165件中 81 - 90件表示
  • 長崎ペンギン水族館

    長崎ペンギン水族館から見たメダカメダカ

    また、従来の水族館ゾーンに加え、水族館前の日見川河口域と海岸を活かした「自然体験ゾーン」があるのも特徴である。駐車場から水族館までは約250mの遊歩道となっているが、ここには雑木林や田などを模したビオトープが整備されている。水場にはガマ(ヒメガマ)、イネ、ハッカなどの植物が植えられ、メダカとカダヤシが泳ぐ。遊歩道脇の樹木はハゼノキ、アラカシ、ヤマザクラなどがある。ビオトープの下は河口域と海岸部だが、石段や石垣が組まれていて水際まで降りることができ、汽水域やタイドプールの多様な生物が観察できる。長崎ペンギン水族館 フレッシュアイペディアより)

  • セイルフィン・モーリー

    セイルフィン・モーリーから見たメダカメダカ

    セイルフィンモーリー(学名Poecilia velifera)は、メキシコに分布する熱帯魚。大型卵胎生メダカのひとつで、名前のとおり、オスの背びれが大きくセイル(帆)のように広がる。原種の体色はベージュに光沢のある白いスポットが多数入るもので、このスポット模様は体色の変化した改良品種でも維持される。セイルフィン・モーリー フレッシュアイペディアより)

  • 小中池

    小中池から見たメダカメダカ

    10年ほど前「小中川をきれいにする会」が組織され、メダカやゲンジボタルを呼び戻す活動を行っている。小中池 フレッシュアイペディアより)

  • ギンヤンマ

    ギンヤンマから見たメダカメダカ

    幼虫は水中でミジンコ、アカムシ、ボウフラなどを捕食して成長する。大きくなるとメダカなどの小魚やオタマジャクシなども捕食するようになり、えさが少ないと共食いもする。越冬も幼虫で行う。ギンヤンマ フレッシュアイペディアより)

  • 浮島ヶ原自然公園

    浮島ヶ原自然公園から見たメダカメダカ

    浮島沼の湿原を保存するために建設された公園であり、サワトラノオ、ヒキノカサ、ノウルシ、タコノアシなどの貴重な植物や、アオサギ、白鷺、カワセミ、ノスリなどの野鳥、 チョウトンボ、アオモンイトトンボなどの昆虫、メダカ、ザリガニ、モクズガニなどの水棲生物などが見られる。浮島ヶ原自然公園 フレッシュアイペディアより)

  • 淡水魚

    淡水魚から見たメダカメダカ

    ただし、区分法は研究者による異同が多い。メダカ・カダヤシのように通常は淡水で生活する一方、偶発的に海水域に進出しうるものを二次性淡水魚と呼ぶが、これを広義の純淡水魚に含める場合と、独立の区分として扱う場合とがある。また、サケ類などの回遊魚を、周縁性淡水魚に含めることもしばしばある。淡水魚 フレッシュアイペディアより)

  • いおワールドかごしま水族館

    いおワールドかごしま水族館から見たメダカメダカ

    淡水水槽 - セキショウモ、メダカ、ヤマトヌマエビ、ミナミヌマエビなどいおワールドかごしま水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙に行った動物

    宇宙に行った動物から見たメダカメダカ

    90年代のアメリカはコロンビアによってコオロギ、マウス、ラット、カエル、イモリ、ショウジョウバエ、カタツムリ、コイ、メダカ、oyster toadfish、ウニ、ソードテール、マイマイガの卵、ナナフシの卵、ウズラの卵を宇宙に運んだ。宇宙に行った動物 フレッシュアイペディアより)

  • フキバッタ

    フキバッタから見たメダカメダカ

    フキバッタ類は翅が退化し飛べないために個体の移動範囲が狭く、そのため地域毎の分化が進んでいったと考えられている。メダカなどと同様に遺伝的にも地域毎に分化が進んでおり地域固有種が存在すると考えられていること、生殖隔離が不完全である(種間交雑により雑種が生まれやすい)と考えられていること、そもそも情報不足であることなどから、今なお相次ぐ丘陵地の人為的開発による破壊や雑木林など里山的環境の退廃、遺伝子汚染などにより地域固有種が失われる可能性もあり、地域の絶滅危惧種に指定されている場合も多い。フキバッタ フレッシュアイペディアより)

  • 〜特命!沿線ご案内係〜「西武鉄道駅員タコちゃん」

    〜特命!沿線ご案内係〜「西武鉄道駅員タコちゃん」から見たメダカメダカ

    同僚・目高 愛称・メダカ〜特命!沿線ご案内係〜「西武鉄道駅員タコちゃん」 フレッシュアイペディアより)

165件中 81 - 90件表示

「メダカ」のニューストピックワード