前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
200件中 1 - 10件表示
  • 魚類用語

    魚類用語から見たメダカメダカ

    後部の表面(露出面)が滑らかで棘を持たない鱗。硬骨魚類に普通にみられる。形は円形、四角形、卵形など様々。マイワシ(ニシン科)、カタクチイワシ(カタクチイワシ科)、サケ(サケ科)、アユ(キュウリウオ科)、コイ(コイ科)、メダカ(メダカ科)などにみられる。魚類用語 フレッシュアイペディアより)

  • 江上信雄

    江上信雄から見たメダカメダカ

    学生時代からメダカを研究材料として選び、生殖生物学、放射線生物学を中心に多くの業績を上げた。メダカを用いた老化や発ガンの研究を進展させるとともに、多数の共同研究者を育て、メダカの生物学の発展に中心的役割を果たした。彼に師事したメダカの生物学関連の研究者には、嶋昭紘、田口泰子、青木一子、酒泉満、三谷啓志、島田敦子、成瀬清などがいる。佐藤矩行も門下。江上信雄 フレッシュアイペディアより)

  • ビオトープ

    ビオトープから見たメダカメダカ

    子供たちに対しては、そこに住む生き物も含めて魅力が大きくまた、それを手に取り、どろんこになる体験教育としての効果も期待されていて、水田を想定した浅い池を田んぼビオトープなどと称する。しかし、田んぼにメダカとホテイアオイを入れただけのものであったりと、「ビオトープ」と称するには無理のあるものもいくつか見受けられる。ビオトープ フレッシュアイペディアより)

  • グッピー

    グッピーから見たメダカメダカ

    グッピーは小型の胎生メダカ類である。観賞用に飼育されているこの仲間のうちでは、ごく小型の部類にはいる。非常に丈夫で飼育が容易である。また、同類の他の魚との違いとして、個体ごとに色が異なることがあげられる。サザンプラティフィッシュなども様々な色彩のものがあるが、それらは品種として扱える程度の遺伝的な安定性があるが、グッピーでは変化が非常に激しい。しかもそれがひれの形にまで及ぶのが独特で、特に改良品種では大きな鰭を持ち、美しい。また、繁殖もごく簡単で、群泳させておけば勝手に交配し、子を産む。気をつけなければならないのは、生まれた子を親が共食いしないような配慮くらいであり、非常にやさしい。それらの特徴のため、熱帯魚における入門的な種としても人気がある。グッピー フレッシュアイペディアより)

  • 漢那ダム

    漢那ダムから見たメダカメダカ

    貯水池の富栄養化対策のため本ダム付近に2基の間欠式空気揚水筒が設置されており、必要に応じて湖水の攪拌が行われる。魚類としてはメダカ、ギンブナ、ナガノゴリ、ゴクラクハゼなどに加えて外来種のカワスズメやグッピーが生息する。鳥類としては水辺を利用するカワセミやミサゴなどが見られる。漢那ダム フレッシュアイペディアより)

  • 田口泰子

    田口泰子から見たメダカメダカ

    メダカを用いて放射線の生物影響を研究した。その過程で、遺伝的に均一な近交系メダカを世界で初めて作出した。これによってメダカは、マウスやラットと同様な、遺伝的にコントロールされた実験動物として確立された。1989年科学技術庁長官業績表彰。また、1994年の日本人初の女性宇宙飛行士、向井千秋(スペースシャトルコロンビア号)によるメダカの宇宙実験に共同研究者として参加し、実験を成功させた。田口泰子 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県自然保護センター

    岡山県自然保護センターから見たメダカメダカ

    「虫の原っぱ」は、里山環境の中にある原っぱであり、草原の昆虫や小魚、水生昆虫が観察できるエリアである。様々な昆虫が生息できるように草丈の異なる草原や池が配置された。このエリアにはキチョウ、オニヤンマ、メダカ他の生き物が観察できる。岡山県自然保護センター フレッシュアイペディアより)

  • 若松佑子

    若松佑子から見たメダカメダカ

    内臓が透けて見え、内臓の発達を詳細に観察出来る透明メダカを生み出した事で知られる。若松佑子 フレッシュアイペディアより)

  • ゴリ

    ゴリから見たメダカメダカ

    ゴリ(杜父魚)は、一般的には典型的なハゼ類の形をした淡水魚を指す一般名、地方名である。ただし、一部にメダカ類やシマドジョウ類を指す地方も存在する。ゴリ フレッシュアイペディアより)

  • 繁殖

    繁殖から見たメダカメダカ

    理化学の実験のために、多種多様な実験動物が飼育栽培されている。科学的な比較実験などを行うために、特殊な環境化(無菌状態など)で飼われるケース、特殊な処置を施されて繁殖させるケース(放射線を浴びせたり、安定同位体を摂取させて飼育したり)など、特殊な飼育繁殖が行われる場合が多い。実験に都合がいいという理由だけでなく、他の近い種の生物にもみられる特徴を顕著に備えているという理由で飼育繁殖が行われる場合もある(詳しくは→モデル生物)。代表的な実験動物としてマウス、ラット、ハムスター、ショウジョウバエ、メキシコサラマンダー、メダカなどがある。繁殖 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
200件中 1 - 10件表示

「メダカ」のニューストピックワード