165件中 61 - 70件表示
  • トリムパークかなづ

    トリムパークかなづから見たメダカメダカ

    トリムパークかなづの奥側へ進むと、林や木々が立ち並びんでおり、そこに散策路や散歩道が整備されている。ペットは持ち込みは禁止されているが、奥側の山丘散策路のみ持ち込みが可能となっている。ほかにも、日本庭園がありそこの池には鯉などが泳いでいる。さらに進むと、森の学校、芝生などがありビオトープ園には、メダカやおたまじゃくしなどの稚魚がいる。また、植物園には綺麗な花が咲いており、風流が感じられる。トリムパークかなづ フレッシュアイペディアより)

  • 豊川市立御津南部小学校

    豊川市立御津南部小学校から見たメダカメダカ

    南部山には小さな小川が流れ、アメリカザリガニやメダカなどの生き物が住み着いている。他にもカシワの木や栗の木などがある。豊川市立御津南部小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中郷温水池

    中郷温水池から見たメダカメダカ

    三島市とNPO法人グラウンドワーク三島が共同し、市民とともに様々な保全活動を行っており、源兵衛川とともに自然植生が再生していき、鳥類のために造られた中州2箇所がメダカやトウヨシノボリ等の多種多様な動植物の生息場所となり、現在、延べ100種類以上にも及ぶ、多種多様な動植物の生息場所になっている。中郷温水池 フレッシュアイペディアより)

  • 川のぬし釣り 秘境を求めて

    川のぬし釣り 秘境を求めてから見たメダカメダカ

    イワナ(渓流)、アメマス(渓流)、ヤマメ(渓流)、サクラマス(渓流)、アマゴ(渓流)、ニジマス(渓流・山上湖)、カワマス(渓流・山上湖)、アブラハヤ(渓流・山上湖)、カジカ(渓流・山上湖・清流)、アカザ(渓流・山上湖・清流)、イモリ(渓流(外道))、ブラックバス(山上湖)、ブラウントラウト(山上湖)、ヒメマス(山上湖)、ブルーギル(山上湖)、ハリヨ(山上湖)、ドンコ(山上湖・清流)、ホンモロコ(山上湖・湖)、ワカサギ(山上湖・河口)、カエル(山上湖(外道))、カワムツ(清流)、サツキマス(清流)、ギギ(清流)、ヤマノカミ(清流)、アユ(清流・湖)、カマツカ(清流・湖)、タモロコ(清流・湖)、イトモロコ(清流・下流)、シマドジョウ(清流・下流)、ムギツク(清流・下流)、オイカワ(清流・湖・下流)、ウグイ(清流・湖・下流・河口)、ニゴイ(清流・湖・下流・河口)、ザリガニ(清流(外道))、ヘラブナ(湖)、ハス(湖)、メダカ(湖・下流)、タナゴ(湖・下流)、ツチフキ(湖・下流)、ワタカ(湖・下流)、モツゴ(湖・下流)、ライギョ(湖・下流)、カムルチー(湖・下流)、コクレン(湖・下流)、ハクレン(湖・下流)、ソウギョ(湖・下流)、アオウオ(湖・下流)、ナマズ(湖・下流)、ヒガイ(湖・下流・河口)、コイ(湖・下流・河口)、ウナギ(湖・下流・河口)、ドジョウ(下流)、トウギョ(下流)、オヤニラミ(下流)、トミヨ(下流)、テナガエビ(下流)、キンブナ(下流)、マブナ(下流)、スッポン(下流(外道))、カメ(下流(外道))、ハゼ(河口)、ヌマガレイ(河口)、マルタ(河口)、スズキ(河口)、アカメ(河口)、クサフグ(河口)、ボラ(河口)、メゴチ(河口)、サヨリ(河口)、クロダイ(河口)、カニ(河口(外道))川のぬし釣り 秘境を求めて フレッシュアイペディアより)

  • 宍喰駅

    宍喰駅から見たメダカメダカ

    2010年(平成22年)12月7日 - 町内の宍喰漁港で捕れた雄雌1匹ずつ計2匹のイセエビが「駅長」に就任。同年8月から「駅長」として展示されていたメダカに替わる就任となる。宍喰駅 フレッシュアイペディアより)

  • 熱帯魚

    熱帯魚から見たメダカメダカ

    メダカ、小赤(小型の和金)、コオロギ、アカヒレなど。ガーパイクやピラニアなど、肉食の魚に用いる。人工飼料よりも食い付きが良いことが多いが、生き餌をストックしておく容器や手間が必要となる。熱帯魚 フレッシュアイペディアより)

  • カダヤシ

    カダヤシから見たメダカメダカ

    全長はオス3cm、メス5cmほどで、メスのほうが大きい。外見はメダカによく似る。メダカとカダヤシは分類上では全くの別種であるどころか、別の系統の魚とされる。メダカはダツ目なのに対し、カダヤシはグッピーやヨツメウオなどと同じカダヤシ目である。しかし、外見では、特に上からでは判断できないくらいに似ている。カダヤシ フレッシュアイペディアより)

  • 湯川 (美ヶ原温泉)

    湯川 (美ヶ原温泉)から見たメダカメダカ

    湯川に生息する魚類にはドジョウやヨシノボリがあり、希少ながらメダカやカダヤシが見られる。松本市中心市街地を流れる川でメダカが生息しているのは湯川くらいである。カダヤシはかつて汚れた川の水質改善を目的に放流された外来種であり、現在湯川や女鳥羽川で見られるものはその子孫である。このカダヤシこそがメダカ減少の犯人ではないかと指摘する声もあったが、そもそもの原因はむしろ水質汚濁にあると考えられている。湯川 (美ヶ原温泉) フレッシュアイペディアより)

  • 藺牟田池

    藺牟田池から見たメダカメダカ

    池畔にはヨシやマコモが茂り、水中にはジュンサイ(蓴菜)、ヒツジグサ、ヒシなどの水草が多くみられる。魚類としてオイカワ、キンブナ、メダカなどに加えてブラックバスも生息する。貝類はドブガイも生息する。藺牟田池 フレッシュアイペディアより)

  • 競争 (生物)

    競争 (生物)から見たメダカメダカ

    実際の競争が、どのような形で行われるかは一概には言えない問題である。同じ餌を求める物同士であるからといって、実際にある獲物を取り合って戦うとは限らない。ライオンとハイエナのようにそのような例もあるが、ほとんどの場合はもっと間接的な形で行われる。たとえばメダカとカダヤシは非常によく似た魚で、都会地ではたいていはメダカがカダヤシに置き換えられている。しかし、カダヤシがメダカをどんどん食べているとか、カダヤシがメダカを攻撃しているわけではない。競争 (生物) フレッシュアイペディアより)

165件中 61 - 70件表示

「メダカ」のニューストピックワード