122件中 31 - 40件表示
  • メダカ

    メダカから見たレッドリスト

    こうしたメダカを取り巻く環境の変化により、1999年2月に環境庁(当時)が発表したレッドリストにて(絶滅の危険が増大している種)にメダカが記載され、メダカは2003年5月に環境省が発表したレッドデータブックに絶滅危惧種として指定された。身近な生き物だったメダカが絶滅危惧種となったことはマスメディアにも大きく取り上げられ、日本各地で保護活動が活発に行われるようになった。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見たヒメダカ

    ヒメダカ(緋目高) - 黒色素胞(メラノフォア)がないため体色がオレンジ色をしている。観賞用や教材用に流通している。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た魚類

    メダカ(目高、Oryzias latipes)またはニホンメダカは、ダツ目 メダカ科(アドリアニクチス科)に属する。体長 4 cm 程の淡水魚。学名の Oryzias latipes は『稲の周りにいる足(ヒレ)の広い』という意味である。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た台湾

    日本、台湾、朝鮮半島、中国、ベトナム、スリランカなどに分布する。この他、イラン、トルクメニスタンなどにも移入されている。北アメリカにも移入された地域がある。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見たカダヤシ

    かつて日本では、童謡「めだかの学校」にも歌われたように、小川にはごく普通にメダカの群れが見られた。しかし、1980年代あたりから野生のメダカが各地で減少し始め、姿を見ることが難しくなった。減少の主な原因は、農薬の使用や生活排水などによる環境の悪化、護岸工事や水路の整備などによる流れの緩やかな小川の減少、繁殖力の強い外来種(ブルーギルやカダヤシなど)による影響が挙げられている。また、メダカは水田のような一時的水域に侵入して繁殖する性質が強く、近年の農地改良に伴う用排分離により、用排水路から繁殖時に水田内に進入することが困難になっていることが特に致命的となっており、メダカの繁殖力を著しく削いでいる。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た観賞魚

    目が大きく、頭部の上端から飛び出していることが、名前の由来になっている。飼育が簡単なため、キンギョ同様、観賞魚として古くから日本人に親しまれてきたほか、様々な目的の科学研究用に用いられている。西欧世界には、江戸時代に来日したシーボルトによって、1823年に初めて報告された。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見たカダヤシ目

    メダカ科は、かつてカダヤシ目(キプリノドン目)に含められており、カダヤシ目は、メダカ目と呼ばれていた。「メダカ類」というときの最も広い意味は、メダカ科に加えて、カダヤシ目に含まれる魚を指す。カダヤシ目には、アプロケイルス類などのアフリカ、南アメリカなどに生息する卵生メダカ類、グッピーなどの卵胎生メダカ類など熱帯魚として親しまれている種類が数百種以上含まれる。詳細はカダヤシ目を参照。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た水路

    流れのゆるい小川や水路などに生息し、動物プランクトンなどを食べる。蚊の幼虫ボウフラを好んで食するため、ボウフラを退治する益魚としても知られている。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た生物学

    メダカをめぐる生物学は、明治時代以来、会田龍雄、山本時男、江上信雄などをはじめとする、日本の生物学者達の研究によって発展してきた。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た

    1回の産卵で、約10個のを産む。通常、春から夏にかけて産卵し、孵った仔魚は夏、秋の間をかけて成長し、次の年に産卵する。早い時期に孵化したもののなかには、その年の秋に産卵をする個体もある。メダカの産卵時期と水田に水が張られる時期は一致しており、日本の稲作文化と共存してきた「水田の魚」とも称される。メダカ フレッシュアイペディアより)

122件中 31 - 40件表示

「メダカ」のニューストピックワード