200件中 71 - 80件表示
  • 発生生物学

    発生生物学から見たメダカメダカ

    現在の発生生物学研究では主にモデル生物を用いて研究が行われる。動物全般のモデルとしてはショウジョウバエと線虫が、脊椎動物レベルとしてはニワトリ、アフリカツメガエル、ゼブラフィッシュ、メダカなどが、哺乳類のモデルとしてはマウスがしばしば用いられる。植物ではシロイヌナズナが最も有名。発生生物学 フレッシュアイペディアより)

  • テトラ (ペット用品メーカー)

    テトラ (ペット用品メーカー)から見たメダカメダカ

    主力製品は「すべての金魚の主食」と謳う「テトラフィン」、メダカの「テトラキリミンブライト」、「すべての熱帯魚の主食」と謳う、観賞魚用飼料である「TetraMin」(テトラミン)と外掛式フィルター「OTシリーズ」と「ATシリーズ」である。その他に専用水質調整剤や専用フィルター、専用水槽及び飼育セット、エアーポンプ、専用ヒーター、専用照明器具等も開発、販売している。また同じくドイツに拠点があるエーハイムとも関係が深い。テトラ (ペット用品メーカー) フレッシュアイペディアより)

  • ヤマトヌマエビ

    ヤマトヌマエビから見たメダカメダカ

    メダカやテトラ類、他のヌマエビ類などと共に飼育される事があり、水槽内を活発に動き回って水槽内の糞や食べかすや藻類や水垢などを食べ、掃除役をこなす。固形飼料を与えると素早くつかみ取るしぐさなども愛嬌があり、上手に飼育すれば3年以上生きる。ただし自分より大きい魚がいたり極端に明るいと物陰に隠れて出てこず、自分より小さな魚が弱っている場合は餌が少ない時など食することがある。健康な魚は小型のものであっても襲うことはほとんどないので混泳に際してそれほど神経質になる必要はない。ただし、稚エビなど小さな個体は捕食されてしまうのでそれらの繁殖を期する場合は混泳させないまたは隠れる草木などを利用したほうが良い。本種はヌマエビとしては大型であるので、同居している魚が肉食または雑食魚でなければ本種が襲われることはなく、水槽の苔取り役として利用される事が多い。ヤマトヌマエビ フレッシュアイペディアより)

  • オタマジャクシ

    オタマジャクシから見たメダカメダカ

    尾は胴部より長いのが普通で、左右から偏平で先端が尖る。上下に膜状の鰭(ひれ)をもち、横から見ると楕円形になる。尾は筋肉質でよく曲がり、これを全体にくねらせて泳ぐ。中層を泳ぐものでは、尾を大きく動かすのではなく、先端を細かく動かすメダカのような動きをするものもある。オタマジャクシ フレッシュアイペディアより)

  • 二河川 (広島県)

    二河川 (広島県)から見たメダカメダカ

    魚類 : 流域全部でカワムツが生息している。下流域にはアユが生息しているが二河峡が遡上を妨げている。一方で二河峡には、環境省レッドリスト入りしているメダカが自生している。二河川 (広島県) フレッシュアイペディアより)

  • 福上湖

    福上湖から見たメダカメダカ

    メダカ、タウナギ、マルタニシ、サカモトサワガニ、アラモトサワガニなどに加え、日本の国の天然記念物に指定されたリュウキュウヤマガメ、沖縄県の天然記念物に指定されたイボイモリ、ナミエガエル、ホルストガエル、クロイワトカゲモドキが生息する。また、カイツブリ、オシドリ、ミサゴなどの鳥類も確認されている。1991年(平成3年)からリュウキュウアユの放流が始まり、湖内に定着させることに成功している。福上湖 フレッシュアイペディアより)

  • トリムパークかなづ

    トリムパークかなづから見たメダカメダカ

    トリムパークかなづの奥側へ進むと、林や木々が立ち並びんでおり、そこに散策路や散歩道が整備されている。ペットは持ち込みは禁止されているが、奥側の山丘散策路のみ持ち込みが可能となっている。ほかにも、日本庭園がありそこの池には鯉などが泳いでいる。さらに進むと、森の学校、芝生などがありビオトープ園には、メダカやおたまじゃくしなどの稚魚がいる。また、植物園には綺麗な花が咲いており、風流が感じられる。トリムパークかなづ フレッシュアイペディアより)

  • 岡村動物プロダクション

    岡村動物プロダクションから見たメダカメダカ

    動物は、ジャイアントシュナウザー(犬)、サモエド(犬)、パルマワラビー、ジャンボウサギ、ロップイヤーラビット、ライオンラビット、ウサギ、モルモット、ゴールデンハムスター、ハリスホーク、メンフクロウ、小型淡水魚(メダカなど)など。魚類、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類の約40種約100点を飼育・訓練する。岡村動物プロダクション フレッシュアイペディアより)

  • 体外受精 (生物)

    体外受精 (生物)から見たメダカメダカ

    体内受精に比べ、体外受精では生殖器の構造は簡単になりやすい。交尾のための性器や受精嚢などが必要ないからで、極端な場合、輸精管や輸卵管くらいしか必要ない。それすらない例もある。ヒモムシ等では卵も精子も体表から脱出する。しかし、全く何もない訳ではなく、例えば、メダカの雄では尻びれが雌より幅広くなっているが、これはその部分で雌の総排出孔付近を囲い、精子の拡散を防ぐのに使われる。体外受精 (生物) フレッシュアイペディアより)

  • 用水路

    用水路から見たメダカメダカ

    しかし、日本に灌漑農業が導入された弥生時代以降 2000 - 3000年の間に、この特殊な環境に巧みに適応し、農業用水路の環境を生活に組み込む生物が数多く存在する。まず、比較的流れが緩やかで水深が浅く日当たりが良いため、プランクトンやコケなどの生育がよく、また土の河床ではミミズなども生息可能で、それを食糧にするタニシやオタマジャクシ(カエルの幼生)、魚類のメダカやヨシノボリなどが住み着く。すると、それを捕食する甲殻類のザリガニ、昆虫のタガメやヤゴ(トンボの幼生)などの生活を支える。さらに、それらを捕食するコウノトリやサギなどの生活も支える。人為的に造られた環境が、長い年月をかけて自然と一体化し、里山のそれと同様に、独特の生態系を築き上げてゆくこととなった。用水路 フレッシュアイペディアより)

200件中 71 - 80件表示

「メダカ」のニューストピックワード