200件中 101 - 110件表示
  • 大仏山公園

    大仏山公園から見たメダカメダカ

    大仏山公園とその周辺は、ため池、小川、田畑、雑木林など里山の生態系が残されており、カヤネズミ、メダカ、オオタカなどの生物が観察されている。開発前の大仏山はマツやヤシャブシを主体とする雑木林であった。地質は西南日本内帯、領家変成帯の花崗岩類を基盤とし、大仏山は新第三紀に属する残丘である。最上部にはチャートなどを含む更新世の段丘堆積物が堆積する。2004年(平成16年)度からNPO法人うにの郷クラブが伊勢参宮街道などの古道再生活動を展開し、2005年(平成17年)にはNPO法人大仏山自然クラブが希少植物の保全を県に要望した。当初、県から提案を受けた関係3市町は保全しても地域活性化にはならないとして消極的な対応を取ったが、2015年(平成27年)に「大仏山公園および周辺水田」の名称で重要里地里山に選定された。大仏山公園 フレッシュアイペディアより)

  • 成魚

    成魚から見たメダカメダカ

    同じ成魚とはいえ、一生の間に繁殖できる回数は様々であり、サケやアユのように一生に一度のみしかできない種もある。多くの魚は1年に一度産卵する。一方でメダカのように条件が良ければ、1年に何度でも産卵できる種もある。成魚 フレッシュアイペディアより)

  • 相川 (三重県)

    相川 (三重県)から見たメダカメダカ

    「河川水辺の国勢調査」が相川および天神川において3回実施された結果、オイカワ、アユ、モツゴ、スミウキゴリ、スズキ、マハゼ、ウナギなど、合計45種の魚類が確認され、メダカなど生息数が減少している貴重な種や、天然溯上したアユが確認されている。その一方で、相川中流部や天神川下流などで、ブラックバス、ブルーギルやカダヤシといったの外来種も確認されている。相川 (三重県) フレッシュアイペディアより)

  • 外林省二

    外林省二から見たメダカメダカ

    野球、ゴルフに精通している。趣味は鈴虫とメダカの飼育。外林省二 フレッシュアイペディアより)

  • 動物相

    動物相から見たメダカメダカ

    しかし、この場合、明らかに網の目の大きさによって捕獲できる動物の種は全く異なる。カツオ用の網ではワムシは取れないし、メダカの網ではクジラはすくえないからである。つまり、採集に使う道具によって、捕獲できる対象が異なり、それは主としてその動物の大きさの差による。そこで、このような動物相では、大きさによってカテゴリーを区別することが有用である。このような方法が使われるのは、水中動物、特にプランクトンの場合、底生動物の場合、それに土壌動物の場合が挙げられる。なお、プランクトンの場合、植物性のプランクトンも一緒に採集するから、まとめてプランクトン相と呼ぶこともあり、この場合には生物相の一部をなすものである。動物相 フレッシュアイペディアより)

  • 淡水魚

    淡水魚から見たメダカメダカ

    ただし、区分法は研究者による異同が多い。メダカ・カダヤシのように通常は淡水で生活する一方、偶発的に海水域に進出しうるものを二次性淡水魚と呼ぶが、これを広義の純淡水魚に含める場合と、独立の区分として扱う場合とがある。また、サケ類などの回遊魚を、周縁性淡水魚に含めることもしばしばある。淡水魚 フレッシュアイペディアより)

  • 極限環境微生物

    極限環境微生物から見たメダカメダカ

    また熱と同様、耐酸性、耐アルカリ性という分類も存在する。例えばメダカなどはpH2という条件で成育することが観察されており、いくつかの高等生物は耐性を有することが知られている。極限環境微生物 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山市立岡山中央小学校

    岡山市立岡山中央小学校から見たメダカメダカ

    エレベーターや自動ドアなどの設備にユニバーサルデザインを採用し、車いす用トイレや点字ブロックを整備してバリアフリーを図っており、オープンスペースを取り入れた普通科教室は、廊下と教室に境目がなく床表面仕上げ材に木材を用いている。校庭は狭く、冬季は屋根付きプールを底上げすることで第二の体育館として利用している。屋上の畑でジャガイモなどを、池でフナやメダカなどを飼育している。岡山市立岡山中央小学校 フレッシュアイペディアより)

  • ギフチョウ

    ギフチョウから見たメダカメダカ

    また、減少したギフチョウを増やすために他地域からの移入を行う事が企画される場合がある。しかしながら、この様な事が行なわれれば、メダカのような遺伝子汚染を起こすことになり、厳に慎むべきである。これも安易な考えに基づく生物保護活動に見られる大きな問題の一つである。ギフチョウ フレッシュアイペディアより)

  • 汽水・淡水魚類レッドリスト (環境省)

    汽水・淡水魚類レッドリスト (環境省)から見たメダカメダカ

    1999年版から2007年版への改訂で、評価対象種にカワボラ等の南西諸島の種を加えて、約300種から約400種に増加したが、絶滅のおそれのある種も76種増加した。また、田園地帯を生息地とする種のカテゴリーランクが上昇し、そのような生息環境が悪化していることが示唆された。琵琶湖のニゴロブナやゲンゴロウブナが掲載されたが、これはブラックバス(オオクチバス等)外来種の影響が考えられる。メダカやドジョウ類は新知見に基づき評価したほか、チョウザメについても評価対象とし絶滅にカテゴリーした。汽水・淡水魚類レッドリスト (環境省) フレッシュアイペディアより)

200件中 101 - 110件表示

「メダカ」のニューストピックワード