200件中 81 - 90件表示
  • 水生カメムシ類

    水生カメムシ類から見たメダカメダカ

    水田では、1950年代(昭和20年代)頃まではタガメがごく普通に見られたが、1970年代(昭和40年代)には既に非常に少なくなり、タイコウチばかりが目立つようになる。1980年代以降では、それも非常に少なくなり、多くの場所ではミズカマキリが稀に見られる程度となった。このような水生カメムシの急激な減少は、農薬散布や周辺環境の変化、それにともなったカエルやメダカなどの餌動物の減少などが大きく影響していると考えられている。また、ペット業者やその関係者などによる捕獲が多少なりとも影響を及ぼしている可能性もある。水生カメムシ類 フレッシュアイペディアより)

  • 常願寺川

    常願寺川から見たメダカメダカ

    上流域では主にイワナが生息する。下流域ではカジカや鮎、ウグイ、メダカ、トミヨなどが生息する。河床内で越冬・産卵するアジメドジョウが大河川では珍しく広範に生息する。常願寺川 フレッシュアイペディアより)

  • 藺牟田池

    藺牟田池から見たメダカメダカ

    池畔にはヨシやマコモが茂り、水中にはジュンサイ(蓴菜)、ヒツジグサ、ヒシなどの水草が多くみられる。魚類としてオイカワ、キンブナ、メダカなどに加えてブラックバスも生息する。貝類はドブガイも生息する。藺牟田池 フレッシュアイペディアより)

  • 越戸川

    越戸川から見たメダカメダカ

    和光市の調査によりアユ、コイ、マハゼ、メダカ、カダヤシ、ボラ、ギンブナ、ヌマチチブなどの生息が確認されている。越戸川 フレッシュアイペディアより)

  • 中池見湿地

    中池見湿地から見たメダカメダカ

    敦賀断層の西側が沈降したことにより、袋状の埋積谷ができ、そこに湿原が発達した。そのため数十mにも及ぶ泥炭層があり、その地層には、約十万年間の環境変遷史が記録されている。また湿地には特有の植物が群落を作り、そこに様々な水生昆虫が生息している。特にトンボの種類が豊富で、現在70種が確認されている。また近年、新種のテントウムシが発見され、ナカイケミヒメテントウ(学名:Scymnus nakaikemensis et )と命名された。動植物の種数は約3000種、このうち絶滅危惧種がデンジソウやメダカなど約120種といわれている。中池見湿地 フレッシュアイペディアより)

  • ギンヤンマ

    ギンヤンマから見たメダカメダカ

    幼虫は水中でミジンコ、アカムシ、ボウフラなどを捕食して成長する。大きくなるとメダカなどの小魚やオタマジャクシなども捕食するようになり、えさが少ないと共食いもする。越冬も幼虫で行う。ギンヤンマ フレッシュアイペディアより)

  • カミナリ調査隊

    カミナリ調査隊から見ためだかメダカ

    038居酒屋めだか多摩市永山店カミナリ調査隊 フレッシュアイペディアより)

  • STS-65

    STS-65から見たメダカメダカ

    日本は水棲生物実験装置を搭載し、金魚、メダカ、イモリを使う実験を実施した。メダカの実験は宇宙での交尾、産卵活動を観察。このメダカの実験では43個の卵が確認され、8匹がふ化し、文字どおり「宇宙メダカ」が誕生した。STS-65 フレッシュアイペディアより)

  • 黒瀬川

    黒瀬川から見たメダカメダカ

    魚類は、上中流域でオイカワ・カワムツ・ヨシノボリ、下流域の二級峡ではアユが遡上し、河口部ではゴクラクハゼが生息している。特に中流域の湾曲部ではメダカや広島県レッドリスト入り(絶滅危惧?類)であるスナヤツメが確認されている。一方で三永水源地や周辺のため池では外来種のオオクチバス・ブルーギルが放流され在来種の生息を侵食している。黒瀬川 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙に行った動物

    宇宙に行った動物から見たメダカメダカ

    90年代のアメリカはコロンビアによってコオロギ、マウス、ラット、カエル、イモリ、ショウジョウバエ、カタツムリ、コイ、メダカ、ガマアンコウ(oyster toadfish)、ウニ、ソードテール、マイマイガの卵、ナナフシの卵、ウズラの卵などを宇宙に運んだ(コイ、メダカ、ガマアンコウは日本の実験として実施)。宇宙に行った動物 フレッシュアイペディアより)

200件中 81 - 90件表示

「メダカ」のニューストピックワード