94件中 71 - 80件表示
  • 三井E&Sホールディングス

    三井E&Sホールディングスから見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    また、大型研究施設・技術開発に強く、深海探査機器を有し、原発代替エネルギーとして注目されている、メタンハイドレート実用化や、素粒子関連の大型施設などを手掛けている。三井E&Sホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    東京大学や海洋研究開発機構の研究チーム、新潟県上越市沖の日本海海中で、メタンハイドレート採取に成功。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 石油

    石油から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    1993年、京都大学大学院の今中忠行(現在:立命館大学生命科学部)は、研究室内の「無酸素実験装置」において、 相良油田から採取した石油分解菌「Oleomonas sagaranensis HD-1株」が通常状態では石油を分解する能力を持ちながら、 石油も酸素もない環境におかれると、細胞内に逆に原油を作り出すことを発見した。この際生成された石油は相良油田産の軽質油と性質が酷似しており、相良油田が形成された一因として唱えられているほか、今中忠行らはこの石油分解菌がメタンハイドレートに関係していると指摘した。石油 フレッシュアイペディアより)

  • 海洋エネルギー資源開発促進日本海連合

    海洋エネルギー資源開発促進日本海連合から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    2012年上半期に表層型メタンハイドレートの調査が進まない現状を打開するため、当時:独立総合研究所の社長であった青山繁晴の呼び掛けに応じ、国産のエネルギー資源と期待されるメタンハイドレートの調査や開発を日本海でも進めようと、各自治体が動き出したもの。調査開発する海底資源はメタンハイドレートに限らず、石油や天然ガスなども対象となっている。海洋エネルギー資源開発促進日本海連合 フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラザウルス

    ウルトラザウルスから見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    デススティンガーの荷電粒子砲の到達寸前に起動、武装強化を行う為ピレムデン諸島へ航行する。道中、ヒルツの放ったシンカー部隊、そしてデススティンガーをメタンハイドレートに誘導することで振り切る。第62話からはドクター・ディが開発した重力砲(グラビティカノン)を装備、ヒルツのデススティンガーを機能停止寸前にまで追い込んだが、デススティンガーのゾイドコアと融合した完全体デスザウラーによって大ダメージを負う。そして決死の特攻を敢行するバン・フライハイトのブレードライガーをグラビティカノンから発射して撃破した。ウルトラザウルス フレッシュアイペディアより)

  • ガイアックス (燃料)

    ガイアックス (燃料)から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    この事は、バイオマスエタノールが日本国内で普及しない理由のひとつと指摘され、新エネルギーメタンハイドレートでも同問題が指摘されている。ガイアックス (燃料) フレッシュアイペディアより)

  • 資源

    資源から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    地球の表面積の70.8%は海であり、その海底には石油・天然ガス・メタンハイドレート・マンガン団塊などの資源が眠っている。これらを海底資源という。これまではその水圧などもあって利用が困難であったが、技術の発達により海底に眠る資源を開発する動きがでている。しかし、公海に眠る資源についてそれが誰のものか、という問題や、どの国の排他的経済水域(EEZ)であるか、どの国が島を領有するかなどの領土問題を抱える地域も多く、しばしば国際的な対立ともなる(尖閣諸島や南沙諸島(スプラトリー諸島)を巡る対立など)。資源 フレッシュアイペディアより)

  • 南関東ガス田

    南関東ガス田から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    地下の高い圧力下ではメタンは地下水に溶けているが、大気圧では水にほとんど溶けないことから、地下水の汲み上げを行うとメタンガスが自ら分離して発生することとなる。南関東ガス田は他の水溶性ガス田に比べて鹹水に溶けているメタンガス濃度が99%と非常に高いのが特徴で、単なる化石海水ではなくメタンハイドレートを起源とするなどの説もある。南関東ガス田 フレッシュアイペディアより)

  • バイカル湖

    バイカル湖から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    1997年にバイカル湖底の堆積土からメタンハイドレートが発見された。これは淡水湖としては唯一である。その後の調査で、土中深さ数m程度の浅い部分に分布する「表層型」が多く見つかり、南海トラフのような海底から250m以上深い場所にある「深層型」よりも採取が容易と期待される。バイカル湖 フレッシュアイペディアより)

  • 独立総合研究所

    独立総合研究所から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    海洋音響工学・海洋資源探査、海洋物理学・海洋シミュレーションモデル、国民保護計画と地理情報システム、インフラ防護、その他海洋関連全般に関する業務。現在では、表層型メタンハイドレートの賦存量調査及びガス化算出、輸送技法の調査を自治体から請け負っている。独立総合研究所 フレッシュアイペディアより)

94件中 71 - 80件表示

「メタンハイドレート」のニューストピックワード