94件中 81 - 90件表示
  • 再生可能エネルギー

    再生可能エネルギーから見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    対義語は枯渇性エネルギーで、化石燃料(石炭、石油、天然ガス、オイルサンド、シェールガス、メタンハイドレート等)やウラン等の地下資源を利用するもの(原子力発電等)で、有限である資源を指す。再生可能エネルギー フレッシュアイペディアより)

  • ガンダムビルドファイターズ

    ガンダムビルドファイターズから見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    「ネメシス財団」会長にしてアイラたちの所属する「ネメシス」のオーナー。「メタンハイドレートの発掘王」と呼ばれており、その豊富な資金力を活かし、世界大会制覇をもくろむ。湖に浮かぶ島に屋敷を構えており、内部には多数のガンプラを保管するバトルルームも存在する。バトルにおいては確実な勝利を望んでおり、アイラら「ネメシス」のファイターに関しても使い捨ての道具にしか思っていないなど冷酷な一面をもつ。一方で孫のルーカスには弱く、ガンプラバトルに参入した理由も世界大会の優勝トロフィーをルーカスにプレゼントしたいがためである。バルトからは「(金持ちの)道楽にもほどがある」と呆れられている。アイラが敗北したことで願いは叶わず、さらにアイラからは「じじい」呼ばわりされるなどさんざんに罵倒される。ガンダムビルドファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 上越市

    上越市から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    2000年代前半、直江津港北東沖で海底表面にメタンハイドレートが露出している海域が発見された。海底面上にあるメタンハイドレートが発見されたのは東アジア周辺海域では初めての事であった。その後2004年(平成16年)7月に実施された共同調査では、日本海側で初めてメタンハイドレートの天然結晶サンプルが採取された。上越市 フレッシュアイペディアより)

  • 青山繁晴

    青山繁晴から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    日本周辺の資源開発を進めるべきという立場で、メタンハイドレートが日本のエネルギー問題を解決する切り札と見ており、アジア諸国への安価で輸出の可能性があるので、メタンハイドレートは日本人のためだけでなくアジアの希望でもあると主張。また、その他にも日本列島近海で採掘出来る、熱水鉱床、レアアースを含めて勃興させるべきと主張している。青山繁晴 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼き鋼のアルペジオ

    蒼き鋼のアルペジオから見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    率いる艦隊は、その艦隊色から黒の艦隊の俗称で呼ばれる。現在は麾下の艦隊から一部を編成し、401攻撃に乗り出している旗艦装備の艤装作業により自身が動けない間はヒエイ達を使ってイオナ達を攻撃、艤装終了後は旗艦装備の能力で急速に戦力を増強し有利に進める。艤装の完了後はメンタルモデルの衣装も大きく変わっている。イセの転送で戦力増強が完了した後、旗艦装備を投棄し蒼き鋼と決着をつけるべく艦隊を率いて進軍する。だが蒼き鋼と他艦に悟られないようにしつつ介入したユキカゼの攻撃によって海底のメタンハイドレートが着火し、浮力を失った所で401から放たれたセイランによる攻撃を受ける。この際イオナから自らの考え方が傲慢であると指摘され、自らが自分自身に呑まれていたと自覚しつつも、沈み行く中主砲でマツシマを狙撃する。その後、コアと艦隊の機能停止を偽装してまで船首のみでマツシマを追撃し、ユキカゼとヒュウガの妨害を交わしてマツシマに激突する。その思惑は文字通り、群像を「もっていく」ためで、激突した後はタカオがネットワークにアップロードした人体構造、ムサシが過去に行った人体修復のデータを流用する形で群像の肉体を修復しながら霧の補給基地であるハシラジマへと連れて行く。このコンゴウの思惑をヤマトは読み取っている。そのためか、ユキカゼへの撤退命令とヒュウガをコンゴウの後釜に据えることが行われた。蒼き鋼のアルペジオ フレッシュアイペディアより)

