73件中 11 - 20件表示
  • マリオン・デュフレーヌ (海洋調査船・2代)

    マリオン・デュフレーヌ (海洋調査船・2代)から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    年間の三分の二は海洋に関する科学的研究に従事する。航走しつつ海底の詳細な地形図を作成可能なマルチビームソナーを装備し、コア採取装置Calypsoは海底の土壌を60m掘り下げてサンプリング可能。船内には長尺の底質サンプルを扱える研究室(床面積650平方m)を備えるほか、科学者などを収容可能な59の船室を持つ。海底堆積物の高いサンプリング能力と多くの研究者を収容する能力を活用し、1995年の建造以来、長期的な海洋環境の変化を研究する国際共同観測プログラムであるIMAGES(International Marine Global Change Study)の中心機材として活動している。その他の国際共同研究や国外研究機関による傭船も行われており、2010年6月には東京大学による日本海のメタンハイドレート調査にも使用された。マリオン・デュフレーヌ (海洋調査船・2代) フレッシュアイペディアより)

  • 斜面崩壊

    斜面崩壊から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    海底斜面崩壊が生じたときに最も問題となるのは、海底に存在する電気、通信などのライフラインを引きちぎってしまうことと、海底油田、天然ガス、メタンハイドレートなどの海底資源を埋没させてしまうことである。斜面崩壊 フレッシュアイペディアより)

  • 二酸化炭素25%削減

    二酸化炭素25%削減から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    ただし日本近海には大量のメタンハイドレートが眠っている二酸化炭素25%削減 フレッシュアイペディアより)

  • 囲い堰

    囲い堰から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    2010年メキシコ湾原油流出事故において、石油流出を止めるために下部が開放された構造の100 トンのケーソンを深さ1 マイル以上の海底に沈めたが、これも囲い堰と呼ばれていた。メタンが冷たい海水でメタンハイドレートを形成して原油の吸入口を塞いでしまったため、この作戦は失敗に終わった。囲い堰 フレッシュアイペディアより)

  • クラスレート

    クラスレートから見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    クラスレート(Clathrate)とは、結晶格子によって作られた空間の中に小さな分子が取り込まれ、共有結合によらずして安定な物質として存在しているものをいう。包摂化合物(ほうせつかごうぶつ:包接、抱摂などの表記もある)ともいう。例としては、メタンハイドレート(水分子の間にメタン分子が取り込まれた固体)などがある。クラスレート フレッシュアイペディアより)

  • 愛知万博の施設

    愛知万博の施設から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    メインショー「炎のマジックシアター」と、メタンハイドレートの展示から成る。「炎のマジックシアター」の配役は以下のとおり。愛知万博の施設 フレッシュアイペディアより)

  • 海洋温度差発電

    海洋温度差発電から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    石油依存の政治的な影響を受けた波力発電やメタンハイドレートのような海洋資源の代替方式の開発促進海洋温度差発電 フレッシュアイペディアより)

  • 包接水和物

    包接水和物から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    水・ガス・低温・高圧の四つの条件がそろうと生成する。メタンや二酸化炭素などの気体分子を取り込んだものをガスハイドレートと呼び、特にメタンハイドレートはよく知られる。包接水和物 フレッシュアイペディアより)

  • 艦隊シリーズの用語集

    艦隊シリーズの用語集から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    第三次世界大戦で使用されたG7魚雷の新型。メタンハイドレートを用いた気泡を使い敵魚雷から味方水上艦を守るために使う。艦隊シリーズの用語集 フレッシュアイペディアより)

  • ガイアックス (燃料)

    ガイアックス (燃料)から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    この事は、バイオマスエタノールが日本国内で普及しない理由のひとつと指摘され、新エネルギーメタンハイドレートでも同問題が指摘されている。ガイアックス (燃料) フレッシュアイペディアより)

73件中 11 - 20件表示

「メタンハイドレート」のニューストピックワード