165件中 21 - 30件表示
  • タンクメイト

    タンクメイトから見たメダカメダカ

    水槽内のバイオフィルムや死骸を食べる。ヌマエビ科のエビの中でも大型で活発なため、分布域外でもよく販売・飼育される。テトラ類やメダカなど小型魚との飼育に適し、比較的安価に入手できる。ただし、餌が不足すると水草の新芽を食い荒らしたり、弱った小型魚を襲うことがある。また、繁殖させるには卵から孵化した幼生を海水水槽に移す必要がある。他のヌマエビ類として、水槽内での繁殖が可能なミナミヌマエビ、丈夫なトゲナシヌマエビなども利用できる。タンクメイト フレッシュアイペディアより)

  • 福上湖

    福上湖から見たメダカメダカ

    メダカ、タウナギ、マルタニシ、サカモトサワガニ、アラモトサワガニなどに加え、日本国の天然記念物に指定されたリュウキュウヤマガメ、沖縄県の天然記念物に指定されたイボイモリ、ナミエガエル、ホルストガエル、クロイワトカゲモドキが生息する。また、カイツブリ、オシドリ、ミサゴなどの鳥類も確認されている。1991年(平成3年)からリュウキュウアユの放流が始まり、湖内に定着させることに成功している。福上湖 フレッシュアイペディアより)

  • 今立川

    今立川から見たメダカメダカ

    流域内にはコバノミツバツツジやアカマツなどの他、水辺にヨシ、堤防付近にヨモギ、シロツメクサなどが生えている。周辺に水田が多いためサギ類が多く、河原にはセキレイ類も多く生息する。水中にはギンブナやメダカが見られ、河口付近の海域には天然記念物のカブトガニもいる。今立川 フレッシュアイペディアより)

  • タナゴ亜科

    タナゴ亜科から見たメダカメダカ

    体はフナのような体型で、左右から押しつぶされたように平たい。種類によっては口元にコイのような2本のひげをもつものもいる。全長はいずれも数cm-10 cm程度で、メダカとフナの中間くらいだが、オオタナゴやカネヒラ、イタセンパラなど10 cmを超える種類もいる。同じ種類内ではオスがメスより大きい場合が多い。タナゴ亜科 フレッシュアイペディアより)

  • 坂川

    坂川から見たメダカメダカ

    以前は水質が汚かったが、現在はBODが5?7程度ときれいになりつつある。そのため、確認される魚も増えていて、メダカやアユなども確認された。坂川 フレッシュアイペディアより)

  • 夷隅川

    夷隅川から見たメダカメダカ

    夷隅川流域は、国の天然記念物に指定され絶滅危惧種であるミヤコタナゴの分布域にあたり、流域内の細流や池などに現在も生息が確認されている。同じく絶滅危惧種であるメダカなども細流や池に数多く生息していたが、近年は生息数が減少している。過去にはミヤコタナゴの稚魚の放流が行われていた。夷隅川 フレッシュアイペディアより)

  • トゥラロサ盆地

    トゥラロサ盆地から見たメダカメダカ

    盆地の閉じた環境のため、いくつかの独特の生態系が発達した。トゥラロサ盆地だけで発生した種はかなりの数がある。これらは、メダカの一種であるホワイトサンズ・パプフィッシュ (White Sands pupfish) とシマリスの一種であるオスキュラ・マウンテンズ・チップマンク (Oscura Mountains Chipmunk) を含む。トゥラロサ盆地 フレッシュアイペディアより)

  • 圃場整備

    圃場整備から見たメダカメダカ

    メダカの生息環境など身近な生態系が破壊される。圃場整備 フレッシュアイペディアより)

  • 鳴弦の巫女

    鳴弦の巫女から見たメダカメダカ

    高等部2年生。メダカの飼育が趣味で、雪奈の入部まで廃部寸前状態であった生物部を切り盛りしていた。鳴弦の巫女 フレッシュアイペディアより)

  • 日本宇宙生物科学会

    日本宇宙生物科学会から見たメダカメダカ

    (宇宙と地球生命:毛利衛、向井さんのお供をしたメダカたち:井尻憲一、宇宙での動物の生殖と発生:小池元・山下雅道・浅島誠、動物の行動と重力:最上善広、細胞はどのようにして重力を感ずるか:佐藤温重、植物はどのように重力を感ずるか:保尊隆享・増田芳雄、宇宙環境と人間:渡邉悟、宇宙でのライフサイエンス:長岡俊治)日本宇宙生物科学会 フレッシュアイペディアより)

165件中 21 - 30件表示

「メダカ」のニューストピックワード