94件中 21 - 30件表示
  • 斜面崩壊

    斜面崩壊から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    海底斜面崩壊が生じたときに最も問題となるのは、海底に存在する電気、通信などのライフラインを引きちぎってしまうことと、海底油田、天然ガス、メタンハイドレートなどの海底資源を埋没させてしまうことである。斜面崩壊 フレッシュアイペディアより)

  • ウィア=フェラン構造

    ウィア=フェラン構造から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    化学の分野で多面体ウィア=フェラン構造と等しい結晶構造が発見されている。通常「I型クラスレート構造」と呼ばれるもので、メタンやプロパン、二酸化炭素によるガスハイドレートは低温でこの構造を取る。ウィア=フェラン構造における辺のノードに水分子が位置して互いに水素結合を作り、サイズの大きいメタンなどの分子が多面体ケージ内に包接されたものである。ウィア=フェラン構造 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉石

    千葉石から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    結晶構造はハイドレートII型である。ちょうど、メタンハイドレートII型の水分子を二酸化ケイ素に置き換えた構造に相当する。ちなみに、ハイドレートI型はである。千葉石とメラノフロジャイトは、鉱物ではこれだけしかないガスハイドレート鉱物である。千葉石 フレッシュアイペディアより)

  • マリオン・デュフレーヌ (海洋調査船・2代)

    マリオン・デュフレーヌ (海洋調査船・2代)から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    年間の三分の二は海洋に関する科学的研究に従事する。航走しつつ海底の詳細な地形図を作成可能なマルチビームソナーを装備し、コア採取装置Calypsoは海底の土壌を60m掘り下げてサンプリング可能。船内には長尺の底質サンプルを扱える研究室(床面積650平方m)を備えるほか、科学者などを収容可能な59の船室を持つ。海底堆積物の高いサンプリング能力と多くの研究者を収容する能力を活用し、1995年の建造以来、長期的な海洋環境の変化を研究する国際共同観測プログラムであるIMAGES(International Marine Global Change Study)の中心機材として活動している。その他の国際共同研究や国外研究機関による傭船も行われており、2010年6月には東京大学による日本海のメタンハイドレート調査にも使用された。マリオン・デュフレーヌ (海洋調査船・2代) フレッシュアイペディアより)

  • 日本武尊 (旭日の艦隊)

    日本武尊 (旭日の艦隊)から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    クラスター式砲弾の子爆弾の代わりにメタンハイドレート塊を散布する砲弾。B型地雷弾を投射後の敵戦車部隊に撃ち、自爆を誘う。第3次世界大戦で使われた。日本武尊 (旭日の艦隊) フレッシュアイペディアより)

  • 始新世

    始新世から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    5500万年前の暁新世・始新世境界で突発的温暖化事件(:en:Paleocene?Eocene Thermal Maximum)が発生し、暁新世にやや低下した気温は始新世では再び温暖化に転じ、新生代では最も高温の時代になった(始新世温暖化極大・始新世高温期)。湿度も高かった。その原因として北大西洋での海底火山活動やそれに伴う1500Gtのメタンハイドレートの融解などの温暖化ガスの大量放出があり、地表5-7℃の気温上昇の温暖化が起こり、元の二酸化炭素濃度に戻るのに3万年を要したとされる。極地付近にも氷床はなく、ワニや有袋類の化石が出土している。始新世末或いは次の漸新世初期には一時的に気温が急に低下したが(始新世終末事件)、この頃彗星が頻繁に地球に衝突したためだとする説がある。また当時大規模な海退が起こり、海の面積が減少したのが気温低下の原因であるとも言われる。インド大陸がユーラシア大陸に接近し始めてテチス海が狭まっていき、南極大陸が南米大陸やオーストラリア大陸から分離するなど、始新世は海洋と大陸の配置が大きく変わりつつあった時代だが、それに伴って地球規模で循環する海流の動きも大きく変動していたと思われ、これも又、海退と寒冷化の一因とされる。始新世 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年静岡県知事選挙

    2013年静岡県知事選挙から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    メタンハイドレートの実用研究を進める など2013年静岡県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 石油資源開発

    石油資源開発から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    北海道、秋田県、山形県、新潟県の油田、ガス田にて採掘を行う。官営企業から民間企業に転身。研究部門では、GTL燃料、メタンハイドレート、オイルサンドの研究開発も手がけるほか、パイプライン輸送に関しては日本屈指の技術力を有しており、サハリン沖からの天然ガスパイプライン計画にも参画している。石油資源開発 フレッシュアイペディアより)

  • タービダイト

    タービダイトから見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    混濁流の発生原因は、地震に伴う海底地すべりや津波、メタンハイドレート層の急激な気化、海底火山噴火などと考えられている。特に、生物や気象現象による攪乱の影響を受けにくい海底に有るため地震の発生歴を正確に記録している場合があり、放射性炭素年代測定法などの年代測定方法を利用し有史以前に発生した地震や津波の発生間隔などの調査に用いられる。但し、放射性炭素年代測定法によって年代を特定しようとした場合、海洋リザーバー効果が問題となり、正確な年代特定の妨げになる。タービダイト フレッシュアイペディアより)

  • 深海

    深海から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    新たな水産資源や鉱物資源を深海に求める機運もあり、1970 年頃から各国が深海探査に乗り出すようになった。これまでに新種の生物やメタンハイドレート、マンガン団塊、コバルトクラスト、熱水鉱床等が次々と見つかっているが、まだまだ深海は未知の世界といえる。深海 フレッシュアイペディアより)

94件中 21 - 30件表示

「メタンハイドレート」のニューストピックワード