200件中 61 - 70件表示
  • 禽獣 (小説)

    禽獣 (小説)から見たメダカメダカ

    40歳に近い。独身者。厭人癖がある。音楽雑誌に月々金を出し、音楽会や舞踊会に通っている。菊戴、駒鳥、柴犬、緋目高、鯉の子、百舌の子、ワイアーヘアード・フォックス・テリア、ボストン・テリア、木菟などを飼っている。紅雀や黄鶺鴒犬、赤鬚を飼ったこともある。犬の出産と育児が楽しく、雌犬ばかり飼っている。どんな愛玩動物でも見ればほしくなるが、そういう浮気心は結局薄情に等しいことを経験で知る。禽獣 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • サヨリ

    サヨリから見たメダカメダカ

    4月中旬から8月中旬が産卵期であり、群れで藻場に入り込み、メダカの卵に似た直径2.2mm程度の大粒の卵を、粘着糸で海藻や海草に絡み付ける。孵化直後の仔魚は全長7mm程度で、これが2.5cm程度まで成長すると下顎の伸張が始まる。下顎はいったん成魚よりも全長比で長く伸張するが、次第に体の他の部分の成長が著しくなり、全長27cm程度になると、ほぼ成魚と同じプロポーションになる。寿命は2年余りと考えられている。サヨリ フレッシュアイペディアより)

  • スジエビ

    スジエビから見たメダカメダカ

    昼間は石の下や水草、抽水植物の茂みの中にひそみ、夜になると動きだす。藻類や水草も食べるが、食性はほぼ肉食性で、水生昆虫や他の小型甲殻類、貝類、ミミズなど様々な小動物を捕食する。大きな個体はメダカなどの小魚を捕食することもある。動物の死骸にもよく群がり、餌が少ないと共食いもする。餌を食べる際は鋏脚で餌を小さくちぎり、忙しく口に運ぶ動作を繰り返す。また、小さな塊状の餌は歩脚と顎脚で抱えこみ、大顎で齧って食べる。一方、天敵はスッポンなどの淡水性カメ類、ウナギやカワムツ、ブルーギルなどの淡水魚、サギなどの鳥類がいる。スジエビ フレッシュアイペディアより)

  • 競争 (生物)

    競争 (生物)から見たメダカメダカ

    実際の競争が、どのような形で行われるかは一概には言えない問題である。同じ餌を求める物同士であるからといって、実際にある獲物を取り合って戦うとは限らない。ライオンとハイエナのようにそのような例もあるが、ほとんどの場合はもっと間接的な形で行われる。たとえばメダカとカダヤシは非常によく似た魚で、都会地ではたいていはメダカがカダヤシに置き換えられている。しかし、カダヤシがメダカをどんどん食べているとか、カダヤシがメダカを攻撃しているわけではない。競争 (生物) フレッシュアイペディアより)

