73件中 51 - 60件表示
  • 日本における地震対策と体制

    日本における地震対策と体制から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    (1)火災旋風(2)火山爆発(3)豪雨・洪水・豪雪・台風・寒波・熱波などの気象災害(4)世界的な経済危機(5)化学工場・タンカー・自動車・列車の事故(5)ガスタンク、石油タンク、石油工場、タンカーの火災(6)外国からの戦争・侵攻・テロ・潜入工作員(7)サイバーテロ(8)クーデター(9)企業・資金・人々の国外脱出(10)治安の崩壊と反動(11)財閥・大政翼賛会・宗教・イデオロギーなどによる寡占化(12)複数の原子力発電所の複数の原子炉がメルトダウンする(13)大規模な太陽フレア(14)高潮・大潮(15)大規模な深層崩壊(16)南関東ガス田などの噴出(17)メタンハイドレートの浮上(18)連動地震(歴史上連動地震は多数あるが、終戦直前の東海・東南海地震以外の今生きている人類の経験がない)(19)酸素を含まない気体の流出(ニオス湖)(20)外国での津波や火山噴出物の影響(21)感染症の流行。日本における地震対策と体制 フレッシュアイペディアより)

  • 大量絶滅

    大量絶滅から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    実際、シベリアにはシベリア・トラップと呼ばれる火山岩が広い範囲に残されており、これが当時の火山活動の痕跡と考えられている。火山活動で発生した大量の二酸化炭素は温室効果による気温の上昇を引き起こした。これによって深海のメタンハイドレートが大量に気化し、さらに温室効果が促進されるという悪循環が発生し、環境が激変したと考えられる。大量絶滅 フレッシュアイペディアより)

  • ベターマン

    ベターマンから見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    メタンハイドレート採掘中に発見された古細菌の一種。デュアルインパルスを受けることで強大なエネルギーを発生させる。ベターマン フレッシュアイペディアより)

  • 温室効果

    温室効果から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    温室効果ガスは、単体で増加するのみではなく、他の温室効果ガスの増減を誘発すると考えられている。例えば、温室効果ガスのどれかが増加して気温が上昇すれば、腐敗の促進や海水温上昇に伴うメタンハイドレート融解によってメタンが増加、蒸発促進によって水蒸気が増加、生物活動が活発化して呼吸により排出される二酸化炭素が増加するといった効果をもたらす。しかし、この場合、同じ気温上昇に伴い、植物の活動が活発化することによってメタンや二酸化炭素(炭素)の固定が促進されたり、対流の活発化によって水蒸気の働きで熱が潜熱という形に保存するのが促進されるなど、増加を抑える現象も発生する。これらフィードバック機構がうまく働くことで、地球は過度の温暖化や寒冷化から守られているといえる。しかし、フィードバック機構がいつどのようにどの程度働くかということは、詳しく分かっていない点が多い。温室効果 フレッシュアイペディアより)

  • 石油天然ガス・金属鉱物資源機構

    石油天然ガス・金属鉱物資源機構から見たメタンハイドレードメタンハイドレート

    2012年2月15日より、資源エネルギー庁の委託により、愛知県渥美半島沖にてメタンハイドレードの試掘が海洋研究開発機構の地球深部探査船「ちきゅう」を使用し、開始された。石油天然ガス・金属鉱物資源機構 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉石

    千葉石から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    結晶構造はハイドレートII型である。ちょうど、メタンハイドレートII型の水分子を二酸化ケイ素に置き換えた構造に相当する。ちなみに、ハイドレートI型はである。千葉石とメラノフロジャイトは、鉱物ではこれだけしかないガスハイドレート鉱物である。千葉石 フレッシュアイペディアより)

  • 石油

    石油から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    1993年、京都大学大学院の今中忠行(現在:立命館大学生命科学部)は、研究室内の「無酸素実験装置」において、 相良油田から採取した石油分解菌「Oleomonas sagaranensis HD-1株」が通常状態では石油を分解する能力を持ちながら、 石油も酸素もない環境におかれると、細胞内に逆に原油を作り出すことを発見した。この際生成された石油は相良油田産の軽質油と性質が酷似しており、相良油田が形成された一因として唱えられているほか、今中忠行らはこの石油分解菌がメタンハイドレートに関係していると指摘した。石油 フレッシュアイペディアより)

  • メタン

    メタンから見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    メタンは、油田やガス田から採掘されエネルギー源として有用な天然ガスの主成分である。20世紀末以降の代替エネルギー、排他的経済水域や大陸棚といった海底や地上の永久凍土層内にメタンハイドレートという形で多量に存在することがわかり、新エネルギーとして注目されている。2012年3月12日に、日本の東海沖で試験採取に成功。メタン フレッシュアイペディアより)

  • 宏観異常現象

    宏観異常現象から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    海面の発光 : 海底で地震が起きるとメタンハイドレートが浮上し、海面上で青白く発光するというような一応の説がある。宏観異常現象 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の海底資源

    日本の海底資源から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    日本の海底資源(にほんのかいていしげん)とは、日本近辺の海底に眠っている資源のこと。近年の技術力の発展と調査によって、日本の領海・排他的経済水域(EEZ)の海底に、金、銀、銅、亜鉛、鉛、石油、コバルト・リッチ・クラスト、メタンハイドレート等の豊富なエネルギー資源や鉱物資源の存在が確認されている。日本の海底資源 フレッシュアイペディアより)

73件中 51 - 60件表示

「メタンハイドレート」のニューストピックワード