165件中 71 - 80件表示
  • 動物の子育て

    動物の子育てから見たメダカメダカ

    硬骨魚類に見られる子育て行動は多様である。体内受精の種では、産卵までの間は必然的に母親の体内で保護されるが、さらに卵が孵化するまで体内に留まる胎生や卵胎生もシーラカンス、ウミタナゴ、グッピー等に見られる。カダヤシ科やヨツメウオ科では濾胞内で卵の発生が進むため、濾胞内妊娠と呼ばれる。ウミタナゴや、メダカの仲間であるジェニンシア科、グーデア科の受精卵は卵巣腔内で発生する。しかし卵生の硬骨魚類では、もっとも多いのはまったく保護をしない種で、とくに浮性卵を産む種類では受精後の子育てはまれである。浮性卵を産むベラ類は、産卵する時間帯や場所を選ぶことで、卵が捕食されるのを防いでいる。動物の子育て フレッシュアイペディアより)

  • 体外受精 (生物)

    体外受精 (生物)から見たメダカメダカ

    体内受精に比べ、体外受精では生殖器の構造は簡単になりやすい。交尾のための性器や受精嚢などが必要ないからで、極端な場合、輸精管や輸卵管くらいしか必要ない。それすらない例もある。ヒモムシ等では卵も精子も体表から脱出する。しかし、全く何もない訳ではなく、例えば、メダカの雄では尻びれが雌より幅広くなっているが、これはその部分で雌の総排出孔付近を囲い、精子の拡散を防ぐのに使われる。体外受精 (生物) フレッシュアイペディアより)

  • 深泥池

    深泥池から見たメダカメダカ

    ナガバオモダカ(学名:Sagittaria graminea )、キショウブなどの植物や、ブルーギル、オオクチバス、カムルチー、アカミミガメなどの外来種が問題視されている。これらは繁殖力が強く、生態系に悪影響を与えているとされ、メダカやタモロコなど、いくつかの在来種が食物網(特に捕食-被食関係)の変化によって姿を消している。深泥池 フレッシュアイペディアより)

  • 旭川 (岡山県)

    旭川 (岡山県)から見たメダカメダカ

    動物は、源流部に、特別天然記念物のオオサンショウウオが生息し、上流部は清流を好むアマゴ、カジカ、スナヤツメなどが、湯原ダムには、コイ、ギンブナ等が生息し、カルガモやマガモ等のカモ類が飛来している。また、ニホンザルやイノシシ、ムササビなどもみられる。中流部は、旭川ダムのすぐ近くまでアユやサツキマスが遡上し、ヒドリガモ、マガモ等のカモ類が飛来する。下流部でアユ、ウナギ、メダカなどが、水際の植生周辺にはオヤニラミが生息し、アオサギ等のサギ類やカワセミ等が飛来している。その他、ムカシトンボやゲンジボタル、モリアオガエル、カジカガエル等が生息している。旭川 (岡山県) フレッシュアイペディアより)

  • 山本時男

    山本時男から見たメダカメダカ

    メダカを主要な研究材料として選び、受精生理学、発生学を中心に多くの業績をあげ、受精波説を提唱した。1945年5月14日、第二次世界大戦の名古屋大空襲によって教室は全焼し、ほとんどすべての研究資料を失った。しかし、敗戦後、屈することなくメダカを用いて性分化の研究に新たに取り組んだ。性は、遺伝的には性染色体の組み合わせによって決定されるが、この性別は発生の過程で様々な原因によって揺らぐことが知られていた。d-rR系統のメダカ(雌が白、雄が緋色の体色をもつので、外見から性を区別できる)をたくみに用いて、丹念で根気強い一連の実験によって、性ホルモン処理により雌を雄に、また、雄を雌に機能的に転換させることに成功した。このことによって、性ホルモンによる性分化の転換を確定的に立証した。性分化がホルモンによって簡単に転換し、しかも転換した魚が生殖能力のある親にまで成長する事実は驚きをもって迎えられた。山本時男 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山市立岡山中央小学校

    岡山市立岡山中央小学校から見たメダカメダカ

    屋上には畑があり、そこで理科の実験で使うジャガイモ等を池には、フナ・メダカ等を飼育いる。岡山市立岡山中央小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 円 広志

    円広志から見たメダカメダカ

    メダカの飼育も趣味としている。それを理由に「友達がいない」「一人ぼっち」であるとよくトークの話題にされている(自分でも話題にしている)。円広志 フレッシュアイペディアより)

  • めだかの学校 (漫画)

    めだかの学校 (漫画)から見たメダカメダカ

    校長兼2年生担任教師。頭が魚(メダカ)、体が人間の魚人。男性。見た目もおかしいが性格もおかしく変な行動が目立つ。スルメが大好物で、スルメについての授業を無理やりしようとすることもある。水泳が得意だが、泳ぎ方もやはり変。地球半周程度なら1日で泳げるらしい。謎が多いが29歳らしい。少年時代は怪しい魚人なので謎の機関に捕らわれデータを取られていたらしい。めだかの学校 (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • ヒメダカ

    ヒメダカから見たメダカメダカ

    ヒメダカ(緋目高)はメダカの突然変異型(品種)の一つ。観賞魚として、もしくは肉食魚の餌として販売されている。ヒメダカ フレッシュアイペディアより)

  • 津軽藩ねぷた村

    津軽藩ねぷた村から見たニホンメダカメダカ

    岩木山と弘前公園の老松を借景とした津軽独自の作庭方式を用いた大石武学流庭園で、登録記念物名勝地関係となっている。庭園内の池にはコイ、フナ、ウグイ、カジカ、ザリガニや希少なニホンメダカやカワニナなど生息している。また、フキノトウ、フクジュソウ、ミズバショウ、サツキ、ツツジなどが季節により咲く。園内には明治時代初期に建てられた茶室「揚亀庵」(弘前市指定文化財)がある。津軽藩ねぷた村 フレッシュアイペディアより)

165件中 71 - 80件表示

「メダカ」のニューストピックワード