200件中 21 - 30件表示
  • 今立川

    今立川から見たメダカメダカ

    流域内にはコバノミツバツツジやアカマツなどの他、水辺にヨシ、堤防付近にヨモギ、シロツメクサなどが生えている。周辺に水田が多いためサギ類が多く、河原にはセキレイ類も多く生息する。水中にはギンブナやメダカが見られ、河口付近の海域には天然記念物のカブトガニもいる。今立川 フレッシュアイペディアより)

  • 椹野川

    椹野川から見たメダカメダカ

    山口県山口市宮野上の坂堂峠付近に源を発し、宮野湖、荒谷ダムを経た後、JR山口線に沿って南西に流れる。椹野川水系最大の支流仁保川、山口市街を流れる一の坂川を合わせ、山口湾に注ぐ。絶滅危惧種のスナヤツメ、アカザ、メダカが生息し、鮎も採れる。椹野川 フレッシュアイペディアより)

  • 合志川

    合志川から見ためだかメダカ

    河川改修などでその姿は減ってきているものの、今でもめだかやスズキ科の淡水魚であるオヤニラミも生息している。合志川 フレッシュアイペディアより)

  • 湯川 (美ヶ原温泉)

    湯川 (美ヶ原温泉)から見たメダカメダカ

    湯川に生息する魚類にはドジョウやヨシノボリがあり、希少ながらメダカやカダヤシが見られる。松本市中心市街地を流れる川でメダカが生息しているのは湯川くらいである。カダヤシはかつて汚れた川の水質改善を目的に放流された外来種であり、現在湯川や女鳥羽川で見られるものはその子孫である。このカダヤシこそがメダカ減少の犯人ではないかと指摘する声もあったが、そもそもの原因はむしろ水質汚濁にあると考えられている。湯川 (美ヶ原温泉) フレッシュアイペディアより)

  • アルファロ・クルトラートゥス

    アルファロ・クルトラートゥスから見たメダカメダカ

    色彩的には日本のメダカに似るが、体側の一部がメタリックブルー、尾ビレは薄い黄色に発色する。アルファロ・クルトラートゥス フレッシュアイペディアより)

  • 検索表

    検索表から見たメダカメダカ

    以下に、簡単(かついい加減)な検索表の例を示す。水田の魚の検索表を作って見よう。対象となるのはメダカ・フナ・ドジョウ・ナマズである。検索表 フレッシュアイペディアより)

  • 順位制

    順位制から見たメダカメダカ

    このような順位はアレーによって1938年に「つつきの順位」(peck order)と名付けられた。これを契機に、人為的な環境に特定の動物を複数閉じこめ、互いの行動を調べ、攻撃の方向を調べることで順位を見る研究が様々な動物で行われた。それらはそこに含まれる各個体間での勝敗、あるいはそれに類するものを書き込んで作られる総当たり星取り表のようなソシオグラムが使われた。それによって、やや異なる状況も見いだされた。たとえばBennetが1939年に調べたモリバトの場合、つつかれる側がつつき返す例があり、どちらが優位であるかは統計的判断が必要であった。また、水槽のメダカでの例では、最優位の個体は明確だが、それ以外の個体間にははっきりした優劣がないと判断された。その他様々な無脊椎動物でも同様の実験が行われ、順位制を認めた例もある。順位制 フレッシュアイペディアより)

  • ヨツメウオ

    ヨツメウオから見たメダカメダカ

    全長は15 cmほどだが、大型個体では30 cmを超える。これはカダヤシ目中最大である。背中側は褐色で、腹側は白い。頭が幅広く、丸い眼球が大きく飛び出す。目は勿論2つしかないが、それぞれの瞳を水平に横切る不透明の仕切りがあり、名前のとおり目が4つあるように見える。体の断面は逆三角形でメダカを大きくしたような体型だが、カダヤシ目に分類されメダカよりもカダヤシやグッピーに近縁である。ヨツメウオ フレッシュアイペディアより)

  • 鳴弦の巫女

    鳴弦の巫女から見たメダカメダカ

    高等部2年生。メダカの飼育が趣味で、雪奈の入部まで廃部寸前状態であった生物部を切り盛りしていた。鳴弦の巫女 フレッシュアイペディアより)

  • コリオリシンL

    コリオリシンLから見たメダカメダカ

    この酵素は、真骨類のメダカ等が持つ。コリオリシンL フレッシュアイペディアより)

200件中 21 - 30件表示

「メダカ」のニューストピックワード