200件中 11 - 20件表示
  • ナミゲンゴロウ

    ナミゲンゴロウから見たメダカメダカ

    幼虫は非常に凶暴なプレデターで、動くものなら何でも襲って捕らえ、激しく共食いをする。1齢幼虫は主にミジンコやアカムシ、ボウフラ、イトトンボ類のヤゴなどを、2齢幼虫・3齢幼虫はホウネンエビ、ドジョウやメダカ、キンギョなどの小魚やオタマジャクシ類、ヤゴなどの水生昆虫類、小さなカエル類、水面に落ちた昆虫類、飼育下ではバッタやコオロギなどの昆虫類を食べる。飼育下ではコオロギなどの昆虫類を与えないと羽化率(成虫まで育つ割合)が低くなるようである。ナミゲンゴロウ フレッシュアイペディアより)

  • アクアリウム

    アクアリウムから見たメダカメダカ

    なお近年では熱帯魚に限定されず、野生の魚を自然に近い環境で飼育して、その生活を観察や鑑賞をする目的から、メダカなどに関心が寄せられることもある。だがその一方で愛好者が増えたために、野生魚や自然環境下にある水草の乱獲を心配する声も聞かれる。アクアリウム フレッシュアイペディアより)

  • 会田龍雄

    会田龍雄から見たメダカメダカ

    島津製作所初代社長・島津源蔵の援助によって、京都の自宅の庭に水槽などの実験用設備を整え、メダカの色素の遺伝について精密な交配実験を行った。高等工芸には1週間に1日出勤すればよかったので、自宅でのびのびと研究することができたという。シロメダカの体色が限性遺伝という遺伝様式に従うことを発見し、Y染色体には遺伝子が含まれていない、とした当時の常識をくつがえした。実験結果は、日本の学会には発表せず、アメリカの専門学術雑誌に直接発表した。メダカを実験材料とした遺伝学について、その他にも多くの業績をあげ、1932年帝国学士院賞。会田龍雄 フレッシュアイペディアより)

  • ダツ目

    ダツ目から見たメダカメダカ

    ダツ目()は、硬骨魚類の分類群の一つ。2亜目5科36属で構成され、メダカ・ダツなど227種を含む。ダツ亜目にはサンマ・トビウオ・サヨリなど、水産資源として重要な魚類が多く所属する。ダツ目 フレッシュアイペディアより)

  • キンギョ

    キンギョから見たメダカメダカ

    キンギョは、オスとメスを一緒に飼っていても、産卵のための工夫を何もしない場合、稚魚が見つかることはメダカなどと比べるとまれである。産卵しても、放っておくと親を含めた成魚が産み付けた卵を食べつくしてしまうことが圧倒的に多いためである。キンギョ フレッシュアイペディアより)

  • めだか

    めだかから見たメダカメダカ

    めだか フレッシュアイペディアより)

  • 目高

    目高から見たメダカメダカ

    目高 フレッシュアイペディアより)

  • ニホンメダカ

    ニホンメダカから見たメダカメダカ

    ニホンメダカ フレッシュアイペディアより)

  • 近交系メダカ

    近交系メダカから見たメダカメダカ

    近交系メダカ(きんこうけいメダカ)とは、近親交配(多くの場合は、兄妹同士の交配)を20世代以上継続して得られた、遺伝子的にほぼ同一になったメダカ系統のことである。言い換えれば、この系統内ではどの個体をとっても遺伝子の組成がほぼ同一である。純系メダカともよばれる。近交系メダカ フレッシュアイペディアより)

  • タンクメイト

    タンクメイトから見たメダカメダカ

    水槽内のバイオフィルムや死骸を食べる。ヌマエビ科のエビの中でも大型で活発なため、分布域外でもよく販売・飼育される。テトラ類やメダカなど小型魚との飼育に適し、比較的安価に入手できる。ただし、餌が不足すると水草の新芽を食い荒らしたり、弱った小型魚を襲うことがある。また、繁殖させるには卵から孵化した幼生を海水水槽に移す必要がある。他のヌマエビ類として、水槽内での繁殖が可能なミナミヌマエビ、丈夫なトゲナシヌマエビなども利用できる。タンクメイト フレッシュアイペディアより)

200件中 11 - 20件表示

「メダカ」のニューストピックワード