メダカ ニュース&Wiki etc.

メダカ(目高、Oryzias latipes)またはニホンメダカは、ダツ目 メダカ科(アドリアニクチス科)に属する魚。体長 4 cm 程の淡水魚。学名の Oryzias latipes は『稲の周りにいる足(ヒレ)の広い』という意味である。 (出典:Wikipedia)

「メダカ」Q&A

  • Q&A

    至急回答お願いします。 メダカの水槽にヒルがいました。 室内で飼っており、おそらく…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年1月20日 15:36

  • Q&A

    最近火鉢でメダカを飼いはじめたのですが一緒にミナミヌマエビを入れてもエビだけ死んでし…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2017年1月19日 11:18

  • Q&A

    飼っているメダカが、スイスイぐるぐる早いスピードでずっと泳いでいます。 最初は元気に…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2017年1月19日 00:21

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「メダカ」のつながり調べ

  • 長崎ペンギン水族館

    長崎ペンギン水族館から見たメダカ

    また、従来の水族館ゾーンに加え、水族館前の日見川河口域と海岸を活かした「自然体験ゾーン」があるのも特徴である。駐車場から水族館までは約250mの遊歩道となっているが、ここには雑木林や田などを模したビオトープが整備されている。水場にはガマ(ヒメガマ)、イネ、ハッカなどの植物が植えられ、メダカとカダヤシが泳ぐ。遊歩道脇の樹木はハゼノキ、アラカシ、ヤマザクラなどがある。ビオトープの下は河口域と海岸部だが、石段や石垣が組まれていて水際まで降りることができ、汽水域やタイドプールの多様な生物が観察できる。(長崎ペンギン水族館 フレッシュアイペディアより)

  • アルファロ・クルトラートゥス

    アルファロ・クルトラートゥスから見たメダカ

    色彩的には日本のメダカに似るが、体側の一部がメタリックブルー、尾ビレは薄い黄色に発色する。(アルファロ・クルトラートゥス フレッシュアイペディアより)

「メダカ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