスーツで警察署を強襲し、葉月、神月、夏至生を救出する。夏至生が囮として残る中、三姉妹とアンナはガリレオ号で脱出するが、メタンハイドレート集積所を襲ったという濡れ衣を着せられ、三姉妹は国際指名手配犯となってしまう。ガリレイドンナ フレッシュアイペディアより)

  • 地球史年表

    地球史年表から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    地球史の中で何度か生じた生物の大量絶滅の中で最大とされる。海生生物のうちの95 - 96%、全ての生物種で見ても90% - 95%が絶滅したとされる。 → P-T境界、メタンハイドレートが大量に気化し酸素濃度が著しく低下地球史年表 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化の原因

    地球温暖化の原因から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    地球上に排出または発生するメタンガスは、野牛や家畜の牛・羊などによる呼吸だけで25%を超え、他に肥料、天然ガスや水田、ゴミの埋め立て、化石燃料の燃焼などで年に2億5千万トンが放出されている。2006年のFAOの報告では、メタンガスの37%が畜産から発生しており、主に反芻動物の消化器官から発生している。そのため現在、家畜においては、バイオテクノロジーによる飼料の開発が進められている。海底から噴出するメタンに限定するなら、単体のメタン同様、近年、海底内に大量に存在することが発見されたメタンハイドレートによる影響も、(発見されて間もないために調査不足ながら、)少なからずあるとの主張も出てきている(構造や生成原因などについては、メタンハイドレート参照)。深海部の平均水温が2-3℃上昇すると、海水に接しているメタンハイドレートが一気にメタンガスに変わり、メタンハイドレートの160倍以上のメタンとなるとされる。さらに、海底部の水温が上昇する環境下では、海水全体の温度が上昇し、二酸化炭素同様、メタンが水中に溶けきれず、空中に放出されてしまう。メタン単体は温暖化係数(電磁波の吸収率)が高く、温暖化現象を促進する。また、それがさらに海水温を上昇させ、ハイドレート融解に影響するといった形で、悪循環(正のフィードバック)にもつながるとされる。地球温暖化の原因 フレッシュアイペディアより)

  • 天然ガス

    天然ガスから見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    日本の東部南海トラフにはメタンハイドレートが約40兆立方フィートあると推定されている。深海底に存在するメタンハイドレートは、採掘技術が確立されていないため2008年現時点では未利用資源に留まる。このため、今日の日本では原油同様に可採埋蔵量としてはごく限られているのが実情である。天然ガス フレッシュアイペディアより)

  • アルコール燃料

    アルコール燃料から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    近年の原油価格の急激な上昇によって代替エネルギーの導入が急務になっているが、コスト競争力でもっとも優れているのは、CNG(圧縮天然ガス)とメタノールであるといわれる。石油は中東地区に偏在しているが、天然ガスはシベリアに(中東の石油埋蔵量全体に匹敵するほど)膨大な埋蔵量があり、また世界各地に膨大な量のメタンハイドレートが存在するため、OPECの価格支配力を弱めるためにも、メタノールやCNGの自動車燃料への導入の必要性は高い。コスト競争力の面では廃糖蜜利用など廃品利用の製造工程でない限り醸造エタノールはメタノールより高価につくために、現時点でエタノールを推進すれば価格差分は国家が補助金/減税で負担せねばならなくなり財政赤字に悪影響を及ぼすという意見もある。アルコール燃料 フレッシュアイペディアより)

  • P-T境界

    P-T境界から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    大規模な火山活動で排出された二酸化炭素による温暖化、それに伴うメタンハイドレートの溶解により温暖化が加速され、さらに多くのメタンハイドレートの溶解P-T境界 フレッシュアイペディアより)

  • 海底地すべり

    海底地すべりから見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    地震、メタンハイドレートをはじめとする土中の溶存ガスの崩壊、波浪、潮汐変化、堆積土の自重などが起因となる。海底地すべり フレッシュアイペディアより)

  • メタンハイドレード

    メタンハイドレードから見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    メタンハイドレード フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
94件中 1 - 10件表示

「メタンハイドレート」のニューストピックワード