  • 川のぬし釣り 秘境を求めて

    川のぬし釣り 秘境を求めてから見たメダカメダカ

    イワナ(渓流)、アメマス(渓流)、ヤマメ(渓流)、サクラマス(渓流)、アマゴ(渓流)、ニジマス(渓流・山上湖)、カワマス(渓流・山上湖)、アブラハヤ(渓流・山上湖)、カジカ(渓流・山上湖・清流)、アカザ(渓流・山上湖・清流)、イモリ(渓流(外道))、ブラックバス(山上湖)、ブラウントラウト(山上湖)、ヒメマス(山上湖)、ブルーギル(山上湖)、ハリヨ(山上湖)、ドンコ(山上湖・清流)、ホンモロコ(山上湖・湖)、ワカサギ(山上湖・河口)、カエル(山上湖(外道))、カワムツ(清流)、サツキマス(清流)、ギギ(清流)、ヤマノカミ(清流)、アユ(清流・湖)、カマツカ(清流・湖)、タモロコ(清流・湖)、イトモロコ(清流・下流)、シマドジョウ(清流・下流)、ムギツク(清流・下流)、オイカワ(清流・湖・下流)、ウグイ(清流・湖・下流・河口)、ニゴイ(清流・湖・下流・河口)、ザリガニ(清流(外道))、ヘラブナ(湖)、ハス(湖)、メダカ(湖・下流)、タナゴ(湖・下流)、ツチフキ(湖・下流)、ワタカ(湖・下流)、モツゴ(湖・下流)、ライギョ(湖・下流)、カムルチー(湖・下流)、コクレン(湖・下流)、ハクレン(湖・下流)、ソウギョ(湖・下流)、アオウオ(湖・下流)、ナマズ(湖・下流)、ヒガイ(湖・下流・河口)、コイ(湖・下流・河口)、ウナギ(湖・下流・河口)、ドジョウ(下流)、トウギョ(下流)、オヤニラミ(下流)、トミヨ(下流)、テナガエビ(下流)、キンブナ(下流)、マブナ(下流)、スッポン(下流(外道))、カメ(下流(外道))、ハゼ(河口)、ヌマガレイ(河口)、マルタ(河口)、スズキ(河口)、アカメ(河口)、クサフグ(河口)、ボラ(河口)、メゴチ(河口)、サヨリ(河口)、クロダイ(河口)、カニ(河口(外道))川のぬし釣り 秘境を求めて フレッシュアイペディアより)

  • 長楽用水

    長楽用水から見たメダカメダカ

    水路にヤリタナゴ、シマドジョウ(環境省レッドデータブック絶滅危惧IB類に分類)、メダカ、ナマズ、ウキゴリ(環境省レッドデータブック絶滅危惧II類に分類)などの生物が生息する。長楽用水 フレッシュアイペディアより)

  • 十ヶ川

    十ヶ川から見たメダカメダカ

    十ヶ川上流部の代表的な種には、魚類にコイやギンブナ、鳥類にアオサギやヒバリ、植物にカナムグラやクズなどがあり、下流部の代表的な種には、魚類にボラやマハゼ、鳥類にヒドリガモやケリ、植物にクズやススキなどがある。重要な種には、上流部のメダカやイシガメ、下流部のマシジミやハマアカザやチュウヒなどがある。十ヶ川・阿久比川の両河川でカダヤシやアレチウリなどの外来種が確認されているが、阿久比川で確認されているブルーギルやオオクチバスなどは十ヶ川では確認されていない。十ヶ川や阿久比川の流域にはヘイケボタルが生息しており、阿久比町はホタルの保護活動を積極的に行なっている。1989年(平成元年)、阿久比町は環境省によってふるさといきものの里100選に選出された。十ヶ川 フレッシュアイペディアより)

  • トゥラロサ盆地

    トゥラロサ盆地から見たメダカメダカ

    盆地の閉じた環境のため、いくつかの独特の生態系が発達した。トゥラロサ盆地だけで発生した種はかなりの数がある。これらは、メダカの一種であるホワイトサンズ・パプフィッシュ (White Sands pupfish) とシマリスの一種であるオスキュラ・マウンテンズ・チップマンク (Oscura Mountains Chipmunk) を含む。トゥラロサ盆地 フレッシュアイペディアより)

  • 坂川

    坂川から見たメダカメダカ

    以前は水質が汚かったが、現在はBODが5?7程度ときれいになりつつある。そのため、確認される魚も増えていて、メダカやアユなども確認された。坂川 フレッシュアイペディアより)

  • 井草川

    井草川から見たメダカメダカ

    開渠時には野生のメダカが生息していた。その後、野生種は絶滅したと思われていたが、2008年(平成20年)1月26日付朝日新聞によると、その時捕獲された野生種が杉並区内在住の元教諭宅で飼育されていることが判明した。井草川 フレッシュアイペディアより)

200件中 61 - 70件表示

「メダカ」のニューストピックワード