94件中 31 - 40件表示
  • 2013年の科学

    2013年の科学から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    3月12日 ? 経済産業省は、愛知県沖約80kmの海底地層からメタンハイドレートを試験的に取り出すことに成功。海底からのガス採取は世界で初めて。2013年の科学 フレッシュアイペディアより)

  • 泥火山

    泥火山から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    火山の名称が付けられているが、必ずしも火山活動と関係のあるものではなく、溶岩などに比べるとその温度は非常に低い。特に噴出箇所で炭化水素の多いハイドレート(メタンハイドレートなど)が作られている場合は、噴出物の融点くらいまでに低温になっている。温泉とともに噴出しているケースもあるが、低温の地下水(酸性が強い地下水や、塩分の高い地下水であることもある)とともに噴出するケースもある。地下圧力及び泥質の噴出により、比高数mから数十m程度の泥の丘陵や泥のドームを形作ることもあるが、直径10kmや高さ700mに及ぶ大きさのものもあり、突然噴出して周辺を泥に沈めることもある。泥火山 フレッシュアイペディアより)

  • 慶長地震

    慶長地震から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    震動および津波に関する伝承記録から解析し南海トラフを主震源域として駿河トラフ、相模トラフなどどの領域が連動したのか、いくつかの見解がある。また、東北地方太平洋沖地震の知見を踏まえ、弱い震動と大きな津波の発生理由として海溝軸付近でのすべり量を大きく見積もる研究がある。また、泡と発光現象を説明するため、南海トラフの海底にあるメタンハイドレートが連鎖的に気化したと考える説がある。慶長地震 フレッシュアイペディアより)

  • 非在来型石油

    非在来型石油から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    非在来型ガス:在来のガス田から得られたガスではなく、、新技術などによって生産されたガスの事。例としては、シェールガス、タイトサンドガス、コールベッドメタン、メタンハイドレートなどの事。非在来型石油と合わせて、非在来型化石燃料、非在来型資源と呼ばれることもある。非在来型石油 フレッシュアイペディアより)

  • 温室効果

    温室効果から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    温室効果ガスは、単体で増加するのみではなく、他の温室効果ガスの増減を誘発すると考えられている。例えば、温室効果ガスのどれかが増加して気温が上昇すれば、腐敗の促進や海水温上昇に伴うメタンハイドレート融解によってメタンが増加、蒸発促進によって水蒸気が増加、生物活動が活発化して呼吸により排出される二酸化炭素が増加するといった効果をもたらす。しかし、この場合、同じ気温上昇に伴い、植物の活動が活発化することによってメタンや二酸化炭素(炭素)の固定が促進されたり、対流の活発化によって水蒸気の働きで熱が潜熱という形に保存するのが促進されるなど、増加を抑える現象も発生する。これらフィードバック機構がうまく働くことで、地球は過度の温暖化や寒冷化から守られているといえる。しかし、フィードバック機構がいつどのようにどの程度働くかということは、詳しく分かっていない点が多い。温室効果 フレッシュアイペディアより)

  • メタン水和物

    メタン水和物から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    メタン水和物 フレッシュアイペディアより)

  • 顕生代

    顕生代から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    暁新世末の約5500万年前に突発的な温暖化が起こり、海洋の中層から低層に生息していた有孔虫の35-50%が絶滅した。この時海洋深層水の温度は5-7℃、気温は6-8℃上昇し5万年から10万年かけて元に戻った。原因として当時の海底に大量に存在していたメタンハイドレートが融解し、数千年の間に炭素量換算1500ギガトンのメタンガスが大気中に放出され、メタンによる温室効果と その後メタンが酸化されてできる二酸化炭素による温室効果が想定されている。またこの時メタンが放出されたとされる地形が北大西洋のノルウェー沖で見つかって2004年に発表されている。1500ギガトンという温室効果ガスの量は、産業革命以来人類が発生させてきた二酸化炭素量と今後発生させると予想される二酸化炭素量の合計に匹敵するとされている。顕生代 フレッシュアイペディアより)

  • エネルギー自給率

    エネルギー自給率から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    また、近年においては、日本近海の海底において「メタンハイドレート」が採掘されており、日本国内での資源開発に大きな期待が寄せられている。エネルギー自給率 フレッシュアイペディアより)

  • バイオマスエタノール

    バイオマスエタノールから見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    このことは、バイオエタノールが日本国内で普及しない理由の1つと指摘され、新エネルギーメタンハイドレートでも同問題が指摘されている。バイオマスエタノール フレッシュアイペディアより)

  • 海洋研究開発機構

    海洋研究開発機構から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    海洋研究開発および関連する地球物理学研究開発のために設置された研究所である。日本最初の深海潜水艇の開発をはじめとして、国際地球観測プロジェクト推進のための研究船などを開発し運用する。また、長時間有人探査の難しい海溝探査を目的とした、無人探査機等を開発し運用する。スーパーコンピュータで、一時期世界一となった地球シミュレータを運用するほか、大陸棚に存在するメタンハイドレート・海底熱水鉱床・石油・天然ガスなどの資源を探査する。海洋研究開発機構 フレッシュアイペディアより)

94件中 31 - 40件表示

「メタンハイドレート」のニューストピックワード