94件中 41 - 50件表示
  • 炭素

    炭素から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    埋蔵石化燃料として石炭が9000億トン、石油は1500億トン、天然ガスが1050億トンに加えさらにシェールガスのような採掘しにくい形態で別に5400億トンの存在が見込まれている。これらとは別に、メタンハイドレートとして極地に封じられ、これの炭素量はシベリアの永久凍土層だけでも1兆4000億トンと見積もられる。炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 炭化水素

    炭化水素から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    資源としての炭化水素は殆どが埋没資源であり、石油または天然ガスとして地球上の特定の地域に偏在する。また近年、湖底や深海底のメタンハイドレートのように地底以外でも資源として存在するものも発見されている。これらの石油や天然ガスの主成分は鎖式飽和炭化水素である。それに対して、多環芳香族炭化水素は、総量は少ないものの、石炭の副産物であるコールタールに多く含まれる。世界大戦前はコールタールが多環芳香族炭化水素の資源として重宝されたが、今日では合成的に化学工業より生産される。そのため、コールタールに今日的な資源としての意味は無い。炭化水素 フレッシュアイペディアより)

  • 海洋温度差発電

    海洋温度差発電から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    石油依存の政治的な影響を受けた波力発電やメタンハイドレートのような海洋資源の代替方式の開発促進海洋温度差発電 フレッシュアイペディアより)

  • 宏観異常現象

    宏観異常現象から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    海面の発光 : 海底で地震が起きるとメタンハイドレートが浮上し、海面上で青白く発光するというような一応の説がある。宏観異常現象 フレッシュアイペディアより)

  • Ergo Proxy

    Ergo Proxyから見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    数千年前、人類は石油・石炭に代わる資源としてメタンハイドレートを見出すが、そのメタンハイドレート層の崩壊によって地球上の生物の85%を死滅させてしまう。人類自らも生存の危機に立たされ、ブーメランプロジェクトとプラクシープロジェクトという二重の発動により人類の再生・生存を計画した。Ergo Proxy フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の経済

    2014年の経済から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    25日 - 2014年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 永久凍土

    永久凍土から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    永久凍土の分布と深度を計測することで、近年(1998、2001年)アラスカとシベリアの永久凍土の融解が報告されたように、地球温暖化の指標になる。カナダのユーコン準州では、連続永久凍土帯が1899年以来100km北へ移動した。しかし正確な記録は30年しかさかのぼれない。永久凍土にはメタンハイドレートが含まれており、融解すると、強力な温室効果ガスであるメタンや他の炭化水素を大気に放出し、世界的な温暖化を激化させると考えられている。また永久凍土は北極地方の平原を安定させているが、温暖化によって侵食や建築地盤の沈下などが進むと予想される。永久凍土 フレッシュアイペディアより)

  • トリコ

    トリコから見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    「アイスヘル」にある幻のスープで、その名の通り100年に一度しか出現しない。数多の食材が保存された「グルメショーウインドー」がメタンハイドレートの大量発生により解凍され流れ出たもの。スープには無数の具材の旨みが凝縮されており、極めて濃厚な味わいでありながら喉越しはしつこくなく、器に入っているものを目視できないほどに透明度が高い。また、完全なスープからは美しいオーロラが立ち昇る。トリコ フレッシュアイペディアより)

  • ちきゅう

    ちきゅうから見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    2012年2月12日から3月下旬、Non-IODP航海、第1回メタンハイドレート海洋産出試験事前掘削(石油天然ガス・金属鉱物資源機構)ちきゅう フレッシュアイペディアより)

  • 白嶺 (探査船)

    白嶺 (探査船)から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    海底着座型、船上設置型の2種類のボーリングマシン(掘削装置)を搭載する。海底着座型は、船体から本体をケーブルで吊り下げて海底に設置して掘削を行う装置で、第2白嶺丸で使用していた最大深度6000m、掘削長20mの従来機と、最大深度3000m、掘削長50mの新型機を搭載する。船上設置型は、船上に設置した本体から掘削パイプを海底面に伸ばし掘削を行う装置で、最大深度2000m、掘削長は400mである。船上設置型の搭載により、海底着座型が使用できない急峻な地形の海底熱水鉱床における調査や、メタンハイドレートが存在する大深度での掘削調査が可能となった。白嶺 (探査船) フレッシュアイペディアより)

94件中 41 - 50件表示

「メタンハイドレート」のニューストピックワード