200件中 111 - 120件表示
  • 石田寿老

    石田寿老から見たメダカメダカ

    1932年東京帝国大学理学部動物学科卒、1945年「淡水魚(メダカ)の孵化酵素に関する研究」で理学博士。三井海洋生物学研究所、東京帝国大学理学部動物学科助教授、名古屋帝国大学理学部助教授、東京大学教養学部・理学部生物学教授。1969年定年退官、名誉教授、埼玉大学教授、1972年東邦大学教授。弟子に毛利秀雄(東大名誉教授)がいる。石田寿老 フレッシュアイペディアより)

  • カダヤシ

    カダヤシから見たメダカメダカ

    全長はオス3cm、メス5cmほどで、メスのほうが大きい。外見はメダカによく似る。メダカとカダヤシは分類上では全くの別種であるどころか、別の系統の魚とされる。メダカはダツ目なのに対し、カダヤシはグッピーやヨツメウオなどと同じカダヤシ目である。カダヤシ フレッシュアイペディアより)

  • 生き餌

    生き餌から見たメダカメダカ

    肉食魚などの飼育には生き餌が用いられることもある。この場合は、メダカ、ワキンなどの安価な魚や、コオロギやミルワームなどの昆虫、エビやザリガニ、カエルなどが使われる。生き餌 フレッシュアイペディアより)

  • サクラマス

    サクラマスから見たメダカメダカ

    河川残留型(陸封型)のヤマメやアマゴは渓流釣りの対象魚として人気が高く、各地で放流事業が盛んである。しかし、放流される個体は放流場所と異なる水系由来のものであることが多く、ヤマメ域にアマゴ、アマゴ域にヤマメにが放流され、両者は容易に交配してしまいヤマメとアマゴの中間的な魚も発見されており、分布域は曖昧になりつつある。このことは、放流場所の個体群が持っていた遺伝的特徴を失わせてしまう遺伝子汚染の問題を引き起こしている(関連した話題はヤマメ、メダカを参照)。近年、富山県神通川ではサツキマス(アマゴ)との混血による魚体の小型化が報告されている。サクラマス フレッシュアイペディアより)

  • 遺伝的多様性

    遺伝的多様性から見たメダカメダカ

    遺伝的多様性は、生態系の多様性や種多様性と比べて目で見て理解することが難しく、この概念の認知度も低いことから、環境保全活動の中で十分考慮されているとは言い難い事例がある。例えば、河川環境活動として魚を放流する事業で、在来個体群が存在するにもかかわらず近縁の別個体群を放流するなど、遺伝的多様性を損なう例があり問題となっている(遺伝子汚染、錦鯉の放流と生態系の破壊問題、メダカを参照)。遺伝的多様性 フレッシュアイペディアより)

  • 石川裕二

    石川裕二から見たメダカメダカ

    東京都出身。東北大学理学部を卒業後、千葉大学医学部助手を経て、1985年から1992年まで琉球大学医学部で助教授を勤める。1992年からは、放射線医学総合研究所、上席研究員。この間、日本医科大学などの非常勤講師(神経解剖学)。メダカを対象として、脳・神経の形態発生学、遺伝学について研究し、メダカの脳構造と、その放射線照射などによる発生異常について明らかにした。2004年放射線医学総合研究所業績表彰。また、同研究所の田口泰子によって開発された、近交系メダカの保存・提供事業を行っている。石川裕二 フレッシュアイペディアより)

  • 泉知束

    泉知束から見ためだかメダカ

    めだか(2003年、フジテレビ)泉知束 フレッシュアイペディアより)

  • 金魚藻

    金魚藻から見たメダカメダカ

    世界中に生息していて、日本にも生息している在来種。とても丈夫で、熱帯魚やメダカの繁殖水槽にも、隠れ家や産卵床として用いられることがある。浮漂性の水草で、水中を漂って育つ。砂や土に植えても、根は出ない。地域差を無視した放流は遺伝子汚染も起こりえるので、日本にも自生するからといって、むやみに屋外に放すべきではない。金魚藻 フレッシュアイペディアより)

  • 豊川市立御津南部小学校

    豊川市立御津南部小学校から見たメダカメダカ

    南部山には南部川が流れ、アメリカザリガニやメダカなどの生き物が住み着いている。他にもカシワの木や栗の木などがある。豊川市立御津南部小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 江合川

    江合川から見たメダカメダカ

    平野部の主要支流である田尻川と出来川は、コイ、フナ、メダカの生息域になっている一方、外来種のブラックバスなどの増加も指摘されている。また、サケが遡上することも報告されている。江合川 フレッシュアイペディアより)

200件中 111 - 120件表示

「メダカ」のニューストピックワード