131件中 31 - 40件表示
  • メダカ

    メダカから見た保育社

    宮地傳三郎・川那部浩哉・水野信彦 『原色日本淡水魚類図鑑』全改訂新版 保育社、1976年。978-4586300327メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見たヒメダカ

    メダカ(目高)またはニホンメダカは、ダツ目 メダカ科(アドリアニクチス科)に属する魚であるミナミメダカ と、キタノメダカ 2種の総称。体長 3.5 cm 程の淡水魚。ミナミメダカの学名である Oryzias latipes は『稲の周りにいる足(ヒレ)の広い』という意味である。また、キタノメダカの種小名である「sakaizumii」は、メダカの研究に貢献した酒泉満への献名である。また、ヒメダカなど観賞魚として品種改良されたメダカが広く流通している。本記事では広義のメダカについて記述する。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た魚類

    メダカ(目高)またはニホンメダカは、ダツ目 メダカ科(アドリアニクチス科)に属するであるミナミメダカ と、キタノメダカ 2種の総称。体長 3.5 cm 程の淡水魚。ミナミメダカの学名である Oryzias latipes は『稲の周りにいる足(ヒレ)の広い』という意味である。また、キタノメダカの種小名である「sakaizumii」は、メダカの研究に貢献した酒泉満への献名である。また、ヒメダカなど観賞魚として品種改良されたメダカが広く流通している。本記事では広義のメダカについて記述する。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た台湾

    日本、台湾、朝鮮半島、中国などに分布する。この他、イラン、トルクメニスタンなどにも移入されている。北アメリカにも移入された地域がある。日本では本州から琉球列島にかけて分布する。北海道の一部地域にも移入されて分布している。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た遺伝子汚染

    しかし、絶滅危惧種であるメダカを守ろうとする保護活動が、メダカの遺伝的多様性を減少させる遺伝子汚染という新たな問題を起こしている。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見たカダヤシ

    かつて日本では、童謡「めだかの学校」にも歌われたように、小川にはごく普通にメダカの群れが見られた。しかし、1980年代あたりから野生のメダカが各地で減少し始め、姿を見ることが難しくなった。減少の主な原因は、農薬の使用や生活排水などによる環境の悪化、護岸工事や水路の整備などによる流れの緩やかな小川の減少、繁殖力の強い外来種(ブルーギルやカダヤシなど)による影響が挙げられている。また、メダカは水田のような一時的水域に侵入して繁殖する性質が強く、近年の農地改良に伴う用排分離により、用排水路から繁殖時に水田内に進入することが困難になっていることが特に致命的となっており、メダカの繁殖力を著しく削いでいる。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た日野市

    Image:Kitano Medaka Male by Hino, Tokyo.jpg|キタノメダカ(オス)東京都日野市メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た哺乳類

    メダカは仲間を見分ける時に顔の視覚情報を利用しており、哺乳類と同様に倒立顔効果が見られる。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た観賞魚

    目が大きく、頭部の上端から飛び出していることが、名前の由来になっている。飼育が簡単なため、キンギョ同様、観賞魚として古くから日本人に親しまれてきたほか、様々な目的の科学研究用に用いられている。西欧世界には、江戸時代に来日したシーボルトによって、1823年に初めて報告された。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た水路

    流れのゆるい小川や水路などに生息し、動物プランクトンなどを食べる。蚊の幼虫ボウフラを好んで食するため、ボウフラを退治する益魚としても知られている。メダカ フレッシュアイペディアより)

131件中 31 - 40件表示

「メダカ」のニューストピックワード