94件中 11 - 20件表示
  • 燃える氷

    燃える氷から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    燃える氷 フレッシュアイペディアより)

  • 可燃氷

    可燃氷から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    可燃氷 フレッシュアイペディアより)

  • テクノバ

    テクノバから見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    「エネルギー・環境」、「交通」、「先進技術・その他」の3つを事業分野として掲げている。エネルギー・環境分野では、化石系エネルギーおよび再生可能エネルギー全般のほか、常温核融合技術、水素利用技術、超伝導応用技術、メタンハイドレートなどについての調査・研究実績がある。交通分野では、給電・充電システム、燃料電池、自動車用レアメタル資源のほか、超伝導応用や高度道路交通システムを用いた新交通システムに関する調査・研究を行っている。その他先進技術分野として、テラヘルツ波応用技術や植物工場に関する調査研究を行っているほか、地域活性やエネルギー政策のプロモーション、学会や国際会議の運営支援などを行っている。2012年には、水素を利用した再生可能エネルギー需給システムの調査・研究・普及を目的としたHyGrid研究会を設立した。テクノバ フレッシュアイペディアより)

  • オレオモナス・サガラネンシス

    オレオモナス・サガラネンシスから見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    1993年、京都大学大学院の今中忠行(現在:立命館大学生命科学部)らは、相良油田から採取・単離した菌株「HD-1株」が通常状態では石油を分解する能力を持ちながら、石油も酸素もない環境におかれると細胞内に逆に原油を作り出すことを発見、新属新種であるとして2002年に命名・報告した。今中らは本種がメタンハイドレートに関係しているとも指摘した。オレオモナス・サガラネンシス フレッシュアイペディアより)

  • クラスレート

    クラスレートから見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    クラスレート(Clathrate)とは、結晶格子によって作られた空間の中に小さな分子が取り込まれ、共有結合によらずして安定な物質として存在しているものをいう。包摂化合物(ほうせつかごうぶつ:包接、抱摂などの表記もある)ともいう。例としては、メタンハイドレート(水分子の間にメタン分子が取り込まれた固体)などがある。天然ガスハイドレート中の水分子を、ケイ素と酸素で置き換えた構造に相当する鉱物(千葉石)も確認されている。クラスレート フレッシュアイペディアより)

  • 海研5号

    海研5号から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    海洋学・海洋生物学など海洋環境に関わる科学研究全般とともに、メタンハイドレートなどの資源探査や、海上風力発電建設の事前調査などエネルギー政策に関わる任務も担当した。海研5号 フレッシュアイペディアより)

  • 包接水和物

    包接水和物から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    水・ガス・低温・高圧の四つの条件がそろうと生成する。メタンや二酸化炭素、塩素などの気体分子を取り込んだものをガスハイドレートと呼び、特にメタンハイドレートはよく知られる。包接水和物 フレッシュアイペディアより)

  • 囲い堰

    囲い堰から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    2010年メキシコ湾原油流出事故において、石油流出を止めるために下部が開放された構造の100 トンのケーソンを深さ1 マイル以上の海底に沈めたが、これも囲い堰と呼ばれていた。メタンが冷たい海水でメタンハイドレートを形成して原油の吸入口を塞いでしまったため、この作戦は失敗に終わった。囲い堰 フレッシュアイペディアより)

  • 深海のYrr

    深海のYrrから見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    ノルウェー海で発見された無数のゴカイが、海底でメタンハイドレートの層を掘り続けていることが海洋生物学者のヨハンソンより判明した。カナダ西岸ではクジラ等の群れが船を襲い、クジラの研究者のアナワクが調査を始めた。同じころ、世界各地でも猛毒のクラゲやバクテリア(フィエステリア)が潜むロブスターが猛威をふるった。深海のYrr フレッシュアイペディアより)

  • 裏マルハーゲ帝国

    裏マルハーゲ帝国から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    名前の由来はメタンハイドレートから。裏マルハーゲ帝国 フレッシュアイペディアより)

94件中 11 - 20件表示

「メタンハイドレート」のニューストピックワード