94件中 61 - 70件表示
  • 日本の海底資源

    日本の海底資源から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    日本の海底資源(にほんのかいていしげん)とは、日本近辺の海底に眠っている資源のことである。近年における技術の発展と調査によって、日本の領海・排他的経済水域(EEZ)の海底に、金、銀、銅、亜鉛、鉛、石油、コバルト・リッチ・クラスト、メタンハイドレート等の豊富なエネルギー資源や鉱物資源の存在が確認されている。日本の海底資源 フレッシュアイペディアより)

  • デス バイ ディグリーズ

    デス バイ ディグリーズから見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    本作のキーワード。カミエータが研究・開発を進めていた兵器で、その正体は、衛星から特殊なマイクロ波を発して海中に眠るメタンハイドレートを気化させ、その際に発生する大量の気泡で船を沈め、また同時に発生する電磁波によって機器を狂わせてヘリなどの航空機をも墜落させるという大規模なもの。デス バイ ディグリーズ フレッシュアイペディアより)

  • シェールガス

    シェールガスから見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    シェールガスを含む頁岩は、泥岩の一種で硬く薄片状にはがれる性質をもち、粒子が細かく流体を通す隙間がほとんどないので、自然の状態では天然ガスの商用資源とはなりえない。また、貯留層が砂岩である在来型の天然ガスと異なり、泥岩に貯留することから、コールベッドメタン (CBM)、タイトガスサンド、メタンハイドレートとともに非在来型の天然ガス資源のひとつとされている。シェールガスの埋蔵エリアを資源プレイと呼ぶこともある。資源プレイでは、ガスが発見されなかった場合の地理学的なリスクは低いが、ガスが発見され商用に成功した場合でも一般的なガス田よりも坑井あたりの産出量が少ないため期待利益も同様に低い。シェールガス フレッシュアイペディアより)

  • アルカン

    アルカンから見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    痕跡量のメタン(約0.0001%、1 ppm)は地球の大気中にも存在するが、これは主に古細菌によるものである。水に対する溶解度が低いため海水中には存在しないが、高圧・低温条件ではメタンは水との共結晶であるメタンハイドレートを形成し、これらは海底に埋蔵されている。2006年現在では工業的採掘は行われていないものの、メタンハイドレートの鉱脈はエネルギー量に換算すれば現存する天然ガスと石油をあわせたものを超える量が存在するとされており、メタンハイドレートから取り出されるメタンは将来の燃料源として注目されている。アルカン フレッシュアイペディアより)

  • 高鳥修一

    高鳥修一から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    2011年6月20日時点で「脱原発を目指すなら代替エネルギーを確保すべき」であると述べ、また次世代エネルギー候補であるメタンハイドレートについて言及した。既存の原子力発電所については、原子力規制委員会による新たな安全基準を満たした場合は再稼働するべきとしている。高鳥修一 フレッシュアイペディアより)

  • 環太平洋火山帯

    環太平洋火山帯から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    環太平洋火山帯にはメタンハイドレートが多く分布する。特にプレートが集中して地震も多い日本には大量のメタンハイドレートが分布している。環太平洋火山帯 フレッシュアイペディアより)

  • ベターマン

    ベターマンから見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    メタンハイドレート採掘中に発見された古細菌の一種。デュアルインパルスを受けることで強大なエネルギーを発生させる。環境汚染に弱く、激減している。ベターマン フレッシュアイペディアより)

  • 石油天然ガス・金属鉱物資源機構

    石油天然ガス・金属鉱物資源機構から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    2012年2月15日より、資源エネルギー庁の委託により、愛知県渥美半島沖にてメタンハイドレートの試掘が海洋研究開発機構の地球深部探査船「ちきゅう」を使用し、開始された。石油天然ガス・金属鉱物資源機構 フレッシュアイペディアより)

  • 大量絶滅

    大量絶滅から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    実際、シベリアにはシベリア・トラップと呼ばれる火山岩が広い範囲に残されており、これが当時の火山活動の痕跡と考えられている。火山活動で発生した大量の二酸化炭素は温室効果による気温の上昇を引き起こした。これによって深海のメタンハイドレートが大量に気化し、さらに温室効果が促進されるという悪循環が発生し、環境が激変したと考えられる。大量絶滅 フレッシュアイペディアより)

  • 新生代

    新生代から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    暁新世末の約5500万年前に突発的な温暖化が起こり、海洋の中層から低層に生息していた有孔虫の35-50%が絶滅した。この時海洋深層水の温度は5-7℃、気温は6-8℃上昇し5万年から10万年かけて元に戻った。原因として当時の海底に大量に存在していたメタンハイドレートが融解し、数千年の間に炭素量換算1500ギガトンのメタンガスが大気中に放出され、メタンによる温室効果と その後メタンが酸化されてできる二酸化炭素による温室効果が想定されている。またこの時メタンが放出されたとされる地形が北大西洋のノルウェー沖で見つかって2004年に発表されている。1500ギガトンという温室効果ガスの量は、産業革命以来人類が発生させてきた二酸化炭素量と今後発生させると予想される二酸化炭素量の合計に匹敵するとされている。新生代 フレッシュアイペディアより)

94件中 61 - 70件表示

「メタンハイドレート」のニューストピックワード