  • 日本のエネルギー資源

    日本のエネルギー資源から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    メタンハイドレート - 日本近傍の海域には、天然ガス換算で少なくとも国内消費量数十年分のメタンハイドレートの埋蔵が確認されている。日本のエネルギー資源 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の経済

    日本の経済から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    日本は国土面積が小さいため地下資源の賦存量は総量で見れば少ない。しかし、狭い面積に多種多様な地下資源を産出し、資源の博物館とも呼ばれている。かつては金・銀・銅、石炭、硫黄を大量に産出しており、戦国時代には戦国大名らが金銀の増産に励んだため、世界の金銀の流通量のかなりの割合を日本産が占めたこともあった。現在は、石炭については埋蔵量は多いものの、良質の石炭が少ないこともあり釧路コールマインが国内で唯一採掘しているのみである。金・銀は菱刈鉱山などで非常に良質な鉱石が産出するが、採掘コストがかさむため採掘量は少ない。日本海沿岸では石油・天然ガスを産出する。しかし、産出量は少なく国内需要を満たすことはできない。東京周辺の地下には莫大な天然ガスが埋蔵されている(南関東ガス田)ものの、市街地化が進んでいる地域であることから環境規制が厳しく、房総半島でわずかに採掘されているのみである。ここではヨウ素が豊富に採掘され、生産量は世界第二位である。最近では、日本の領海・排他的経済水域 (EEZ) に、金・銀・石油・メタンハイドレート等が大量に埋蔵されていることが確認されているが、コストや技術的な問題で採掘できていないものや、調査中のものがほとんどである(詳細は「日本の海底資源」を参照)。セメント原料の石灰石、ガラスや建築材料の原料となる珪石は露天掘りができるため採掘コストが安く、盛んに採掘されている。日本の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知万博の施設

    愛知万博の施設から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    メインショー「炎のマジックシアター」と、メタンハイドレートの展示から成る。「炎のマジックシアター」の配役は以下のとおり。愛知万博の施設 フレッシュアイペディアより)

  • 明治大学

    明治大学から見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    将来の国産エネルギー源として期待されるメタンハイドレートについて、本研究所を中心とした『表層ガスハイドレート研究コンソーシアム』が日本海とオホーツク海の複数の海域で発見、回収に成功し、同海域で広範に分布することが明らかにされた。明治大学は「世界の資源地勢図に大きな影響を与えるものとして注目されている」と発表した。明治大学 フレッシュアイペディアより)

  • PSYCHO-PASS

    PSYCHO-PASSから見たメタンハイドレートメタンハイドレート

    物語の開始は西暦2112年。作中での世界は2020年頃から始まった新自由主義経済の歪みによる貧富の差の拡大から、世界的な倫理道徳感の崩壊を招き、紛争・犯罪の激化による政情不安のため政府や国の崩壊が起こったという設定になっている。この間、メタンハイドレート開発によるエネルギー自給と、遺伝子強化された小麦・ハイパーオーツの普及による食糧の自給の道を見出した日本は、海外の紛争の余波を食い止めるため、シビュラシステムによる判断とされる鎖国を開始し、他国からの違法入国を水際で防ぐために国境や周辺海域に武装ドローンを配備し、世界で唯一と言える平和な国となっている。そして国をあげて食料自給に力を注ぎ、国内経済の立て直しを図り、企業の国営化と大量の失業者支援のための「職業適性考査」を行う。この「職業適性考査」がやがて発展し、シビュラシステムへの開発とつながり、さらなる進化と試行期間を経て、2070年頃には社会システムの隅々までを包括的に管理するために本格的に社会へ導入された。この頃には食料自給も確立。経済成長と社会安定に成功し、世界で唯一の法治国家としての体裁を成すに至った。PSYCHO-PASS フレッシュアイペディアより)

94件中 81 - 90件表示

「メタンハイドレート」のニューストピックワード