131件中 91 - 100件表示
  • メダカ

    メダカから見た遺伝的多様性

    しかし、絶滅危惧種であるメダカを守ろうとする保護活動が、メダカの遺伝的多様性を減少させる遺伝子汚染という新たな問題を起こしている。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た日本

    辛川十歩は4680の方言名を日本全国から調査収集した。短いものではメ・ウキから始まり、長いものではオキンチョコバイ・カンカンビイチャコなどというものまで記録されている。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た脊椎動物

    また、体軸や器官形成などの発生研究の他、脊椎動物では2番目、哺乳類以外では初めてとなる性決定遺伝子 Dmy が発見されたことから、哺乳類以外の脊椎動物での性決定機構を研究する上で注目されている。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見たカダヤシ目

    メダカ科は、かつてグッピー科(現在ははカダヤシ目に含まれる)と共にキプリノドン目に含められていた。「メダカ類」というときの最も広い意味は、メダカ科に加えて、カダヤシ目に含まれる魚も含む。カダヤシ目には、アプロケイルス類などのアフリカ、南アメリカなどに生息する卵生メダカ類、グッピーなどの卵胎生メダカ類など熱帯魚として親しまれている種類が数百種以上含まれる。詳細はカダヤシ目を参照。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た長岡市

    新潟県の見附市や阿賀町などでは佃煮にして冬場のタンパク質源として保存食にする習慣があり、新潟県中越地方ではうるめとよばれている。新潟市にある福島潟周辺でも、メダカをとって佃煮にしていた。少量しかとれず、少し季節がずれると味が苦くなるので、春の一時期だけ自家で消費した。長岡市付近では、味噌汁の具にも使われていた。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見たオレンジ色

    黒色素胞(メラノフォア)が無く黄色が目立つため体色がオレンジ色をしている。観賞用や教材用に流通している。黒色素を作れない系統と、黒色素の生成を抑制する遺伝子を持つ系統がある。本来、後者は斑メダカ(ブチメダカ)と呼ぶが、前者との混同がある。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た基礎生物学研究所

    自然科学研究機構基礎生物学研究所と新潟大学が遺伝資源の保護のため、メダカの飼育を行っている。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た理科

    一方、理科教育や図鑑の流通によって、そのような方言名が生き延びる可能性も少なくなっている。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た献名

    メダカ(目高)またはニホンメダカは、ダツ目 メダカ科(アドリアニクチス科)に属する魚であるミナミメダカ と、キタノメダカ 2種の総称。体長 3.5 cm 程の淡水魚。ミナミメダカの学名である Oryzias latipes は『稲の周りにいる足(ヒレ)の広い』という意味である。また、キタノメダカの種小名である「sakaizumii」は、メダカの研究に貢献した酒泉満への献名である。また、ヒメダカなど観賞魚として品種改良されたメダカが広く流通している。本記事では広義のメダカについて記述する。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見ためだかの学校

    かつて日本では、童謡「めだかの学校」にも歌われたように、小川にはごく普通にメダカの群れが見られた。しかし、1980年代あたりから野生のメダカが各地で減少し始め、姿を見ることが難しくなった。減少の主な原因は、農薬の使用や生活排水などによる環境の悪化、護岸工事や水路の整備などによる流れの緩やかな小川の減少、繁殖力の強い外来種(ブルーギルやカダヤシなど)による影響が挙げられている。また、メダカは水田のような一時的水域に侵入して繁殖する性質が強く、近年の農地改良に伴う用排分離により、用排水路から繁殖時に水田内に進入することが困難になっていることが特に致命的となっており、メダカの繁殖力を著しく削いでいる。メダカ フレッシュアイペディアより)

131件中 91 - 100件表示

「メダカ」のニューストピックワード